今日の臨床サポート

孤立性乳管内乳頭腫・乳管内乳頭腫症

著者: 桑山隆志 昭和大学 乳腺外科

監修: 中村清吾 昭和大学医学部外科学講座乳腺外科学部門

著者校正済:2021/10/27
現在監修レビュー中
患者向け説明資料

概要・推奨   

  1. 血性乳頭分泌を来す患者のうち56.6%が乳管内乳頭腫であるが、33.2%は乳癌と診断され、鑑別診断が最も重要である(推奨度2)。
  1. 末梢性の乳管内乳頭腫では、病理学的に異型細胞を伴う場合、非浸潤癌の発生リスクが4~5倍と高いため、切除後であっても経過観察が必要である(推奨度2)。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
桑山隆志 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:中村清吾 : 講演料(アストラゼネカ,第一三共,中外製薬),研究費・助成金など(CESデカルト,第一三共,シスメックス,アストラゼネカ,島津製作所,大鵬薬品工業),奨学(奨励)寄付など(エーザイ,コニカミノルタ,大鵬薬品工業,中外製薬)[2021年]

改訂のポイント:
  1.  定期レビューを行った(変更なし)

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 発生部位の違いにより中枢性および末梢性に分類され、中枢性のものは孤立性乳管内乳頭腫、末梢性のものは乳管内乳頭腫症とも呼ばれる。
  1. 良性上皮性腫瘍の中で最も頻度が高く、30~50歳代に最も多い。
  1. 血性乳頭分泌が64~88%に認められ、ときには腫瘤を触知することがある。
  1. 通常2~3mm程度の大きさであるが、なかには2~3cmになるものもある。
  1. 非浸潤性乳管癌との鑑別が非常に重要であり、分泌物の細胞診・分泌物中のCEA濃度測定などが有用とされているが、偽陰性症例も多いため、慎重な対応が必要である。
  1. 組織診にて異型上皮が存在する場合、乳癌の発生が通常の5~7倍との報告もあり、経過観察が必要である。
 
  1. 血性乳頭分泌を来す患者のうち56.6%が乳管内乳頭腫であるが、33.2%は乳癌と診断され、鑑別診断が最も重要である(推奨度2o)。(参考文献:[1][2][3]
  1. 血性乳頭分泌の細胞診で乳管内乳頭腫の確定診断を行うことは非常に困難であり、乳癌での陽性率もわずか30%にすぎない。したがって血性乳頭分泌を来す患者で、乳管造影やMRIにて悪性を否定できない患者に対しては針生検やマンモトーム生検、さらにはmicrodochectomyを行い、鑑別診断を行うことが必要となる。
 
問診・診察のポイント  
  1. 乳頭分泌の性状・開口部の確認を行う。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: W Al Sarakbi, D Worku, P F Escobar, K Mokbel
雑誌名: Int Semin Surg Oncol. 2006 Jan 17;3:1. doi: 10.1186/1477-7800-3-1. Epub 2006 Jan 17.
Abstract/Text Breast papilloma is a term that describes an intraductal papillary configuration of the mammary epithelium on macroscopic or microscopic examination. It includes solitary intraductal papillomas, multiple papillomas, papillomatosis, and juvenile papillomatosis (JP).Recent advances in mammary ductoscopy (MD) have raised new possibilities in the diagnosis and treatment of breast papillomas. This technique represents an important diagnostic adjunct in patients with pathological nipple discharge (PND) by allowing direct visualisation and biopsy of intraductal lesions and guiding duct excision surgery. Treatment of breast papillomas often entails surgical duct excision for symptomatic relief and histopathological examination. Recently, more conservative approach has been adapted. MD-assisted microdochectomy should be considered the procedure of choice for a papilloma-related single duct discharge. Furthermore, there is increasing evidence that MD has the potential to reduce the number of duct excision procedures and minimise the extent of surgical resection. Imaging-guided vacuum-assisted core biopsy can be diagnostic and therapeutic for papillomas seen on mammography and/or ultrasound. Patients with multiple papillomas do have an increased risk of developing cancer and should be kept under annual review with regular mammography (preferably digital mammography) if treated conservatively. Magnetic resonance (MR) can be also used in surveillance in view of its high sensitivity. Because the risk is small, long term and affects both breasts, long-term follow-up is more appropriate than prophylactic mastectomy. Patients who prove to have solitary duct papilloma have insufficient increase in the risk of subsequent malignancy to justify routine follow-up.

PMID 16417642  Int Semin Surg Oncol. 2006 Jan 17;3:1. doi: 10.1186/147・・・
著者: D L Page, K E Salhany, R A Jensen, W D Dupont
雑誌名: Cancer. 1996 Jul 15;78(2):258-66. doi: 10.1002/(SICI)1097-0142(19960715)78:2<258::AID-CNCR11>3.0.CO;2-V.
Abstract/Text BACKGROUND: Risk of breast cancer after biopsy demonstrating a papilloma has long been variously interpreted on the basis of histologic pattern of multiplicity of papillomas.
METHODS: A nested case control study was performed on women with surgical breast biopsies evidencing papillomas; cases who subsequently developed invasive carcinoma were compared with controls who did not. Presence of atypical hyperplasia (AH) within the papilloma as well as areas of AH in the surrounding parenchyma were evaluated in both cases and controls. The entire cohort (not tested) was separately evaluated for all variables except for atypia within papillomas.
RESULTS: The relative risk of invasive carcinoma for women with papillomas containing AH was > 4x that of papillomas without AH within or surrounding the papilloma. This risk may be greater with added atypical hyperplasia outside the papilloma and most strikingly, most of the subsequent invasive carcinomas developed in the same breast and probably near the site of the original papilloma. However, ordinary patterns of epithelial hyperplasia lacking specific features of AH within the papilloma do not add to the risk of subsequent carcinoma development over papillomas without hyperplasia.
CONCLUSIONS: This study indicates that women having papillomas with AH have a similar or greater cancer risk than others with specifically defined patterns of atypical hyperplasia within the breast parenchyma (4-5x relative risk). Most importantly, this risk is largely local in the region of the original papilloma.

PMID 8674001  Cancer. 1996 Jul 15;78(2):258-66. doi: 10.1002/(SICI)10・・・

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから