今日の臨床サポート

心因性難聴

著者: 野口佳裕 国際医療福祉大学 医学部 耳鼻咽喉科学

監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院

著者校正済:2022/06/08
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 鼓膜正常の小児難聴では、心因性難聴の可能性を疑う。
  1. 心因性難聴が、急性の一側性感音難聴として発症することがある。
  1. 器質的耳疾患に心因性難聴が加重することがある。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、 著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※同効薬・小児・妊娠および授乳中の注意事項等は、海外の情報も掲載しており、日本の医療事情に適応しない場合があります。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適応の査定において保険適応及び保険適応外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適応の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
野口佳裕 : 特に申告事項無し[2022年]
監修:森山寛 : 特に申告事項無し[2022年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、推奨度の記入、文言の補足修正、文献の追加を行った。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 聴覚経路に器質的障害が認められないにもかかわらず、純音聴力検査にて難聴を示すものを機能性難聴という。
  1. 機能性難聴は心因性難聴と詐聴に大別される。
  1. 心因性難聴は、①器質的疾患がないか、あるいはあっても本症状の原因ではない、②難聴の症状はないことも、あることもある、③純音聴力検査では聴力レベルが必ず異常値を示す、④発症の背景に心理的要因があるもの、――と定義される[1]
  1. 心因性難聴は小児に多く、男女比は約1:2、好発年齢は8~10歳である[1]
  1. 小児の心因性難聴が、学習障害、自閉スペクトラム症や注意欠如・多動症に合併することがある。
  1. 難聴の自覚や明らかな心理的要因がなく、健診を契機に発見された機能性難聴を健診難聴という。
問診・診察のポイント  
  1. 難聴の自覚の有無

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

Shinya Morita, Masanobu Suzuki, Keiji Iizuka
Non-organic hearing loss in childhood.
Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2010 May;74(5):441-6. doi: 10.1016/j.ijporl.2010.01.003. Epub 2010 Jan 22.
Abstract/Text OBJECTIVE: The present study aimed to investigate the etiology, symptoms, diagnosis and prognosis of pediatric patients with non-organic hearing loss (NOHL), and to heighten awareness of this disorder among physicians.
METHODS: Between January 2000 and July 2009, we retrospectively reviewed the medical records of 47 pediatric patients (aged 6-18 years of age) diagnosed with NOHL. The diagnosis was made when there were audiometric discrepancies between the subjective and objective hearing thresholds of the patient in the absence of any organic disease.
RESULTS: Eighteen patients presented with unilateral hearing loss, and 29 showed bilateral hearing loss. Five patients received steroid treatment before the correct diagnosis was made, and six had secretory otitis media and underwent a tympanostomy tube placement.
CONCLUSION: If physicians are unaware of the possibility of NOHL; they may misdiagnose children with idiopathic sudden sensorineural hearing loss and administer high-dose steroid treatments or exploratory tympanotomies. Otoacoustic emissions are abolished when NOHL patients have secretory otitis media. In these cases, after tympanostomy tube placement, they should undergo objective electrophysiologic examinations to reevaluate NOHL.

Copyright (c) 2010 Elsevier Ireland Ltd. All rights reserved.
PMID 20096938

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから