今日の臨床サポート

アスペルギローマ

著者: 井本一也 済生会横浜市東部病院 総合内科

監修: 具芳明 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 統合臨床感染症学分野

著者校正/監修レビュー済:2017/01/26
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. アスペルギローマはアスペルギルス属による慢性疾患で、肺結核などによってできた空洞性病変にアスペルギルス属が腐生寄生している状態である。主に喀血、血痰の鑑別で指摘される場合、偶然の胸部X線で指摘される場合がある。
  1. 無症状で経過することが多いものの、ときに致死的な喀血を起こすことが知られている。
 
診断:
  1. 臨床診断としては、X線上肺の空洞性病変内に菌球形成、空洞壁の肥厚があって、喀痰培養でアスペルギルス属が検出されるか血清学的にアスペルギルス抗原が陽性であることで診断される。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧

閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
井本一也 : 未申告[2021年]
監修:具芳明 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. アスペルギローマとは、アスペルギルス属による腐生寄生による疾患である。通常肺結核、肺気腫、嚢胞性あるいは線維性肺疾患のあとにできた空洞に自然界に生息するアスペルギルス属の分生子が吸入された後到達して発育し、菌糸とフィブリン、気道粘液、細胞の残骸が絡み合って凝集してできたものである。同様の菌球は他の真菌でもみられることがあるとされているがアスペルギルス属によるものが圧倒的に多いとされる。実際の頻度は不詳である。
  1. 1つのデータとして結核後に最低2.5cmの空洞性の肺病変があった患者の11%に菌球があったという報告がある。調査の3年後には17%に増えたということである[1]
  1. アスペルギローマは従来simple aspergillomaと呼ばれる、単一の空洞にできる独立した菌球による病変と、complex aspergillomaと呼ばれる複数の空洞にわたって寄生がみられるタイプの2つを含む概念であった。ところが現在後者は経過として慢性壊死性肺アスペルギルス症と呼ばれる侵襲性真菌症の範疇に入るとされ、治療も内科的治療が奏効する場合が多いということで別の疾患とされている。この項で扱うアスペルギローマは上述のsimple aspergillomaのことである。
  1. アスペルギローマの発症には肺の空洞、あるいは拡張した気管支にアスペルギルスの菌糸、フィブリン、気道粘液、細胞の残骸が絡み合って凝集したものと定義づけられ[1]、基礎に空洞性の肺、気管支病変が存在することが前提となる。また、その空洞性の病変としては、肺結核後遺症、肺嚢胞を有する肺線維症、嚢胞形成性の肺気腫といったものが代表例となる。
  1. 多くの場合は無症状であるが、胸痛、咳、疲労感、発熱、体重減少がみられることがある[2]
  1. ときに喀血がみられ、致命的になる。程度の差はあれど約90%に喀血のエピソードを経験するという[3]。また、その喀血がまれに致命的になるので根治療法として手術が必要となる。なお、内科的治療は有用でないことが多い[1]
問診・診察のポイント  
  1. 病歴で鑑別の上位に挙げることはやや難しい。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Thomas J Walsh, Elias J Anaissie, David W Denning, Raoul Herbrecht, Dimitrios P Kontoyiannis, Kieren A Marr, Vicki A Morrison, Brahm H Segal, William J Steinbach, David A Stevens, Jo-Anne van Burik, John R Wingard, Thomas F Patterson, Infectious Diseases Society of America
雑誌名: Clin Infect Dis. 2008 Feb 1;46(3):327-60. doi: 10.1086/525258.
Abstract/Text
PMID 18177225  Clin Infect Dis. 2008 Feb 1;46(3):327-60. doi: 10.1086/・・・
著者: B Dupont
雑誌名: J Am Acad Dermatol. 1990 Sep;23(3 Pt 2):607-14.
Abstract/Text Itraconazole, 200 to 400 mg once daily, was administered to 49 patients with different types of aspergillosis: pulmonary aspergilloma (14 patients), chronic necrotizing pulmonary aspergillosis (14), and invasive aspergillosis (21). Itraconazole was prescribed alone or in combination or after treatment with amphotericin B and flucytosine. Of 14 aspergilloma patients, 2 were cured and 8 had symptomatic improvement. In chronic necrotizing pulmonary aspergillosis, 7 of 14 patients were cured and 6 improved significantly. In invasive aspergillosis treatment failed in 6 patients and 15 were cured. Itraconazole can be an alternative to amphotericin B in the treatment of invasive aspergillosis and chronic necrotizing pulmonary aspergillosis. In aspergilloma itraconazole may be useful in inoperable cases.

PMID 2170481  J Am Acad Dermatol. 1990 Sep;23(3 Pt 2):607-14.
著者: Anne Lejay, Pierre-Emmanuel Falcoz, Nicola Santelmo, Olivier Helms, Evgenia Kochetkova, My Jeung, Romain Kessler, Gilbert Massard
雑誌名: Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2011 Oct;13(4):392-5. doi: 10.1510/icvts.2011.265553. Epub 2011 Jul 5.
Abstract/Text Surgery of aspergilloma has been renowned to be technically challenging and has a high complication rate. We have already demonstrated an improved outcome as a result of a reduction in complex cases related to history of tuberculosis. In this paper we will evaluate whether this time trend has continued during recent years. Initial presentation and postoperative outcome of 33 patients who underwent surgical treatment between 1998 and 2009 were reviewed and compared with two previous reports (group 1: 55 patients from 1974 to 1991; group 2: 12 patients from 1992 to 1997). Underlying disease was tuberculosis in 15% of patients (57% in group 1, 17% in group 2), and 12% of patients had complex aspergillomas (80% in group 1, 41% in group 2). Postoperatively, there was no mortality (5% in group 1, 0% in group 2). Morbidity decreased progressively in terms of bleeding (44% in group 1, 9% in group 2, and 6% in recently, accrued patients), of pleural space problems (47%, 18% and 12%, respectively), and of prolonged hospital stay (32%, 8% and 6%, respectively). With a decreased postoperative complications rate after resection, contemporary surgery of aspergilloma is safe and offers satisfactory early and long-term results.

PMID 21729950  Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2011 Oct;13(4):392-5. ・・・
著者: Qian-Kun Chen, Ge-Ning Jiang, Jia-An Ding
雑誌名: Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2012 Jul;15(1):77-80. doi: 10.1093/icvts/ivs130. Epub 2012 Apr 11.
Abstract/Text The surgical treatment of pulmonary aspergilloma is challenging and controversial. This study was designed to evaluate the clinical profile, indications and surgical outcomes of pulmonary aspergilloma operated on in our institute. A total of 256 patients with pulmonary aspergilloma underwent surgical treatment from 1975 to 2010. The patients were divided into two groups: Group A (simple aspergilloma, n = 96) and Group B (complex aspergilloma, n = 160). The principal underlying lung disease was tuberculosis (71.1%). The surgical procedures consisted of 212 lobectomies in both groups; eight cavernoplasties, 10 bilobectomies, 16 pneumonectomies and six thoracoplasties in Group B; four segmentectomies and six wedge resections in Group A. Postoperative complications occurred in 40 patients (15.6%). The major complications were residual pleural space (3.9%), prolonged air leak (3.1%), bronchopleural fistula (1.6%), excessive bleeding (1.6%), respiratory insufficiency (1.9%) and empyema (1.2%). No intraoperative deaths occurred. The overall mortality within 30 days post-operation was 1.2%, occurring only in Group B. There was no statistically significant difference in the postoperative morbidity between Groups A and B (P = 0.27). With the good selection of patients, meticulous surgical techniques and good postoperative management, aggressive surgical treatment with anti-fungal therapy for pulmonary aspergilloma is safe and effective, and can achieve favourable outcomes.

PMID 22499801  Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2012 Jul;15(1):77-80. ・・・
著者: J Giron, C Poey, P Fajadet, N Sans, D Fourcade, J P Senac, J J Railhac
雑誌名: Eur J Radiol. 1998 Oct;28(3):235-42.
Abstract/Text OBJECTIVE: To treat symptomatic pulmonary aspergilloma in patients who were not considered to be operable.
MATERIAL AND METHODS: Forty patients were treated by CT-guided percutaneous injection of amphotericin paste, the aim being to fill the cavity completely and create an anaerobic environment for the aspergillus. The aspergillomas had developed after bacillary infection and pulmonary fibrosis. Surgery was contra-indicated in these patients because of severe respiratory failure. The authors detail the method of preparation of the paste and the technique of percutaneous injection.
RESULTS: Hemoptysis ceased in all 40 patients, with a follow-up ranging from 6 to 28 months; six patients were also treated with bronchial embolization. In 26 patients, the aspergilloma disappeared and serum tests for aspergillus became negative. Complete disappearance of both the aspergilloma and the cavity was obtained in three patients.
CONCLUSION: This technique appears to be a valuable contribution to non-surgical treatment of inoperable patients with pulmonary aspergilloma, but study should be continued in a larger series to define the exact indications and the interaction with other treatments which have recently been introduced.

PMID 9881259  Eur J Radiol. 1998 Oct;28(3):235-42.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから