今日の臨床サポート

便秘(小児科)

著者: 京戸玲子 順天堂大学小児科

著者: 神保圭佑 順天堂大学小児科

著者: 大塚宜一 順天堂大学小児科

監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター

著者校正/監修レビュー済:2021/11/17
参考ガイドライン:
  1. 日本小児栄養消化器肝臓学会日本小児消化管機能研究会 (編):小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン.診断と治療社.2013
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 小児急性腹痛で最も多い原因は便秘症である。
  1. 便秘症の90%以上は原因が特定できない機能性便秘症である。
  1. 治療開始時、fecal impaction(便塞栓)が存在する場合、まずはdisimpaction(便塊除去)を行うことが推奨される(推奨度2)。 
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
京戸玲子 : 未申告[2021年]
神保圭佑 : 特に申告事項無し[2021年]
大塚宜一 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:五十嵐隆 : 特に申告事項無し[2021年]

改訂のポイント:
  1. 2018年に本邦で発売が開始されたポリエチレングリコール製剤(polyethylene glycol:PEG製剤)の小児便秘症治療における位置付けと使い方について新たに記載した。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 便秘とは、「便が滞った、または便が出にくい状態である」と国内のガイドラインで示された[1]
  1. 便秘による(身体)症状が現れ、診療や治療を必要とする場合を便秘症という[1]
  1. 病悩期間から慢性便秘と一過性便秘に、原因から機能性便秘と器質性便秘に分類され、慢性機能性便秘の診断基準としては国際的にRoma Ⅳが使用されている。
  1. 海外における頻度は0.7-29.6%とされ、報告により差がある[2][3]。日本では平成25年度の国民生活基礎調査の結果が2017年度の成人ガイドラインに引用されており、9歳以下の有症率(調査票による結果であり、医師診断の確定した有病率ではない)として男児1,000人中4.6人、女児1,000人中7.4人と報告されている[4][5]
  1. Loening-Bauke(2007)[6]によれば、4歳以上の救急外来を受診した腹痛の中では便秘症が48%を占め、感染性の原因(尿路感染症など腸管外病変を含む)が14.5%とこれに次ぐと報告されている。
問診・診察のポイント  
  1. 病悩期間、便の性状、排便習慣、生活環境、体重の変化、食欲不振の有無などに留意し問診を行う。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: Maartje M van den Berg, M A Benninga, C Di Lorenzo
雑誌名: Am J Gastroenterol. 2006 Oct;101(10):2401-9. doi: 10.1111/j.1572-0241.2006.00771.x.
Abstract/Text OBJECTIVE: A systematic review of the published literature was performed to assess the prevalence, incidence, natural history, and comorbid conditions of functional constipation in children.
METHODS: Articles were identified through electronic searches in Medline, Embase, Cochrane Central Library, Cinhal and PsychInfo databases. Study selection criteria included: (1) epidemiology studies of general population, (2) on the prevalence of constipation without obvious organic etiology, (3) in children from 0 to 18 yr old, and (4) published in English and full manuscript form.
RESULTS: Eighteen studies met our inclusion criteria. The prevalence of childhood constipation in the general population ranged from 0.7% to 29.6% (median 8.9; inter quartile range 5.3-17.4). The prevalence of constipation defined as defecation frequency of < 3/wk varied from 0.7% to 29.6% (median 10.4; inter quartile range 1.3-21.3). Identified studies originated from North America (N = 4), South America (N = 2), Europe (N = 9), the Middle-East (N = 1), and Asia (N = 2). Variance of gender specific prevalence was reported in seven studies and five of seven studies reported no significant difference between boys and girls. The age group in which constipation is most common could not be assessed with certainty. Socioeconomic factors were not found to be associated with constipation.
CONCLUSION: Childhood constipation is a common problem worldwide. Most studies report similar prevalence rates for boys and girls. Large epidemiologic studies with the use of generally accepted diagnostic criteria are needed to define the precise prevalence of constipation.

PMID 17032205  Am J Gastroenterol. 2006 Oct;101(10):2401-9. doi: 10.11・・・
著者: Suzanne M Mugie, Marc A Benninga, Carlo Di Lorenzo
雑誌名: Best Pract Res Clin Gastroenterol. 2011 Feb;25(1):3-18. doi: 10.1016/j.bpg.2010.12.010.
Abstract/Text We aimed to review the published literature regarding the epidemiology of constipation in the general paediatric and adult population and to assess its geographic, gender and age distribution, and associated factors. A search of the Medline database was performed. Study selection criteria included: (1) studies of population-based samples; (2) containing data on the prevalence of constipation without obvious organic aetiology; (3) in paediatric, adult or elderly population; (4) published in English and full manuscript form. Sixty-eight studies met our inclusion criteria. The prevalence of constipation in the worldwide general population ranged from 0.7% to 79% (median 16%). The epidemiology of constipation in children was investigated in 19 articles and prevalence rate was between 0.7% and 29.6% (median 12%). Female gender, increasing age, socioeconomic status and educational level seemed to affect constipation prevalence.

Copyright © 2010. Published by Elsevier Ltd.
PMID 21382575  Best Pract Res Clin Gastroenterol. 2011 Feb;25(1):3-18.・・・
著者: Vera Loening-Baucke, Alexander Swidsinski
雑誌名: J Pediatr. 2007 Dec;151(6):666-9. doi: 10.1016/j.jpeds.2007.05.006. Epub 2007 Jul 30.
Abstract/Text OBJECTIVE: To evaluate the causes of acute abdominal pain in a large academic pediatric primary care population.
STUDY DESIGN: The complete charts of 962 children, > or = 4 years old, who were seen for at least 1 health maintenance visit during a 6-month period, were reviewed retrospectively for complaints and cause of acute abdominal pain.
RESULTS: We found that 9% of the 962 children had a visit for acute abdominal pain, with significantly more girls (12%) than boys (5%) having this complaint. Acute and chronic constipation were the most frequent causes of acute abdominal pain, occurring in 48% of subjects. A surgical cause was present in 2% of subjects. The cause for the acute abdominal pain remained unknown in 19% of subjects. We did not find significant differences in diagnoses in the primary care clinics versus emergency department.
CONCLUSIONS: We found that constipation was the most common cause of acute abdominal pain in children.

PMID 18035149  J Pediatr. 2007 Dec;151(6):666-9. doi: 10.1016/j.jpeds.・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから