血便(潜血便を除く 含む血便を合併する下痢症) :トップ    
監修: 山中克郎 諏訪中央病院
柴﨑俊一 ひたちなか総合病院 救急・総合内科

概要

症状のポイント:
  1. 急性下部消化管出血は、便の色調が参考になり、通常、栗色~鮮血の血便となる。ただし、黒色便でも下部消化管出血のことや、鮮血混じりの血便でも上部消化管出血であることもある。そのため循環動態が不安定、リスクの高い患者では便の色調のみで出血部位を断定しない方が安全である。
  1. 上部消化管出血に比べて、下部消化管出血では大量出血することは少ないが、必ず循環動態の評価を一度は行う。不安定な場合は迅速に蘇生輸液を開始する。
  1. 出血部位の同定法は、大腸内視鏡・アンギオグラフィー・核医学検査など複数の手法がある。メリット・デメリットを勘案し、特に循環動態に注意しながら選択する必要がある
 
重症度・リスクの評価: >詳細情報 
  1. 死亡率は3.9~8.8% [1][2]と上部消化管出血と比べると必ずしも高くない。しかし、患者の高齢化や既存症はさらなる死亡リスクであり[1]、注意が必要である。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 循環動態不安定な場合は、下記のように循環動態の安定化を行う。循環動態が安定しており、予後不良のリスク因子がなければ、後日専門医へ紹介し、待機的に、大腸内視鏡検査にて精査、必要に応じて止血処置を行う。
  1. 大腸内視鏡にて出血部位を同定した場合は、そのまま止血処置に移る。病変に応じてクリップ、バンド結紮、アルゴンレーザーなどを使い分ける。
  1. 蘇生輸液でも循環動態が回復しきらず、大腸内視鏡の前処置に耐えられない場合には、浣腸のみで大腸内視鏡を行うか、またはアンギオグラフィーを考慮する。大きなゲージ(例:18ゲージ以上)で輸液ラインを2本確保する。
 
出血部位の推定: >詳細情報 
  1. 便の色調:
  1. 便の色調を確認し、栗色/褐色の便や鮮紅色の血便であれば、下部消化管出血の可能性が高い。
  1. ①黒色便・タール便:食道~小腸
  1. ②栗色・褐色の便:下部小腸~右半結腸
  1. ③鮮やかな血便:左半結腸~肛門
  1. 鑑別疾患:
  1. 頻度の高い鑑別疾患[3]は以下の通りである。特に、大量出血することが時折みられるのは、憩室出…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

代表的な検査例
  1. 出血量・循環動態・リスクの評価を評価する。
  1. 出血源を同定する。
○  出血量・循環動態・リスクの評価に1)~3)、輸血が必要な場合を考慮して4)を実施する。
○ 出血源を同定するために、基本的には5)を行う。5)の前処置が困難な場合などは6)~8)を考慮する。

追加情報ページへのリンク

  • 血便(潜血便を除く 含む血便を合併する下痢症)に関する詳細情報
  • 血便(潜血便を除く 含む血便を合併する下痢症)に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 血便(潜血便を除く 含む血便を合併する下痢症)に関する画像 (4件)
 

リファレンス

img  1:  Risk factors for mortality in lower intestinal bleeding.
 
PMID 18558513  Clin Gastroenterol Hepatol. 2008 Sep;6(9):1004-10; quiz・・・
img  2:  Time trends and impact of upper and lower gastrointestinal bleeding and perforation in clinical practice.
 
PMID 19574968  Am J Gastroenterol. 2009 Jul;104(7):1633-41. doi: 10.10・・・
img  3:  The role of endoscopy in the patient with lower GI bleeding.
 
PMID 24703084  Gastrointest Endosc. 2014 Jun;79(6):875-85. doi: 10.101・・・
img  4:  BLEED: a classification tool to predict outcomes in patients with acute upper and lower gastrointestinal hemorrhage.
 
PMID 9233736  Crit Care Med. 1997 Jul;25(7):1125-32.
img  5:  Early predictors of severity in acute lower intestinal tract bleeding.
 
PMID 12695275  Arch Intern Med. 2003 Apr 14;163(7):838-43. doi: 10.100・・・
img  6:  Validation of a clinical prediction rule for severe acute lower intestinal bleeding.
 
PMID 16086720  Am J Gastroenterol. 2005 Aug;100(8):1821-7. doi: 10.111・・・
img  7:  Early predictors of severe lower gastrointestinal bleeding and adverse outcomes: a prospective study.
 
PMID 15181617  Clin Gastroenterol Hepatol. 2004 Jun;2(6):485-90.
img  8:  Outcome predictors in acute surgical admissions for lower gastrointestinal bleeding.
 
PMID 21910819  Colorectal Dis. 2012 Aug;14(8):1020-6. doi: 10.1111/j.1・・・
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

血便のリスク評価と対応アルゴリズム
血便の急変高リスク時のアルゴリズム
下部消化管出血のリスク評価
下部消化管出血の予後不良因子
著者校正/監修レビュー済
2017/04/27