Vogt-小柳-原田病

著者: 大黒伸行 独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪病院 眼科

監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科

著者校正/監修レビュー済:2016/08/05

概要・推奨  

疾患のポイント:
  1. Vogt-小柳-原田病(以下、原田病)は、 サルコイドーシス 、 ベーチェット病 と並んで、わが国では頻度の高い ぶどう膜炎 である。
  1. 急性期の臨床像としては、全身では髄膜刺激症状や難聴、眼所見としては後極部を中心に漿液性剝離を伴った両眼性炎症を認める。また、後期には脱色素症状(白髪、皮膚の白斑、夕焼け状眼底など)を伴うことが多い。そのため、原田病はメラノサイトを標的とした自己免疫疾患と考えられている。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断には、眼底検査やOCTで、両眼性の漿液性剝離や視神経乳頭浮腫を確認する。
  1. 次に、BモードあるいはOCTにて脈絡膜の肥厚を確認する。<図表><図表>
  1. 続いて、FA、IA(IAは可能であれば施行)を施行し、初期の多発性dark spotと、それに引き続く点状漏出、後期における蛍光色素の貯留を確認する。確認されれば、原田病の診断は確定する。 エビデンス <図表><図表><図表>
 
重症度・予後: …
検査・処方例
※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の確定診断方法例
  1. 眼底検査やOCTで、両眼性の漿液性剝離や視神経乳頭浮腫を確認する。
  1. 次に、BモードエコーあるいはOCTにて脈絡膜の肥厚を確認する。<図表><図表>
  1. 続いて、FA、IA(IAは可能であれば施行)を施行し、初期の多発性dark spotと、それに引き続く点状漏出、後期における蛍光色素の貯留を確認する。
  1. 必要に応じて髄液検査やHLAタイピングを行う。
  1. (参照:<図表><図表><図表> エビデンス )
○ 眼圧検査、OCT、FA、IAを施行する。

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)


ページ上部に戻る

疫学、診断、治療、予後、それらのエビデンス等をご覧になりたい場合には、
トライアル登録またはご契約へ
  • 眼科 の他のコンテンツを見る