• 神経 の他のコンテンツを見る
Restless legs syndrome(下肢静止不能症候群)

著者: 川嶋乃里子 かわしま神経内科クリニック

監修: 高橋裕秀 昭和大学藤が丘病院 脳神経内科

著者校正/監修レビュー済:2019/07/09
参考ガイドライン:
  1. Restless legs syndrome/Willis-Ekbom disease diagnostic criteria: updated International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG) consensus criteria--history, rationale, description, and significance. Sleep Med [Internet]. 2014 Aug [cited 2016 May 3];15(8):860–73.
  1. Treatment of restless legs syndrome: Evidence-based review and implications for clinical practice (revised 2017). Mov Disord 2018; 33(7):1077-1091.

概要・推奨  

  1. すべてのRLS患者で、血清フェリチンを測定することが勧められる(推奨度1)。
  1. 薬物治療が必要な中等度以上のRLSの症状の軽減にビ・シフロールは有効である(推奨度2)。
  1. 薬物治療が必要な中等度以上のRLSの症状軽減にニュープロパッチは有効である(推奨度2)。
  1. 薬物治療が必要な中等度以上のRLSの症状軽減にレグナイトは有効であるとされているが、日本での承認量600mgでは効果不十分な可能性があり、その場合はプレガバリン(保険適用外)への変更を考慮する(推奨度2)。
  1. Augumentationとは、ドパミン作動薬による治療で生じる医原性のRLS症状の悪化である。
  1. レボドパやビ・シフロールなどのドパミンアゴニストでは、augmentationを生じやすいので、過量とならないように注意が必要である(レグナイト[600mg/日]を含むα2δリガンドはaugmentationを生じにくい)(推奨度1)。
  1. 反跳現象とは、薬効が切れた深夜や早朝にRLS症状が再発することである。反跳現象は、薬効が長い薬剤があれば解決する問題である。
  1. RLSの診断は病歴からされるので、類似の病態(mimics)を完全に除外するのは難しい。非典型例では誤診の可能性も予測して経過をみていくことが必要である(推奨度1)。
  1. 小児のRLSは、本人の言葉と家族歴が大切である。
  1. RLSはまれな疾患ではなく、放置すると生活の質が低下する場合は、治療を開始すべきである。
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント: 
  1. 2008年のMDSのevidence-based reviewと臨床現場での意義が、2017年に改訂された。
  1. 1. ドパミンアゴニストであるロチゴチン(ニュープロパッチ)は有効と評価が定まった。
  1. 2. α2δリガンドであるガバペンチン・エナカルビル(レグナイト)は1,200mgでは有効であるが、600mg(日本での承認量)の有効性は十分なエビデンスがないとされた。プレガバリン(リリカ)150~450mgとガバペンチン(ガバペン)800mgは有効とされた(いずれも保険適用外)。
  1. 3. 鉄剤では、カルボキシマルトース第二鉄(フェインジェクト)静脈内投与がやや有効とされ、経口鉄剤と含糖酸化鉄(フェジン)は十分なエビデンスがないとされた。
  1. 4. 空気圧圧縮装置がやや有効とされた。
  1. 5. 腎不全による2次性RLSの治療として、レボドパおよびガバペンチン200mgが有効とされ(いずれも保険適用外)、ビタミンCとDおよび運動もやや有効とされた。
  1. Augmentationを識別するための新たな提言がされた。
  1. 成人では血清フェリチン75ng/ml以下で経口鉄剤の投与を考慮する。小児では、50ng/ml以下で経口鉄剤の投与を考慮する。


ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!