薬剤性肺炎

著者: 山口正雄 帝京大学

監修: 長瀬隆英 東京大学 内科学専攻器官病態内科学講座

著者校正/監修レビュー済:2020/01/17
参考ガイドライン:
日本呼吸器学会:薬剤性肺障害の診断・治療の手引き 第2版 2018

概要・推奨  

  1. 薬剤性肺炎の可能性を疑う(推奨度1)。薬剤投与歴を確認することがまず重要推奨度1症状としては呼吸器症状、特に乾性咳や呼吸困難に着目するとともに他の異常所見(例として皮疹や肝障害、好酸球増多など)も参考にする(推奨度1
  1. 血清KL-6、SP-Dは間質性肺炎のマーカーとして多用されるが、薬剤性肺炎でも上昇し得るので診断の参考となる(推奨度1)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 薬剤性肺障害の診断・治療の手引きが改訂され、最近新たに臨床に登場した薬剤の情報も含めるよう加筆修正を行った。


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。