今日の臨床サポート

便秘症

著者: 松橋信行 NTT東日本関東病院 消化器内科

監修: 上村直実 国立国際医療研究センター 国府台病院

著者校正/監修レビュー済:2022/09/14
参考ガイドライン:
  1. 日本消化器病学会関連研究会 慢性便秘の診断・治療研究会:慢性便秘症診療ガイドライン2017
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 高繊維食は慢性便秘症の排便状況を改善させるとする報告がある(推奨度2 R)
  1. プロバイオティクスは慢性便秘症に有効である可能性がある(推奨度2 S/CS)
  1. 浸透圧性下剤は慢性便秘症に有効である(推奨度2 M)
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契 約が必要
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が 必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約 が必要と
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
松橋信行 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:上村直実 : 未申告[2022年]

改訂のポイント:
  1. エビデンスランクを記載した。
  1. 下剤の第1選択として、可能な場合は酸化マグネシウムを推奨した。

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 便秘症とは、本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態をいう。
  1. 便秘患者は非常に多く、世界中の成人の14%に慢性の特発性便秘を認める。
  1. 女性のほうが多く、65歳以上でより一般的で、実際の排便頻度と関係なく、加齢とともに便秘の訴えが増える。
  1. 原因疾患は多岐にわたる。他に明らかな原因のない特発性、器質性、他の全身性疾患に伴う症候性、薬剤性がある。
  1. 特に、高齢化の進展に伴い多種の薬剤を常用する例が増えた結果、副作用としての薬剤性便秘が多くなっていることに注意(ポリファーマシー)。
 
器質性、薬剤性、症候性の便秘の原因

器質性の便秘の原因として表に示した疾患が考えられる。急性発症や、発熱、嘔気、嘔吐、体重減少、貧血、血便、下血などの症状を有したり、50歳以上の場合は、これらを疑って適宜検査を行う。
 
参考文献:MD Consult, p263, CHAPTER 18 Constipation, Elsevier Inc., 2012

出典

img1:  著者提供
 
 
 
予後:
  1. 機能性の便秘のみで生命に関わることはないが、悪化すると肛門部の痛みや腹痛、嘔気や嘔吐が出現し、QOLを損ねる。まれに腸穿孔を合併することもある。
  1. 治療に反応することが多いが、排便が薬剤依存性になることもある。
問診・診察のポイント  
  1. RomeIV基準では、半年以上前から症状があり最近少なくとも3カ月間は下記の症状を満たす患者群を「機能性便秘」と呼ぶ。診断基準を確認するため、以下のことを問診する。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Abstract/Text
PMID 5926158
B Sturtzel, C Mikulits, C Gisinger, I Elmadfa
Use of fiber instead of laxative treatment in a geriatric hospital to improve the wellbeing of seniors.
J Nutr Health Aging. 2009 Feb;13(2):136-9.
Abstract/Text INTRODUCTION: Constipation is a common problem in the elderly population, especially in geriatric wards. Laxatives are the most preferred solution but current studies link constipation and laxative use to weight-loss and malnutrition in nursing homes. Dietary fibers also affect stool weight and transit time. So, oat-bran effectiveness in reducing the need for bowel medication and weight-loss for geriatric care patients was examined in a geriatric hospital.
AIM: To determine whether the addition of oat-bran to common oral diet can reduce the use of laxatives and improve the wellbeing and bodyweight of the inhabitants of a long-term-care facility.
METHODS: The study was designed as a controlled blind intervention trial among 30 frail inhabitants of a geriatric hospital aged 57-100 years with laxative use. Including criteria were: oral food intake and laxatives as therapy and excluding criteria were: parenteral and enteral feeding, surgeries in the gastro- intestinal tract, drugs that shorten or lengthen the passage through the gut, risk of aspiration, swallowing troubles. An intervention and a control group were formed. 15 of them received 7-8 g oat-bran/d for 12 weeks (fiber group) mixed up in the daily common diet of the ward and 15 served as control (control group).
DATA COLLECTION: Bodyweight was taken at baseline, after 6 weeks and at the end of the supplementation. Data on laxative use, stool frequency and the eating habits of the elderly were recorded.
RESULTS: Laxatives were successfully discontinued by 59% (p < 0.001) in the fiber-group; in the control-group there was an increase of 8% (p=0.218). Bodyweight remained constant in the fiber-group and decreased in the control-group (p=0.002). The oat-fiber supplementation in the introduced form was well tolerated.
CONCLUSIONS: Use of oat-fiber allowed discontinuation of laxatives by 59% while improving body-weight and wellbeing of the seniors. Fiber supplementation is a safe and convenient alternative to laxatives in a geriatric hospital.

PMID 19214342
Charles A Ternent, Amir L Bastawrous, Nancy A Morin, C Neal Ellis, Neil H Hyman, W Donald Buie, Standards Practice Task Force of The American Society of Colon and Rectal Surgeons
Practice parameters for the evaluation and management of constipation.
Dis Colon Rectum. 2007 Dec;50(12):2013-22. doi: 10.1007/s10350-007-9000-y.
Abstract/Text
PMID 17665250
Anna Chmielewska, Hania Szajewska
Systematic review of randomised controlled trials: probiotics for functional constipation.
World J Gastroenterol. 2010 Jan 7;16(1):69-75.
Abstract/Text AIM: To systematically evaluate and update evidence on the efficacy and safety of probiotic supplementation for the treatment of constipation.
METHODS: The MEDLINE, EMBASE, CINAHL, and Cochrane Library databases were searched in May 2009 for randomised controlled trials (RCTs) performed in paediatric or adult populations related to the study aim.
RESULTS: We included five RCTs with a total of 377 subjects (194 in the experimental group and 183 in the control group). The participants were adults (three RCTs, n = 266) and children (two RCTs, n = 111) with constipation. In adults, data suggests a favourable effect of treatment with Bifidobacterium lactis DN-173 010, Lactobacillus casei Shirota, and Escherichia coli Nissle 1917 on defecation frequency and stool consistency. In children, L. casei rhamnosus Lcr35, but not L. rhamnosus GG, showed a beneficial effect.
CONCLUSION: Until more data are available, we believe the use of probiotics for the treatment of constipation condition should be considered investigational.

PMID 20039451
Maria do Carmo F Passos, Maira Libertad Soligo Takemoto, Gabriel Cyrillo Corradino, Luciana S Guedes
Systematic review with meta-analysis: lubiprostone efficacy on the treatment of patients with constipation.
Arq Gastroenterol. 2020 Oct-Dec;57(4):498-506. doi: 10.1590/S0004-2803.202000000-83.
Abstract/Text BACKGROUND: Lubiprostone is a type 2 chloride channel activator that has been shown to be efficacious and safe in the treatment for chronic constipation.
OBJECTIVE: To systematically review randomized clinical trials (RCTs) assessing efficacy of lubiprostone for patients with chronic idiopathic constipation (CIC), irritable bowel syndrome with predominant constipation (IBS-C) and opioid-induced constipation (OIC).
METHODS: Searches were conducted in PubMed, LILACS, Cochrane Collaboration Database, and Centre for Reviews and Dissemination. Lubiprostone RCTs reporting outcomes of spontaneous bowel movements (SBM) and abdominal pain or discomfort were deemed eligible. Meta-analysis was performed calculating risk ratios and 95% confidence intervals, using the Mantel-Haenszel method and random effects model.
RESULTS: Searches yielded 109 records representing 93 non-duplicate publications, and 11 RCTs (978 CIC, 1,366 IBS-C, 1,300 OIC, total = 3,644) met inclusion criteria. Qualitative synthesis showed that for CIC patients, lubiprostone is superior to placebo in terms of SBM outcomes. Meta-analysis for CIC was feasible for full responder and SBM within 24h rates, indicating superiority of lubiprostone over placebo. For IBS-C, lubiprostone was significantly superior for all SBM outcomes in follow-ups ranging from 1 week-3 months. In terms of abdominal pain, lubiprostone provided significantly better symptoms relief, particularly after 1 month of treatment. For OIC, lubiprostone was more effective than placebo for both SBM and discomfort measures.
CONCLUSION: Our findings demonstrated that lubiprostone is superior to placebo in terms of SBM frequency for CIC, IBS-C and OIC. In terms of abdominal symptoms, the most pronounced effect was seen for abdominal pain in IBS-C patients.

PMID 33331483

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから