水腎症

著者: 椎名浩昭 島根大学 医学科泌尿器科学講座

監修: 中川昌之 鹿児島大学

著者校正/監修レビュー済:2017/01/26

概要・推奨  

疾患のポイント:
  1. 水腎症とは、尿路の通過障害により腎でつくられた尿が停滞し、腎臓が内側から腫れた状態(腎盂・腎杯が拡張した状態)で、放置すれば機能障害に陥る病態である。
  1. 発熱や糖尿病を有する症例では早期診断が重要で、治療の遅れは非可逆的な腎臓機能障害につながる。
 
診断: >詳細情報 
  1. 超音波検査で腎盂拡張程度と範囲を確認し診断する。膀胱とその周囲臓器も評価する。エコー所見として、正常腎ではcentral echo complex(CEC)の解離はないが、水腎症では腎盂腎杯の拡張に伴いCECが解離し低エコー領域として認識される。
  1. 正常腎と水腎症の腹部超音波検査所見:<図表>
  1. CT所見上は、腎表面の不整が認められ、部分的な腎実質の菲薄化を認める。
  1. CT画像:腎尿管結石による右水腎症:<図表>
  1. 尿検査で膿尿、血尿、尿糖の有無を確認する。また、血液・生化学検査を行い炎症反応、代謝異常、総腎機能について評価する。尿素窒素やクレアチニン値上昇の場合、両側性水腎症の可能性がある。高カリウム血症は致命的となるので単腎の場合、特に診断と治療に急を要す。
 
原因の評価:
  1. 先天性水腎症の場合:
  1. 新生児の腎盂拡張は一過性のことが多いが、尿路閉塞や膀胱尿管逆流がその原因であることがある。
  1. 後天性水腎症の場合:
  1. 水腎症そのものと鑑別を要する疾患は多くはなく、むしろ、多岐にわたる水腎症の原因を鑑別し(内因性、外因性あるいは機能性)、適切な治療を行うことが重要である。後天性水腎症の場合、若年層では結石が水腎症の一般的な原因である。
  1. 水腎症の原因となり得る疾患群:<図表>
  1. 通常、超音波検査にて閉塞の原因を評価するが、もし超音波検査で腎の描出が困難である場合や尿路閉塞の原因が同定困難な場合には単純CTにて評価をする。造影CT(排泄性尿路造影)の適応は、腹部エコーあるいは単純CTで水腎症との鑑別が困難な病態が想定される場合(多発した腎嚢胞:<図表>)あるいは傍腎盂嚢胞(
検査・処方例
※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

水腎症の診断のための検査例
  1. 尿検査で膿尿、血尿、尿糖の有無を確認する。
  1. 血液・生化学検査を行い炎症反応、代謝異常、総腎機能について評価する。
  1. 超音波検査で腎盂拡張程度と範囲を確認し、膀胱とその周囲臓器も評価する。
○ 水腎症が疑われる場合、スクリーニングとして5)を、確定診断として6)を病態に合わせて適宜行う。

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ
  • 泌尿器 の他のコンテンツを見る