虚血性大腸炎 :トップ    
監修: 上村直実 国立国際医療研究センター 国府台病院
大川清孝 大阪市立十三市民病院 消化器内科

概要

疾患のポイント:
  1. 虚血性大腸炎とは、動脈硬化や腸管内圧の亢進による腸管の虚血により生ずる粘膜傷害である。
  1. 本症の病因は不明であるが、血圧低下、動脈硬化などの血管側因子と腸管内圧亢進などの腸管側因子がからみあい、腸粘膜あるいは腸管壁の血流低下を引き起こして虚血状態をつくると推定されている。
  1. 女性が圧倒的に多く、高齢者に多いが、若年者にもみられる。
  1. 突発する血便に対する緊急内視鏡により診断されるなかで最も多い病気で、common diseaseである。
 
診断: >詳細情報 
  1. ポイント:
  1. 突然に強い下腹部痛が出現し、その後下痢を来し徐々に血性下痢となっていくのが典型的パターンであり、病歴で診断できることも多い。
  1. 症状による虚血性大腸炎診断アルゴリズム:アルゴリズム
  1. 確定診断:
  1. 症状から本症を疑い、内視鏡検査を行って診断する。 生検組織をとれば、より診断は確実となる。
  1. 虚血性大腸炎の診断基準(飯田):<図表>
  1. 診断基準では抗菌薬未使用と、糞便あるいは生検組織の細菌培養陰性が必須項目である 。
  1. 壊死型の評価:
  1. 壊死型を疑った場合は、LDH、CPKを測定し、血液ガス分析で代謝性アシドーシスの有無を確認する。壊死型は予後が悪いため、注意を要する。
  1. 鑑別疾患:
  1. 感染性腸炎、薬剤性腸炎を否定するため、食事歴、渡航歴、抗菌薬・非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)・経口避妊薬服用の有無、を確認する。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 虚血性大腸炎は、重症度により以下の3種類の型に分類される。多くは軽症の一過性型で、狭窄型は約10人に1人程度に認められる。また、壊死型は少数であるが、重症である。  エビデンス 
  1. 一過性型
  1. 狭窄型
  1. 壊死型
  1. 予後は病気の重症度に依存しており、壊死型以外は予後がよい。
  1. 強い腹痛、著明な血便、発熱などがある場合、CRPが高値の場合、急性期の内視鏡像でチアノーゼ所見、全周性の厚い白苔・潰瘍、強い浮腫、狭窄がある場合は重症の可能性があり入院させる。
  1. チアノーゼ所見の内視鏡像:<図表>
 
治療:
  1. 特別な薬物療法は必要ないが、重症の場合は抗菌薬を投与する。
  1. 強い腹痛、著明な血便、発熱などがある場合、CRPが高値の場合は入院して絶食と補液を行う。
  1. 腸管虚血のマネージメント:アルゴリズム
 
手術・専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 腹膜刺激症状があれば、内視鏡検査は禁忌であり腹部CT検査や血液検査などで手術を判断する。
 
臨床のポイント:
  1. 虚血性大腸炎とは、動脈硬化や便秘による腸管内圧の亢進による腸管の虚血により生ずる粘膜傷害である。
  1. 症状としては、急激な腹痛に引き続く血便が特徴的である。
  1. 臨床的には、一過性型・狭窄型・壊死性の3型に分類されるが、後者2型では外科的手術を要する場合もある。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 病歴で疑い、内視鏡で確定診断する。腹部超音波検査や腹部CTは補助診断として有用である。虚血性大腸炎を疑う場合に、腹部超音波検査をまず行う施設と最初から内視鏡検査を行う施設がある。
○ 鑑別疾患、重症度の分類のために下記の検査を行う。虚血性大腸炎の診断には、問診のほかに、特に12)-14)が有用である。壊死型を疑った場合は、8)-10)を評価する。
1)
2)
3)
4)
5)
6)
7)
8)
9)
10)
血液ガス
11)
X線 腹部 正面
12)
下部消化管内視鏡
13)
腹部CT
14)
腹部超音波検査

重症例の治療例
  1. 腸管の安静を保つため、絶食、輸液を行う。特別な薬物治療は必要ないが、重症の場合は抗菌薬の投与を行う。
○ 重症例では、絶食にし、1)2)を投与する。
1)
輸液
2)
クラビット錠[500mg] 1錠 分1 [虚血性腸炎は適用外/他適用用量内/㊜感染性腸炎](編集部注:想定する適用病名「虚血性腸炎」/2017年4月)
薬剤情報を見る
薬理情報 抗菌薬 >抗菌薬(キノロン系)
同効薬一覧
要注意情報

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

症状による虚血性大腸炎診断アルゴリズム
重症の腸管虚血のマネージメント
拇指圧痕像
著者校正/監修レビュー済
2018/08/23

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、エビデンスの追加・修正を行った。


詳細ナビ