今日の臨床サポート

メニエール病

著者: 石井正則 JCHO(ジェイコー)東京新宿メディカルセンター 耳鼻咽喉科

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正済:2022/04/27
現在監修レビュー中
参考ガイドライン:
  1. 日本めまい平衡医学会:メニエール病・遅発性内リンパ水腫診療ガイドライン 2020年度第2版
  1. 厚生労働省難治性疾患克服研究事業 前庭機能異常に関する調査研究班(2008~2010年度):メニエール病診療ガイドライン 2011年版
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. ストレスを抱えて発症することが多く、ライフスタイルを見つめ直す必要がある。生活習慣の改善、ストレスの影響緩和の方策として、有酸素運動がメニエール病の再発作を抑えるという研究報告がある。
  1. めまい発作のとき、生理食塩水100mLにメイロン60mLとホリゾン5mgを30分くらいかけて点滴静注する。めまい発作が1~2時間で治まらなければ、同様の点滴を1~2回繰り返す。それでもめまい発作が取れない場合は、入院する必要がある。
  1. メニエール病の病態は内リンパ水腫である。発生病因は未だに不明であるが、循環障害、形態異常、自律神経障害、炎症性誘発因子などが考えられている。
アカウントをお持ちの方はログイン
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約
  1. その論文には、ストレス関連の症状(肩こり、首こり、過敏性腸症候群、冷え症、頭痛など)を伴っている患者が多いことも判ってきた[1]
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
石井正則 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 2011年度のガイドラインに基づきコンセンサスの得られた診断・検査・治療について改訂を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
ポイント:
  1. メニエール病とは、難聴などの聴覚症状を伴うめまい発作を反復する疾患で、内耳の内リンパ水腫が病態と考えられている。
 
内リンパの貯留

内耳を満たす内リンパが過剰になる(内リンパ水腫)と、内耳の動きが異常となり、めまいを生じる。

 
  1. 発症年齢は、高齢化する傾向があり、男女差では女性に増加傾向が認められる。
  1. わが国の発症率は、人口10万あたり35~48人である。
 
疫学的特徴:
  1. これは、メニエール病とメニエール病以外のめまい疾患、耳疾患以外の耳鼻咽喉科疾患、健常者を対照とした調査結果として、以下のような特徴が認められた。
  1. 他のめまい症例、耳鼻科疾患より家族内発症が少数
  1. 他のめまい症例、耳鼻科疾患より既婚者割合が高い
  1. 他のめまい症例、耳鼻科疾患、健常者より肥満者の割合が少ない
  1. 他のめまい症例、耳鼻科疾患より自分の性格を几帳面・神経質・勝ち気と答える割合が高い
  1. 他の耳鼻科疾患より精神的・肉体的疲労、ストレス、睡眠不足の割合が高い
  1. 突発性難聴と比較して生活時間帯に多発する
  1. 寒冷前線通過、低気圧など気象変化が発作に関連していることがある
問診・診察のポイント  
問診のポイント:
  1. めまいの性状(回転性か、めまい発作を反復しているか)

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Masanori Ishii, Gail Ishiyama, Akira Ishiyama, Yujin Kato, Fumihiro Mochizuki, Yusuke Ito
Relationship Between the Onset of Ménière's Disease and Sympathetic Hyperactivity.
Front Neurol. 2022;13:804777. doi: 10.3389/fneur.2022.804777. Epub 2022 Mar 17.
Abstract/Text Objective: The pathogenesis of Ménière's disease is still largely unknown; however, it is known to be strongly associated with stress. Excessive stress can cause hyperactivity of the sympathetic autonomic nervous system. With the aim of understanding changes in sympathetic hyperactivity before and after Ménière's disease, we compared autonomic nervous function in patients in a stable phase of Ménière's disease and that in healthy adults. We also gathered data over about 10 years on autonomic nervous function immediately before a Ménière's attack.
Study Design: Prospective study.
Patients: Autonomic nervous function was analyzed in 129 patients in a stable phase of Ménière's disease 31 healthy adult volunteers. In nine patients, autonomic nervous function was also measured immediately before and after treatment of a vertigo attack.
Main Outcome Measure: Power spectrum analysis of heart rate variability (HRV) of EEG/ECG and an infrared electronic pupillometer were used. Sympathetic and parasympathetic nervous function was measured.
Results: There were no statistically significant differences in autonomic nervous function determined by HRV and electronic pupillometry between patients in a stable phase of Ménière's disease and healthy adults. Sympathetic function as measured by electronic pupillometry parameters VD and T5 showed no difference between the affected and unaffected sides in the baseline data measured in the stable phase (VD: affected side is 31.02 ± 6.16 mm/sec, unaffected side is 29.25 ± 5.73 mm/sec; T5: affected side is 3.37 ± 0.43 msec, unaffected side is 3.25 ± 0.39 msec). In contrast, all nine patients whose HRV data had been obtained just before an attack showed marked suppression of the parasympathetic nervous system and activation of the sympathetic nervous system. Electronic pupillometry also revealed an overactivation of the sympathetic nervous system on the affected side, just before the attacks. Analysis of sequential changes after the onset of an attack revealed that overactivation on the affected side was reduced after treatment, and no difference between affected and unaffected sides was observed 3 days after treatment.
Conclusion: Detailed analysis of autonomic nervous function showed that immediately before an attack of Ménière's disease, the sympathetic nervous system on the affected side was strongly overactivated.

Copyright © 2022 Ishii, Ishiyama, Ishiyama, Kato, Mochizuki and Ito.
PMID 35370896
Gregory J Basura, Meredith E Adams, Ashkan Monfared, Seth R Schwartz, Patrick J Antonelli, Robert Burkard, Matthew L Bush, Julie Bykowski, Maria Colandrea, Jennifer Derebery, Elizabeth A Kelly, Kevin A Kerber, Charles F Koopman, Amy Angie Kuch, Evie Marcolini, Brian J McKinnon, Michael J Ruckenstein, Carla V Valenzuela, Alexis Vosooney, Sandra A Walsh, Lorraine C Nnacheta, Nui Dhepyasuwan, Erin M Buchanan
Clinical Practice Guideline: Ménière's Disease.
Otolaryngol Head Neck Surg. 2020 Apr;162(2_suppl):S1-S55. doi: 10.1177/0194599820909438.
Abstract/Text OBJECTIVE: Ménière's disease (MD) is a clinical condition defined by spontaneous vertigo attacks (each lasting 20 minutes to 12 hours) with documented low- to midfrequency sensorineural hearing loss in the affected ear before, during, or after one of the episodes of vertigo. It also presents with fluctuating aural symptoms (hearing loss, tinnitus, or ear fullness) in the affected ear. The underlying etiology of MD is not completely clear, yet it has been associated with inner ear fluid (endolymph) volume increases, culminating in episodic ear symptoms (vertigo, fluctuating hearing loss, tinnitus, and aural fullness). Physical examination findings are often unremarkable, and audiometric testing may or may not show low- to midfrequency sensorineural hearing loss. Conventional imaging, if performed, is also typically normal. The goals of MD treatment are to prevent or reduce vertigo severity and frequency; relieve or prevent hearing loss, tinnitus, and aural fullness; and improve quality of life. Treatment approaches to MD are many and typically include modifications of lifestyle factors (eg, diet) and medical, surgical, or a combination of therapies.
PURPOSE: The primary purpose of this clinical practice guideline is to improve the quality of the diagnostic workup and treatment outcomes of MD. To achieve this purpose, the goals of this guideline are to use the best available published scientific and/or clinical evidence to enhance diagnostic accuracy and appropriate therapeutic interventions (medical and surgical) while reducing unindicated diagnostic testing and/or imaging.

PMID 32267799
Gregory J Basura, Meredith E Adams, Ashkan Monfared, Seth R Schwartz, Patrick J Antonelli, Robert Burkard, Matthew L Bush, Julie Bykowski, Maria Colandrea, Jennifer Derebery, Elizabeth A Kelly, Kevin A Kerber, Charles F Koopman, Amy Angie Kuch, Evie Marcolini, Brian J McKinnon, Michael J Ruckenstein, Carla V Valenzuela, Alexis Vosooney, Sandra A Walsh, Lorraine C Nnacheta, Nui Dhepyasuwan, Erin M Buchanan
Clinical Practice Guideline: Ménière's Disease Executive Summary.
Otolaryngol Head Neck Surg. 2020 Apr;162(4):415-434. doi: 10.1177/0194599820909439.
Abstract/Text OBJECTIVE: Ménière's disease (MD) is a clinical condition defined by spontaneous vertigo attacks (each lasting 20 minutes to 12 hours) with documented low- to midfrequency sensorineural hearing loss in the affected ear before, during, or after one of the episodes of vertigo. It also presents with fluctuating aural symptoms (hearing loss, tinnitus, or ear fullness) in the affected ear. The underlying etiology of MD is not completely clear, yet it has been associated with inner ear fluid volume increases, culminating in episodic ear symptoms (vertigo, fluctuating hearing loss, tinnitus, and aural fullness). Physical examination findings are often unremarkable, and audiometric testing may or may not show low- to midfrequency sensorineural hearing loss. Imaging, if performed, is also typically normal. The goals of MD treatment are to prevent or reduce vertigo severity and frequency; relieve or prevent hearing loss, tinnitus, and aural fullness; and improve quality of life. Treatment approaches to MD are many, and approaches typically include modifications of lifestyle factors (eg, diet) and medical, surgical, or a combination of therapies.
PURPOSE: The primary purpose of this clinical practice guideline is to improve the quality of the diagnostic workup and treatment outcomes of MD. To achieve this purpose, the goals of this guideline are to use the best available published scientific and/or clinical evidence to enhance diagnostic accuracy and appropriate therapeutic interventions (medical and surgical) while reducing unindicated diagnostic testing and/or imaging.

PMID 32267820

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから