今日の臨床サポート

回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群

著者: 根本孝一 医療法人永仁会 入間ハート病院

監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター

著者校正/監修レビュー済:2016/11/30
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 絞扼性神経障害とは、末梢神経が関節の近くで関節包、靱帯、筋起始部などの腱性構造物によって形成された線維性、骨線維性のトンネルを通過する部位に何らかの原因が加わり、さらに関節運動などの機械的刺激によって生じる限局性の神経障害である。 
  1. 最も多い絞扼性神経障害は手根管症候群ついで肘部管症候群であるが、本稿では、絞扼性神経障害のうち、回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群について記載する。
  1. 回内筋症候群は肘高位で正中神経に、前骨間神経麻痺は、正中神経の前骨間神経(純運動枝)に発生する絞扼性神経障害である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要と なり ます。閲覧には
  1. 閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となりま す。閲覧には ご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が 必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契約が 必要となります。閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧 にはご契約が必要となりま
  1. 閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご 契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧には ご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧には
  1. 空間占拠性病変があれば、手術(神経剝離術+空間占拠性病変の処置)を行う。空間占拠性病変がなければ、保存的治療(ビタミン B12投与)を行う。保存的治療を3~6カ月行っても回復しなければ手術(神経剝離術)を行う。
  1. 閲覧にはご契
  1. ビタミンB12投与。疼痛に対してはNSAIDs投与。疼痛が強い場合はノイロトロピン投与・温冷交代浴。運動麻痺に対しては低周波治療・関節可動域訓練を行う。
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
  1. 閲覧にはご契
  1. 閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要とな
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要と
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
根本孝一 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:落合直之 : 特に申告事項無し[2021年]

まとめ

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 絞扼性神経障害( 解説  解説 )とは、末梢神経が関節の近くで関節包、靱帯、筋起始部などの腱性構造物によって形成された線維性、骨線維性のトンネルを通過する部位に何らかの原因が加わり、さらに関節運動などの機械的刺激によって生じる限局性の神経障害である。
  1. 最も多い絞扼性神経障害は 手根管症候群 ついで 肘部管症候群 である。
  1. 本稿では、絞扼性神経障害のうち、回内筋症候群、前骨間神経麻痺、回外筋症候群、後骨間神経麻痺、Wartenberg症候群について記載する。
  1. 回内筋症候群( 解説  解説 )は肘高位で正中神経( 解説 )に発生する絞扼性神経障害である。
  1. 正中神経の分枝である前骨間神経(純運動枝)が単独で絞扼性神経障害を発生することがある。
  1. 回外筋症候群( 解説 )は肘高位で、橈骨神経の分枝である後骨間神経(橈骨神経深枝、純運動枝)( 解説 )に発生する絞扼性神経障害である。
  1. Wartenberg症候群( 解説 )は前腕で発生する橈骨神経浅枝(純感覚枝)の絞扼性神経障害である。
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 発症時期と発症時の状況、特に打撲、圧迫などの外傷の有無を確認する。先行する発熱や風邪症状の有無( 解説 )も確認する。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: L B Dahlin, G Lundborg
雑誌名: J Hand Surg Br. 1990 Feb;15(1):5-10.
Abstract/Text In all types of peripheral nerve injury, it is important to realize that the lesion affects one extended cell, the neurone, which extends from the central nervous system down to the target tissue in the extremity. Compression of a peripheral nerve can disturb the intraneural transport (axonal transport) of a large variety of substances. This may be followed by morphological and biochemical changes in the nerve cell body. These central changes may effect the axon as a whole and confer on the nerve an increased susceptibility to trauma. Studies concerning the reaction of neurones to compression, relevant when discussing the double crush syndrome, are reviewed.

PMID 2407794  J Hand Surg Br. 1990 Feb;15(1):5-10.
著者: C A Helms, S Martinez, K P Speer
雑誌名: Radiology. 1998 Apr;207(1):255-9. doi: 10.1148/radiology.207.1.9530324.
Abstract/Text Magnetic resonance (MR) imaging findings in three patients with acute onset of neuritic shoulder pain and weakness included high signal intensity in supra- and infraspinatus muscles (n = 2), partial involvement of infraspinatus muscle (n = 1) and of deltoid muscle (n = 1), and atrophy of supra- and infraspinatus muscles (n = 2). Clinical diagnosis of acute brachial neuritis (Parsonage-Turner syndrome) correlated with MR imaging results in all cases.

PMID 9530324  Radiology. 1998 Apr;207(1):255-9. doi: 10.1148/radiolog・・・
著者: K Nemoto, N Matsumoto, K Tazaki, Y Horiuchi, K Uchinishi, Y Mori
雑誌名: J Hand Surg Am. 1987 Jul;12(4):552-9.
Abstract/Text An experimental study investigated the vulnerability of peripheral nerves in the "double crush" situation. Canine sciatic nerves were studied by means of electrophysiologic and histologic examination. Compression was applied by the KEIO compression clamp, with compression force of 15 g (approximately, 27.6 mm Hg). An incomplete conduction block and mild axonal degeneration were induced by a single compression. However, a complete conduction block and severe axonal degeneration could be induced in half of the cases by the double compression. In these cases, the loss of nerve function after a double lesion was greater than the sum of the deficits after each separate lesion. A good therapeutic effect was obtained by removing all compression, but the effect was incomplete when either compression was retained. It is concluded that proximal compression of a nerve could lessen its ability to withstand further compression more distally.

PMID 3611653  J Hand Surg Am. 1987 Jul;12(4):552-9.
著者: M J PARSONAGE, J W A TURNER
雑誌名: Lancet. 1948 Jun 26;1(6513):973-8.
Abstract/Text
PMID 18866299  Lancet. 1948 Jun 26;1(6513):973-8.
著者: M Sakurai, Y Miyasaka
雑誌名: J Bone Joint Surg Br. 1986 May;68(3):483-8.
Abstract/Text Thickening of the fibrous element of a peripheral nerve may be caused by repeated friction, traction, constriction, ischaemia or partial rupture. The sequel may be a conduction disorder and a clinical condition such as an entrapment neuropathy or a tardy nerve palsy. Neural fibrosis is typically associated with a pseudoneuroma in continuity which has resulted from scarring and adhesions around the nerve as well as proliferation of the fibrous element within the nerve; the fibrosis may be classified as extraneural, intraneural or dispersive. We report 17 cases treated by external neurolysis, with 14 satisfactory results, and 42 patients treated by internal neurolysis with success in 37. Seven of the eight failures were in cases of dispersive fibrosis. A technique of internal neurolysis is described.

PMID 3015976  J Bone Joint Surg Br. 1986 May;68(3):483-8.
著者: J W A TURNER, M J PARSONAGE
雑誌名: Lancet. 1957 Aug 3;273(6988):209-12.
Abstract/Text
PMID 13450376  Lancet. 1957 Aug 3;273(6988):209-12.
著者: A R Upton, A J McComas
雑誌名: Lancet. 1973 Aug 18;2(7825):359-62.
Abstract/Text
PMID 4124532  Lancet. 1973 Aug 18;2(7825):359-62.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから