今日の臨床サポート

喘鳴

著者: 寺西智史 安城更生病院救急科

監修: 山中克郎 福島県立医科大学会津医療センター総合内科

著者校正/監修レビュー済:2017/02/28
患者向け説明資料

概要・推奨   

所見のポイント:
  1. 喘鳴とは、異常呼吸雑音の1つで、通常、ヒューヒュー、ゼーゼー、ぜろぜろと表現される音である。
  1. 吸気または呼気中に聴取され胸腔外の上気道から胸腔内の末梢気道で聴取できる
  1. 喘息やCOPDなどの閉塞性肺疾患により気道狭窄や気道分泌物の過剰産生から気道閉塞が引き起こされることがある
閲覧にはご契
閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります

閲覧にはご
  1. 喘息によるものであれば、β2刺激薬(メプチン 0.3~0.5ml)を吸入する。β2刺激薬吸入に反応が乏しい場合、ステロイド(ヒドロコルチゾン200~500mg、メチルプレドニゾロン40~125mg、デキサメタゾン4~8mg)を点滴投与する。それでも効果ない場合は、アドレナリン(ボスミン)皮下注射も考慮する。
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
  1. 喘息症状のある患者では、胸焼け、咳嗽、胃酸の逆流などGERD症状を必ず聴取し、もし症状があればH2ブロッカー、PPIの処方を行うことを推奨する。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必 要となり ます。閲覧には ご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
寺西智史 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:山中克郎 : 未申告[2021年]

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 喘鳴音の原因は多岐にわたり、 気管支喘息 、 慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、うっ血性心不全、 気胸 、閉塞性細気管支炎、声帯機能不全なども鑑別疾患に挙げられる。また、 肺炎 などでも聴取されることがあり、気道に何らかの狭窄機転が発生した病態を考慮しながら、診察を進めていく必要がある。
  1. 吸気または呼気中に聴取され胸腔外の上気道から胸腔内の末梢気道で聴取できる
  1. 喘息やCOPDなどの閉塞性肺疾患により気道狭窄や気道分泌物の過剰産生から気道閉塞が引き起こされることがある
  1. 喘息の有症率は成人の2~8%に存在し、小児では10%弱に認められ、一般的な疾患である。
  1. COPDの有病率は各国の喫煙率、高齢者人口、診断方法の差違などにより変動がみられるが、スパイロメトリーを用いた調査では5~10%との報告もある。患者数は増加傾向にあり、2020年には死亡順位の第3位に上昇するといわれている。日本では8%程度の有病率といわれている。
  1. 重症では気道確保、酸素投与が優先される。
問診・診察のポイント  
  1. 喘鳴を認める患者では、既往歴、発症時期、時間、年齢、喫煙歴、排尿などが問診のポイントとなる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Dirkje S Postma, Klaus F Rabe
雑誌名: N Engl J Med. 2015 Sep 24;373(13):1241-9. doi: 10.1056/NEJMra1411863.
Abstract/Text Although in textbooks asthma and chronic obstructive pulmonary disease (COPD) are viewed as distinct disorders, there is increasing awareness that many patients have features of both. This article reviews the asthma-COPD overlap syndrome.

PMID 26398072  N Engl J Med. 2015 Sep 24;373(13):1241-9. doi: 10.1056/・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから