麻薬中毒 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
山上浩 湘南鎌倉総合病院 救急総合診療科

概要

疾患のポイント:
  1. 麻薬中毒とは、麻薬及び向精神薬取締法において、麻薬、大麻またはあへんの慢性中毒と定義されている。麻薬にはオピオイド(モルヒネ、ヘロイン、コデイン、フェンタニルなど)、コカイン、合成麻薬(MDMA:3,4-methylenedioxymethamphetamine、LSD:lysergic acid diethylamide、PCP:phencyclidine)、その他が含まれる。(大麻は厳密には麻薬ではない)。
  1. これらの薬物は依存性が強く、一度乱用すると身体的精神的障害を伴うことが多い。<図表>
  1. 各種薬物における依存、乱用の割合:<図表>
  1. 密輸のために大量の違法薬物を飲み込む、いわゆるボディパッカーは、重篤な中毒を起こし得る。<図表>
  1. ボディパッカーのアルゴリズム:アルゴリズム
  1. ヘロインボディパッカーの腹部単純X線像:<図表>
 
オピオイド中毒:
  1. 診断:アルゴリズム
  1. 麻薬摂取の病歴、特徴的な中毒症状(toxidrome)により診断する。オピオイド中毒は、中枢神経機能低下・呼吸抑制・縮瞳が重要である。特に、呼吸数12回未満が最も有用な所見である。
  1. 尿薬物スクリーニングは非常に役立つ情報ではあるが、偽陰性、偽陽性も少なからず認めるため、あくまでも補助的検査と捉えるべきである。
  1. 麻薬によるtoxidrome一覧表:<図表>
  1. ヘロイン静脈注射痕:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

重症オピオイド中毒の治療例
  1. オピオイド中毒で、重症の意識障害、呼吸抑制を来している場合は、拮抗薬であるナロキソンを投与する。筋肉注射や皮下注射も可能であるが、効果発現が遅く、用量の調整が困難であるため、静脈投与が行えない場合に限る。
○ 高度呼吸抑制の場合、拮抗薬を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

オピオイド中毒の診療アルゴリズム
コカイン中毒の診療アルゴリズム
ボディパッカーの診療アルゴリズム
ヘロイン静脈注射痕
コカインによる心筋虚血発症機序
各種薬物における依存、乱用の割合
toxidrome一覧表
コカインの作用機序
ヘロインボディパッカーの腹部単純X線像
著者校正/監修レビュー済
2016/07/21


  • 救急 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ