心肺蘇生法

著者: 永井秀哉 福井県立病院 救命救急センター

監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院

著者校正/監修レビュー済:2018/04/05

概要・推奨  

  1. 心停止に対して行う蘇生処置は、大きくBLSとACLSに分けられる。
  1. 蘇生処置全体を通して、最も基本的で救命のために重要となる手技がCPR(Cardiopulmonary Resuscitation)である。CPRは、胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせを指す。
  1. BLS(Basic Life Suppot、一次救命処置)とは、CPRと、AEDを用いた電気ショック(≒除細動)を指し、蘇生の最初に行われる。窒息を疑う場合には気道異物除去もBLSとして行う。いずれも呼吸・循環を補助する基本的かつ重要な処置であり、非医療従事者でも行うことができる。
  1. ALS(Advanced Life Support、二次救命処置)は、BLSのみで自己心拍が再開しない場合に、薬物や医療機器を用いて行われる高度な蘇生処置であり、救急救命士も含む医療従事者により行われる。BLSに加えて、静脈路確保、薬剤投与、確実な気道確保(気管挿管など)、マニュアル除細動器による電気ショックなどの医学的処置が含まれる。
  1. 心停止の心電図モニター波形には4つの波形があり、そのうち電気ショックの適応となるのは、心室細動(ventricular fibrillation、VF)と、無脈性心室頻拍(pulseless ventricular tachycardia、無脈性VT)である。
  1. AED(Automated external defibrillator、自動体外式除細動器)は、現在、国内の公共施設等に設置されており、一般市民でも利用可能である。
  1. ROSC(Return of spontaneous circulation、自己心拍再開)が、心肺蘇生で最初に達するべき目標であるが、神経学的後遺症を最小限にして社会復帰させることが最終目標であり、そのために「救命の連鎖」を繋げる行動が必要となる。
  1. 日本蘇生協議会の提唱する救命の連鎖は、以下の4つの要素からなる。
  1. 1.心停止の予防
  1. 2.心停止の早期認識と通報
  1. 3.BLS(CPRとAED)
  1. 4.ALSと、自己心拍再開後の集中治療
呼吸と脈拍の同時確認
 
心室細動(ventricular fibrillation、VF)
 
無脈性心室頻拍(pulseless ventricular tachycardia、無脈性VT)
 
無脈性電気活動(pulseless electrical activity、PEA)
 
心静止(Asystole)
 
胸骨圧迫
 
頭部後屈あご先挙上法
 
下顎挙上法
 
1人法EC法
 
2人法EC法
 
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ