今日の臨床サポート

腫瘍熱

著者: 内藤陽一1) 国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 総合内科/先端医療科/腫瘍内科

著者: 長谷川依子2) 千葉西総合病院 臨床腫瘍科

監修: 佐治重衡 福島県立医科大学

著者校正/監修レビュー済:2021/03/24
参考ガイドライン:
  1. Fever and Fever of Unknown Origin: Review, Recent Advances, and Lingering Dogma, William F Wright, Paul G Auwaerter, Open Forum Infectious Diseases, Volume 7, Issue 5, May 2020, ofaa132, https://doi.org/10.1093/ofid/ofaa132
  1. Fever of unknown origin: a clinical approach, Burke A Cunha, Olivier Lortholary, Cheston B Cunha, Am J Med. 2015 Oct;128(10):1138.e1-1138.e15. doi: 10.1016/j.amjmed.2015.06.001. Epub 2015 Jun 18.
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 感染症など他の発熱の原因を完全に除外する(推奨度1
  1. 好中球減少を起こしているがん患者の発熱では、感染症が否定できないため抗菌薬治療を行う(推奨度1)。
  1. 腫瘍熱が疑われる場合は診断的治療としてナプロキセンを使用してもよい(推奨度3)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
内藤陽一 : 講演料(ファイザー,中外製薬,日本イーライリリー),研究費・助成金など(ファイザー,大鵬薬品工業,エーザイ,日本ベーリンガーインゲルハイム)[2021年]
長谷川依子 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:佐治重衡 : 講演料(イーライリリー,中外製薬,第一三共,ファイザー,協和キリン,アストラゼネカ),研究費・助成金など(中外製薬,第一三共),奨学(奨励)寄付など(中外製薬)[2021年]

改訂のポイント:
  1. 定期レビューを行い、概要、推奨について加筆修正を行った。 

病態・疫学・診察

疫学情報・病態・注意事項  
  1. 腫瘍熱とは、不明熱および担癌患者の発熱において、重要な鑑別項目である。
  1. 担癌患者の発熱において、腫瘍熱は最も一般的な原因である(41%)[1]。特に、白血病、リンパ腫、肉腫、心房粘液腫、腎細胞癌、肝転移で頻度が高い。
  1. 感染症など他の熱の原因は、腫瘍熱と診断する前に完全に除外しなければならない。
  1. 腫瘍熱の病態生理は完全にはわかっていないが、サイトカインが関与していることが知られている。ナプロキセンや他の非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)は腫瘍熱において解熱効果を示し、感染症の発熱では解熱しないという研究結果もある[2]が、感染症による発熱でも解熱効果を認めた報告もあり、注意が必要である[3]
  1. 腫瘍熱が疑われる患者においては、NSAIDsが禁忌でない場合は解熱が得られるか試すためにナプロキセンを使うことは、抗生物質の投与下でも臨床的および診断的意義がある。
問診・診察のポイント  
  1. 病歴は診断のポイントである。夜間盗汗、著明な体重減少、食思不振は悪性腫瘍に伴う発熱とともにみられ、特にホジキンおよび非ホジキンリンパ腫でみられる。

これより先の閲覧には個人契約のトライアルまたはお申込みが必要です。

最新のエビデンスに基づいた二次文献データベース「今日の臨床サポート」。
常時アップデートされており、最新のエビデンスを各分野のエキスパートが豊富な図表や処方・検査例を交えて分かりやすく解説。日常臨床で遭遇するほぼ全ての症状・疾患から薬剤・検査情報まで瞬時に検索可能です。

まずは15日間無料トライアル
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: E Toussaint, E Bahel-Ball, M Vekemans, A Georgala, L Al-Hakak, M Paesmans, M Aoun
雑誌名: Support Care Cancer. 2006 Jul;14(7):763-9. doi: 10.1007/s00520-005-0898-0. Epub 2006 Mar 10.
Abstract/Text GOALS OF WORK: The aim of this study was to determine the causes of fever among cancer patients.
METHODS: All febrile cancer patients were followed up prospectively. Clinical, microbiological and radiological documentations were performed. Aetiologies of fever, type of tumour, site of infection, type of microorganism and outcome were assessed and compared between neutropenics and non-neutropenics.
RESULTS: Four hundred and seventy-seven episodes were evaluated. Infection, non-infectious causes and fever of unknown origin represented 67, 23 and 10%, respectively. The respiratory tract is the most frequently involved site in infection (29%), and in microbiologically documented infections, Gram-negative bacilli were predominant. The tumour itself (27%) or an invasive procedure (17%) were the main causes of non-infectious febrile episodes. Mortality from infection was higher among non-neutropenic (11.1%) than neutropenic patients (4.3%).
CONCLUSION: Fever in cancer patients remains a challenge, and the differentiation between infectious and non-infectious causes at onset of fever is very difficult. Despite all the prophylactic measures, infection is still the principal cause. However, the infection-related mortality is low either in neutropenic or non-neutropenic patients.

PMID 16528534  Support Care Cancer. 2006 Jul;14(7):763-9. doi: 10.1007・・・
著者: J C Chang, H M Gross
雑誌名: Am J Med. 1984 Apr;76(4):597-603.
Abstract/Text The clinical utility of naproxen as an antipyretic agent was examined in the differential diagnosis of fever of undetermined origin in patients with cancer. Twenty-two patients with cancer and fever of undetermined origin for more than seven days were treated with naproxen to control fever when there was no evidence of infection after a careful initial evaluation, and in most cases, after failure of antibiotic therapy. In final analysis, none of five patients with infectious fever had responses to naproxen. In contrast, 14 of 15 patients with neoplastic fever showed a prompt, complete, and sustained lysis of fever within 24 hours after the initiation of naproxen treatment, and the patients also showed symptomatic improvement. One patient with neoplastic fever who did not have a response to naproxen had lysis of fever after the removal of necrotic tumor tissue. Two patients with fever from connective tissue disease had a partial lysis of fever in response to naproxen. These data suggest that naproxen specifically produces the lysis of neoplastic fever and, therefore, is a useful agent in assisting in the differential diagnosis of infectious fever and neoplastic fever in patients with cancer and fever of undetermined origin.

PMID 6711574  Am J Med. 1984 Apr;76(4):597-603.
著者: Steven Vanderschueren, Daniël C Knockaert, Willy E Peetermans, Herman J Bobbaers
雑誌名: Am J Med. 2003 Nov;115(7):572-5.
Abstract/Text
PMID 14599638  Am J Med. 2003 Nov;115(7):572-5.
著者: J C Chang
雑誌名: Arch Intern Med. 1989 Aug;149(8):1728-30.
Abstract/Text
PMID 2764649  Arch Intern Med. 1989 Aug;149(8):1728-30.
著者: Jason A Zell, Jae C Chang
雑誌名: Support Care Cancer. 2005 Nov;13(11):870-7. doi: 10.1007/s00520-005-0825-4. Epub 2005 Apr 29.
Abstract/Text Neoplastic fever, a paraneoplastic syndrome caused by cancer itself, represents a diagnostic challenge for the clinician and is an important issue in supportive oncology. Timely recognition of this febrile condition by differentiating it from other cancer-associated fevers, such as infection and drug reaction, is essential for effective patient management. Although the pathophysiology of neoplastic fever is not well understood, it is suspected to be cytokine mediated. In clinical practice, when a patient with cancer presents with unexplained fever, extensive diagnostic studies are needed to differentiate neoplastic fever from nonneoplastic fever. Only after excluding identifiable etiologies of fever can the diagnosis of neoplastic fever be suspected. According to our experience, the naproxen test is a safe and useful test in differentiating neoplastic fever from infectious fever in patients with cancer. In addition, naproxen and other nonsteroidal anti-inflammatory drugs have been effective in the management of neoplastic fever and offer a significant palliative benefit for the patient.

PMID 15864658  Support Care Cancer. 2005 Nov;13(11):870-7. doi: 10.100・・・
著者: J C Chang, H M Gross
雑誌名: J Clin Oncol. 1985 Apr;3(4):552-8. doi: 10.1200/JCO.1985.3.4.552.
Abstract/Text Twenty-one patients with neoplastic fever due to malignancy were treated with naproxen. A prompt and complete lysis of fever was obtained in 20 patients within 12 hours when an adequate dose of naproxen was given, and a sustained normal temperature was maintained in all responding patients while receiving naproxen except for one in whom a low grade fever recurred. Lysis of fever usually was followed by excessive sweating and subjective symptomatic improvement. However, when naproxen was discontinued in ten patients, febrile state to the pretreatment level recurred in seven patients within three days. This observation suggests naproxen has a definite and effective antipyretic activity against neoplastic fever although it may recur as the drug is discontinued. Naproxen may be a useful adjunctive agent in patients with neoplastic fever for a short-term symptomatic relief.

PMID 3981226  J Clin Oncol. 1985 Apr;3(4):552-8. doi: 10.1200/JCO.198・・・
著者: J C Chang
雑誌名: J Pain Symptom Manage. 1988 Summer;3(3):141-4.
Abstract/Text
PMID 3262142  J Pain Symptom Manage. 1988 Summer;3(3):141-4.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから