軽症頭部外傷 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
山中俊祐 福井大学医学部附属病院 救急部

概要

ポイント:
  1. 本稿で論ずる軽症頭部外傷の対象患者とは、以下のすべてを満たすものである:
  1. 非穿通性頭部外傷
  1. 救急外来受診が外傷後24時間以内
  1. 救急外来受診時のGCS 14~15(JATEC 2016年改定ではこの条件のみ): エビデンス 
  1. 年齢16歳以上
  1. 多発外傷ではなく、頭部のみの外傷
  1. 頭部外傷は救急外来を訪れる疾患としてありふれたものである。そのなかでも、GCS14~15の軽症頭部外傷が約8割を占める。 エビデンス 
  1. 救急外来を受診するGCS 15の頭部外傷患者のうち、多ければ15%が頭部CTに急性の所見があり、さらにその1%以下が脳神経外科的介入を要する。したがって、これらの患者を適切に評価・トリアージをすることが大事である。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 軽症頭部外傷による緊急の対応が必要な疾患として、クモ膜下出血、硬膜下出血、硬膜外出血、脳内出血、脳挫傷がある。それぞれ、診断、症状に従い治療を行う。
  1. くも膜下出血:<図表>
  1. 硬膜外出血:<図表>
  1. 硬膜下出血:<図表>
  1. 脳挫傷の頭部MRI:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の対応と適応があれば必要な検査
  1. 病歴および身体所見より上述の以下の検査の適応を判断する。
  1. カナディアン頭部ルール: >詳細情報 
  1. ニューオリンズクライテリア: >詳細情報 
  1. 軽症頭部外傷であっても凝固能障害のある患者(ワーファリン内服中など)には緊急の頭部CTを考慮する。
  1. 適応があれば、頭部CTを行い、凝固能障害既往または抗凝固薬を服用している場合は、凝固能を評価する。
○ 適応に応じて下記検査を行う。

追加情報ページへのリンク

 

リファレンス

img  1:  Minor head injury in warfarinized patients: indicators of risk for intracranial hemorrhage.
 
PMID 21610395  J Trauma. 2011 Apr;70(4):906-9. doi: 10.1097/TA.0b013e3・・・
img  2:  Rapid reversal of warfarin-associated hemorrhage in the emergency department by prothrombin complex concentrates.
 
PMID 23829955  Ann Emerg Med. 2013 Dec;62(6):616-626.e8. doi: 10.1016/・・・
img  3:  Systematic Review and Meta-Analysis: Is Pre-Injury Antiplatelet Therapy Associated with Traumatic Intracranial Hemorrhage?
 
PMID 26979949  J Neurotrauma. 2016 May 9;. doi: 10.1089/neu.2015.4393.・・・
img  4:  Identification of children at very low risk of clinically-important brain injuries after head trauma: a prospective cohort study.
 
PMID 19758692  Lancet. 2009 Oct 3;374(9696):1160-70. doi: 10.1016/S014・・・
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

頭部CT撮影のデシジョンツール
小児の軽症頭部外傷の頭部CTデシジョンツール(PECARNルール)
著者校正/監修レビュー済
2018/01/31


  • 救急 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ