今日の臨床サポート

微熱

著者: 横江正道 名古屋第二赤十字病院 総合内科

監修: 野口善令 豊田地域医療センター 総合診療科

著者校正済:2021/06/23
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 長期間、微熱が続き、改善の兆しがない場合には、結核や悪性腫瘍、甲状腺疾患などを鑑別疾患とする。
  1. 女性の場合、月経周期による体温の変動や、妊娠、更年期障害などもあり、病気とは言えないことも考慮する。
  1. 薬剤の副作用による体温上昇や微熱は、診断や証明に難渋するが、不必要と思われる薬剤を中止することは臨床医として大切な判断になる。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
横江正道 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:野口善令 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、推奨ならびに頻度の高い鑑別疾患について加筆修正を行った。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 正常体温よりも軽度に上昇した場合、微熱とすることが多く、微熱(軽度の体温上昇)は非常にありふれた現象である。
  1. 正常体温には個人差があり、変動もするので、正常体温、微熱、発熱の区分はあいまいであるが、一般的に37.0~37.9℃を微熱とすることが多い。
  1. 平熱よりも高い体温が持続するなどの理由で医療機関を受診することもあるが、特に気にしない患者もいる。
  1. 発熱の原因となる疾患はすべて微熱の原因となり得る。
  1. 睡眠不足、疲労、月経周期、心因、薬剤(抗コリン作用による発汗減少など)が関与する、病的意義の乏しいものも多い。
  1. 微熱の原因疾患は非常に多岐にわたる。内科領域のみならず、皮膚科、耳鼻咽喉科、産婦人科、泌尿器科、脳神経外科、整形外科などにも関連する。微熱のみで随伴症状がない場合に網羅的に鑑別診断を追求するのは、効率が悪い。
  1. 成人男女の正常体温を調べた2002年のシステマティックレビューにおいて、口腔内温度は男性で35.7~37.7℃、女性で33.2~38.1℃、直腸温では男性36.7~37.5℃、女性36.8℃~37.1℃、鼓膜温では男性35.5~37.5℃、女性35.7~37.5℃が正常体温と考えられた。
  1. また、60歳以上の高齢者での体温を調べた2009年のシステマティックレビューでは、直腸温37.1℃、鼓膜温36.8℃、口腔温36.3℃、腋窩温36.2℃であった。
  1. 一方で、健常日本人の口腔温を調べた研究では、3分値36.68±0.35℃、5分値36.82±0.30℃、7分値36.90±0.29℃、10分値36.96℃±0.31℃であった。健常人でも25%は腋窩音の随時体温が37.0℃を超える。
 
  1. 微熱とは、一般的に腋下温37.4℃までの発熱のことである。微熱には、病的な発熱と、病的意義のないものの両方が含まれる。
  1. 最初にどの程度の体温なのかを確認し、患者の解釈モデルを理解することが重要である。
  1. 体温の変動を確認するためには、熱型表を作成させるのが有用である。
  1. なお、疫学的に正常体温を調べた研究として1992年のJAMAの研究がある。この研究では18歳から42歳の正常男女の口腔内体温を測定した結果、朝6時では37.2℃、夜6時では37.7℃が正常の40歳以下の男性の99%上限であった。
  1. したがって、早朝では37.2℃以上を、夕方では37.7℃以上を発熱と呼んでよいのではないかと結論づけている。
問診・診察のポイント  
  1. 患者が訴える微熱がどのようなものなのか、その解釈モデルを理解する上で、以下のような質問を行う。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Cheston B Cunha
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):857-66, vii. doi: 10.1016/j.idc.2007.08.010.
Abstract/Text Fever of unknown origin is a topic that has enduring interest to physicians. Prolonged fevers of infectious etiology were of particular concern to the ancient physician. This overview of prolonged fevers in antiquity focuses on malaria and typhoid fever as the primary infectious causes. By studying texts from Mesopotamian, Greek, and Roman physicians and observers of disease, it is possible to determine the likely etiology of many of these ancient plagues. The historical import of these diseases should not be overlooked, and it is for this reason that the prolonged fevers of antiquity have profound significance and enduring interest.

PMID 18061080  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):857-66, vii. d・・・
著者: Burke A Cunha
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):867-915, vii. doi: 10.1016/j.idc.2007.09.002.
Abstract/Text Fever of unknown origin (FUO) refers to disorders that present with prolonged and perplexing fevers that are difficult to diagnose. This article presents a clinical overview of classic and current causes of FUOs, which may be due to infectious, rheumatic/inflammatory, neoplastic, or miscellaneous disorders. Comprehensive but nonfocused diagnostic testing is ineffective and should be avoided. The FUO workup should be directed by the key history, physical, and laboratory findings in clinical presentation. The clinical syndromic approach in the differential diagnosis of FUOs is emphasized, and the diagnostic importance and significance of fever patterns are discussed.

PMID 18061081  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):867-915, vii. ・・・
著者: Jill Tolia, Leon G Smith
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):917-36, viii. doi: 10.1016/j.idc.2007.08.011.
Abstract/Text Fever of unknown origin (FUO) has fascinated and perplexed clinicians for over a century. No published guidelines exist on the approach to FUO, and studies have demonstrated that a diagnosis is never established in up to 30% of cases. A comprehensive history and physical examination are the keys to establishing a diagnosis in patient with FUO. This article provides a systematic approach to the diagnosis of FUO by delineating the most important elements of a comprehensive history and physical examination.

PMID 18061082  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):917-36, viii. ・・・
著者: Burke A Cunha
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):1137-87, xi. doi: 10.1016/j.idc.2007.09.004.
Abstract/Text The causes of fevers of unknown origin (FUOs) are diverse and may be the result of infectious rheumatic or inflammatory, neoplastic, or miscellaneous disorders. This article reviews the focused diagnostic approach to FUOs, emphasizing relevant history, physical examination, and selected laboratory tests using a clinical syndrome approach. Laboratory tests should be guided by the most likely diagnoses based on the presenting clinical syndrome. Considered in concert, nonspecific laboratory tests may provide important diagnostic clues. Using a sequential diagnostic approach, a focused evaluation diagnoses all but the rarest or most obscure causes of FUO.

PMID 18061092  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):1137-87, xi. d・・・
著者: Jason J Bofinger, David Schlossberg
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):947-62, viii. doi: 10.1016/j.idc.2007.08.001.
Abstract/Text Tuberculosis is an important cause of fever of unknown origin. Travel, age, dialysis, diabetes, birth in a country with a high prevalence of tuberculosis, and immunoincompetence are among the most salient risks. Associated physical findings, radiologic evaluation, and hematologic and endocrinologic abnormalities may provide clues to the diagnosis. Both noninvasive and invasive diagnostic modalities are reviewed. Because diagnosis may be elusive, therapeutic and diagnostic trials of antituberculous therapy should be considered in all patients with fever of unknown origin who defy diagnosis.

PMID 18061084  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):947-62, viii. ・・・
著者: Elisabeth Botelho-Nevers, Didier Raoult
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):997-1011, ix. doi: 10.1016/j.idc.2007.08.002.
Abstract/Text Most common rickettsioses do not fill the criteria for fever of unknown origin, with fever often inferior to lasting less than 1 week. Q fever, scrub typhus, murine typhus, human monocytic ehrlichiosis, and Bartonellosis could fill these criteria, however, notably in uncommon presentations. Moreover, in patients returning from tropical areas or from geographic endemic areas for rickettsiosis, or in patients in contact with animals or ticks, theses etiologies should be kept in mind by physicians challenged to diagnose cause of fever. In this context, even without confirmation of diagnosis, treatment with doxycycline should be used.

PMID 18061086  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):997-1011, ix. ・・・
著者: Thierry Zenone
雑誌名: Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):1115-35, x-xi. doi: 10.1016/j.idc.2007.08.006.
Abstract/Text Noninfectious inflammatory diseases (connective tissue diseases, vasculitis syndromes, granulomatous diseases) emerged as the most frequent cause of fever of unknown origin in western countries. Among these diseases, giant cell arteritis and polymyalgia rheumatica are the most frequent specific diagnosis in the elderly and adult-onset Still's disease the most frequent in younger patients. This article focuses on noninfectious inflammatory diseases as a cause of classic fever of unknown origin (mainly rheumatic diseases, such as vasculitis and connective tissue diseases).

PMID 18061091  Infect Dis Clin North Am. 2007 Dec;21(4):1115-35, x-xi.・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから