今日の臨床サポート

頚部神経根症

著者: 田中靖久 公立学校共済組合東北中央病院

監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室

著者校正/監修レビュー済:2020/01/17
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 頚部神経根症は、頚椎の経年的変性過程で神経根が圧迫されて生ずる症候群である。
  1. 代表的な圧迫因子に、椎間板ヘルニア、Luschka 関節あるいは椎間関節の骨棘がある。
  1. 手指のしびれを主訴とする患者で、頚部痛がしびれより先にあるいは同時に生じていれば、ほぼ本症と診断できる。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
田中靖久 : 未申告[2021年]
監修:酒井昭典 : 講演料(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株)),奨学(奨励)寄付など(旭化成ファーマ(株),第一三共(株),中外製薬(株))[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行った(変更なし)。

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 頚椎の変性は一般に20歳代に始まり、椎間板組織の断裂、脱出、椎間の異常可動性、靱帯の肥厚、骨棘の形成、椎間関節の肥大といった一連の変化が、多かれ少なかれ経年的に進む。
  1. 本症はこの過程で神経根が圧迫されて生ずる症候群と定義される。
  1. 代表的な圧迫因子に、椎間板ヘルニア、Luschka 関節あるいは椎間関節の骨棘がある。
 
神経根の圧迫因子

a:MR像
b:シエログラフィー後のCT像

出典

img1:  著者提供
 
 
 
  1. 年代別では40~60歳代での発生が多い。
  1. Mayo clinicから、発生頻度は83.2人/10万人/年であったとの報告がある[1]
  1. 罹患高位はC7神経根が最も多く、次いでC6、C8、C5の順である[1][2][3][4][5]
問診・診察のポイント  
問診:
  1. 頚部神経根症のほとんどが問診の段階で診断できる。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: K Radhakrishnan, W J Litchy, W M O'Fallon, L T Kurland
雑誌名: Brain. 1994 Apr;117 ( Pt 2):325-35.
Abstract/Text An epidemiological survey of cervical radiculopathy in Rochester, Minnesota, 1976-90, through the records-linkage system of the Mayo Clinic ascertained 561 patients (332 males and 229 females). Ages ranged from 13 to 91 years; the mean age +/- SD was 47.6 +/- 13.1 years for males and 48.2 +/- 13.8 years for females. A history of physical exertion or trauma preceding the onset of symptoms occurred in only 14.8% of cases. A past history of lumbar radiculopathy was present in 41%. The median duration of symptoms prior to diagnosis was 15 days. A monoradiculopathy involving C7 nerve root was the most frequent, followed by C6. A confirmed disc protrusion was responsible for cervical radiculopathy in 21.9% of patients; 68.4% were related to spondylosis, disc or both. During the median duration of follow-up of 4.9 years, recurrence of the condition occurred in 31.7%, and 26% underwent surgery for cervical radiculopathy. A combination of radicular pain and sensory deficit, and objective muscle weakness were predictors of a decision to operate. At last follow-up 90% of our population-based patients were asymptomatic or only midly incapacitated due to cervical radiculopathy. The average annual age-adjusted incidence rates per 100,000 population for cervical radiculopathy in Rochester were 83.2 for the total, 107.3 for males and 63.5 for females. The age-specific annual incidence rate per 100,000 population reached a peak of 202.9 for the age group 50-54 years.

PMID 8186959  Brain. 1994 Apr;117 ( Pt 2):325-35.
著者: R E YOSS, K B CORBIN, C S MACCARTY, J G LOVE
雑誌名: Neurology. 1957 Oct;7(10):673-83.
Abstract/Text
PMID 13477342  Neurology. 1957 Oct;7(10):673-83.
著者: Yasuhisa Tanaka, Shoichi Kokubun, Tetsuro Sato, Hiroshi Ozawa
雑誌名: Spine (Phila Pa 1976). 2006 Aug 1;31(17):E568-73. doi: 10.1097/01.brs.0000229261.02816.48.
Abstract/Text STUDY DESIGN: A prospective observational study.
OBJECTIVES: To determine whether the pain in the neck or scapular regions in patients with cervical radiculopathy originates from the compressed root and whether the site of pain is useful for diagnosing the level.
SUMMARY OF BACKGROUND DATA: The pain has been thought to be caused not by root compression but by instability caused by disc degeneration or zygapophysial joint osteoarthritis because it usually precedes radicular symptoms in the arm/fingers.
METHODS: The subjects were 50 consecutive patients with pain as well as arm/finger symptoms, who underwent single-root decompression alone. The involved roots were C5 in 9 patients, C6 in 14, C7 in 14, and C8 in 13.
RESULTS: The pain preceded the arm/fingers symptoms in 35 patients (70%). Although the pain had lasted for more than 7 months on average before surgery, it was relieved early after surgery in 46 patients (92%). When the painful site was suprascapular, C5 or C6 radiculopathy was frequent (P < 0.01). When it was interscapular, C7 or C8 radiculopathy was frequent (P < 0.001). When it was scapular, C8 radiculopathy was frequent (P < 0.01).
CONCLUSIONS: Pain in the suprascapular, interscapular, or scapular regions can originate directly in the compressed root. The site of the pain is valuable for determining localization of the involved root.

PMID 16924193  Spine (Phila Pa 1976). 2006 Aug 1;31(17):E568-73. doi: ・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから