眼外傷 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
妹尾 正 獨協医科大学 眼科学教室

概要

ポイント:
  1. 眼外傷は機械的外傷(鈍的、鋭的)、腐蝕、火傷(熱傷、光線障害、放射線障害)、眼窩骨折など多彩で、その程度や病態を速やかに判断し、処置や眼科専門医への紹介を決めるべきである。
  1. 眼外傷の緊急性は問診である程度把握でき、特に緊急入院、緊急手術の必要性を考えながら診察し判断する。
  1. 入院や緊急性の高い病態では、眼科専門医紹介までの一次処置を速やかに判断し行う。
  1. 最も緊急性があり、一次処置が重要な眼外傷は化学腐蝕で、特にアルカリ腐蝕は、速やかに大量の生理食塩液で洗眼し眼科専門医に送る。<図表>
  1. 眼内異物は安易に除去するとかえって状況を悪化させるので注意を要する。必要に応じてCT、単純X線を施行し異物を確認したうえで眼科専門医へ紹介する。<図表>
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 明らかな穿孔性眼外傷、全層にわたる眼瞼裂傷、内眼角に及ぶ眼瞼裂傷は、縫合によって予後が左右されるため、一時処置ののち眼科受診を勧める。
  1. 受傷後視力が著しく低下しているとき、一見軽傷に見えても視神経損傷、後眼部眼球破裂の可能性があり、CT、頭部X線検査で確認する。
  1. 化学腐蝕で何が飛入したか不明な場合は、PH試験紙でチェックを行い洗眼する。特にアルカリ腐蝕が疑われるときは、できる限り念入りにこするようにして大量の生理食塩液で洗い流す。
 
フローチャート:
  1. 眼化学傷のフローチャート:アルゴリズム
  1. 異物による眼傷害のフローチャート:アルゴリズム
  1. 非穿孔性眼外傷のフローチャート:アルゴリズム
  1. 穿孔性眼外傷のフローチャート:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時眼外傷の程度を評価するため検査例
  1. 問診・眼科的検査から外傷の程度を把握する。特に大きく予後を左右する「視束管骨折」「化学腐蝕」に注意する。
○ まず視力検査、瞳孔検査、眼圧検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

眼化学傷のフローチャート
異物による眼傷害のフローチャート
非穿孔性眼外傷のフローチャート
穿孔性眼外傷のフローチャート
急激に発症する眼痛のフローチャート
著者校正/監修レビュー済
2016/09/02


  • 眼科 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ