今日の臨床サポート

口腔乾燥症

著者: 砂川正隆 昭和大学医学部生理学講座

監修: 近津大地 東京医科大学

著者校正/監修レビュー済:2019/07/09
参考ガイドライン:
シェーグレン症候群診療ガイドライン2017年版
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 基本は、症状を緩和させる対症療法を行う。口腔内保湿剤・湿潤剤(保湿ジェル、保湿剤配合の洗口液、保湿スプレーなど)の使用。
  1. シェーグレン症候群や頭頸部の放射線治療に伴う口腔乾燥症状の場合には,唾液分泌改善薬(塩酸ピロカルピンや塩酸セビメリン)が有効(推奨度2)
  1. 唾液分泌改善薬が適応外の口腔乾燥症では漢方薬が有効
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
砂川正隆 : 研究費・助成金など((株)ツムラ)[2021年]
監修:近津大地 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、準拠ガイドラインおよび概要・推奨を追加した。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 欧米の疫学調査では、人口の最大約25%が口腔乾燥症に罹患しているとの報告があり、これをわが国に換算すると約3,000万人の本症の潜在患者数が推定されている[1]
  1. 口腔乾燥症は、狭義には唾液分泌低下があり、自・他覚的な口腔乾燥症状を認めるものをいう。
  1. 自覚症状として乾燥感を訴えるが、明らかな唾液分泌量の低下を認めない症例から、著明な唾液分泌量の低下とそれに伴う顎口腔機能異常を認めるものまで多岐にわたる。
  1. 口腔乾燥症に併発して生じる疾患として、う蝕や歯周病(図<図表>)のほかにカンジダ症、誤嚥性肺炎、萎縮性胃炎、摂食嚥下障害、口臭などがある。
  1. 発症年齢は60~70歳の女性に多い。20歳代で発症することもあり、最近は男性も増加傾向にある。
  1. 口腔乾燥症の自覚症状は、口がかわく、喉がかわく、口が「ネバネバ」するなどの口腔乾燥感、口腔内の疼痛、味覚異常が一般的である。
  1. 口腔の乾燥感を唾液分泌異常と関連づけて来院する患者も多く、口腔乾燥症とそれ以外の心療内科的な疾患との鑑別が必要である。
  1. 服用薬剤が危険因子になる症例が多いことから、服薬調査は不可欠である。(表<図表>
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 口腔症状の経過の確認(乾燥感、粘稠感、口腔粘膜の疼痛、刺激痛、構音障害、嚥下障害、口臭、義歯による疼痛)

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: James Guggenheimer, Paul A Moore
雑誌名: J Am Dent Assoc. 2003 Jan;134(1):61-9; quiz 118-9.
Abstract/Text BACKGROUND: Clinicians may encounter symptoms of xerostomia, commonly called "dry mouth," among patients who take medications, have certain connective tissue or immunological disorders or have been treated with radiation therapy. When xerostomia is the result of a reduction in salivary flow, significant oral complications can occur.
TYPES OF STUDIES REVIEWED: The authors conducted an Index Medicus--generated review of clinical and scientific reports of xerostomia in the dental and medical literature during the past 20 years. The literature pertaining to xerostomia represented the disciplines of oral medicine, pathology, pharmacology, epidemiology, gerodontology, dental oncology, immunology and rheumatology. Additional topics included the physiology of salivary function and the management of xerostomia and its complications.
RESULTS: Xerostomia often develops when the amount of saliva that bathes the oral mucous membranes is reduced. However, symptoms may occur without a measurable reduction in salivary gland output. The most frequently reported cause of xerostomia is the use of xerostomic medications. A number of commonly prescribed drugs with a variety of pharmacological activities have been found to produce xerostomia as a side effect. Additionally, xerostomia often is associated with Sjögren's syndrome, a condition that involves dry mouth and dry eyes and that may be accompanied by rheumatoid arthritis or a related connective tissue disease. Xerostomia also is a frequent complication of radiation therapy.
CONCLUSIONS AND CLINICAL IMPLICATIONS: Xerostomia is an uncomfortable condition and a common oral complaint for which patients may seek relief from dental practitioners. Complications of xerostomia include dental caries, candidiasis or difficulty with the use of dentures. The clinician needs to identify the possible cause(s) and provide the patient with appropriate treatment. Remedies for xerostomia usually are palliative but may offer some protection from the condition's more significant complications.

PMID 12555958  J Am Dent Assoc. 2003 Jan;134(1):61-9; quiz 118-9.
著者: C Vitali, S Bombardieri, R Jonsson, H M Moutsopoulos, E L Alexander, S E Carsons, T E Daniels, P C Fox, R I Fox, S S Kassan, S R Pillemer, N Talal, M H Weisman, European Study Group on Classification Criteria for Sjögren's Syndrome
雑誌名: Ann Rheum Dis. 2002 Jun;61(6):554-8.
Abstract/Text Classification criteria for Sjögren's syndrome (SS) were developed and validated between 1989 and 1996 by the European Study Group on Classification Criteria for SS, and broadly accepted. These have been re-examined by consensus group members, who have introduced some modifications, more clearly defined the rules for classifying patients with primary or secondary SS, and provided more precise exclusion criteria.

PMID 12006334  Ann Rheum Dis. 2002 Jun;61(6):554-8.
著者: P F Kohler, M E Winter
雑誌名: Arthritis Rheum. 1985 Oct;28(10):1128-32.
Abstract/Text We describe a simple, reproducible, and low-cost test for xerostomia, which involves chewing on a folded sterile sponge for 2 minutes. Saliva production is quantitated by weighing the sponge before and after chewing. Normal control subjects produced greater than or equal to 2.75 gm of saliva in 2 minutes. Three of 32 consecutive, unselected outpatients in allergy-immunology clinics and 9 of 38 patients in rheumatology clinics had decreased saliva production, which was significantly different compared with controls (P less than 0.01). The presence of sicca symptoms was highly correlated with quantitatively abnormal tear and saliva production, according to the results of the Saxon and Schirmer's tests.

PMID 4052124  Arthritis Rheum. 1985 Oct;28(10):1128-32.
著者: P RUBIN, J F HOLT
雑誌名: Am J Roentgenol Radium Ther Nucl Med. 1957 Apr;77(4):575-98.
Abstract/Text
PMID 13411334  Am J Roentgenol Radium Ther Nucl Med. 1957 Apr;77(4):57・・・
著者: J S Greenspan, T E Daniels, N Talal, R A Sylvester
雑誌名: Oral Surg Oral Med Oral Pathol. 1974 Feb;37(2):217-29.
Abstract/Text
PMID 4589360  Oral Surg Oral Med Oral Pathol. 1974 Feb;37(2):217-29.
著者: Ken Yamamoto, Hiroyuki Nagashima, Shigeo Yamachika, Daigo Hoshiba, Kenichi Yamaguchi, Hiroyuki Yamada, Ichiro Saito, Yoichi Nakagawa
雑誌名: Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2008 Sep;106(3):e11-4. doi: 10.1016/j.tripleo.2008.05.015. Epub 2008 Jul 7.
Abstract/Text OBJECTIVE: The usefulness of a night guard for nocturnal xerostomia was investigated.
STUDY DESIGN: A controlled clinical trial was conducted, and the primary outcome measure was the satisfaction with the night guard in subjective improvement of the sensation of nocturnal dryness. The night guard device was fabricated with a 1.5-mm-thick ethylene vinyl acetate sheet, which covered the dental arch and the hard palate, and did not possess a reservoir for retaining a saliva substitute.
RESULTS: Following completion of 2-week treatment, substantial improvement was reported by the treatment group compared with the control group (P = .025). The posttreatment VAS value was significantly decreased compare with that of pretreatment period in sensation of oral dryness (P = .0295), thirstiness (P = .0012), and burning sensation of the tongue (P = .0371) in the treatment group
CONCLUSION: The application of a night guard is suggested to be a useful and simple method for the management of nocturnal xerostomia.

PMID 18602287  Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2008 ・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから