バレット食道(バレット食道癌含む) :トップ    
監修: 木下芳一 島根大学医学部附属病院
藤崎順子 がん研有明病院 消化器センター

概要

疾患のポイント:
  1. バレット食道とは、食道下端の扁平上皮が胃から連続する円柱上皮で置換された状態である。胃食道逆流症(GERD)が背景にあることが多い。
  1. なお、欧米とわが国では実態が大きく異なり、わが国や英国での診断基準では特殊腸上皮化成(SIM)の有無は問わないことに留意が必要である。なお、欧米ではmetaplasia-dysplasia-carcinoma sequenceが主流と考えられており(米国、独)、SIMの存在が必須である。英国ではSIMは必須ではない。
 
診断: >詳細情報 
  1. 胸焼けなどGERDの逆流症状のある例の13%程度にバレット食道があると報告されている。最近の報告ではGERDの25%にバレット食道を認めることが報告された。慢性逆流症状を認める患者は、定期的に上部消化管内視鏡検査を施行することが推奨される。 エビデンス  エビデンス 
  1. バレット食道患者における上部消化管内視鏡検査のsurveillanceがバレット食道癌の予後を改善するかについての有力な報告はいまのところない。
  1. 通常、内視鏡所見にて扁平上皮-円柱上皮接合部が、食道・胃接合部を超えて上方に存在する所見を認めた際に診断となる( >詳細情報 )。
  1. 組織学的には、円柱上皮下の固有食道腺、扁平上皮島、粘膜筋板の二重構造が決め手となる。食道癌取扱い規約を参考にバレット粘膜の有無を診断する。バレット食道の診断後は下記のサーベイランス表に従って、上部消化管内視鏡検査を用い経過観察していく。
  1. バレット食道サーベイランス:アルゴリズム
  1. 食道癌取扱い規約:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初期診断のための検査例
  1. 診断の基本は上部消化管内視鏡検査である。
○ バレット食道を疑う場合には内視鏡検査必須となる。

追加情報ページへのリンク

 

リファレンス

img  1:  Cigarette smoking and adenocarcinomas of the esophagus and esophagogastric junction: a pooled analysis from the international BEACON consortium.
 
PMID 20716718  J Natl Cancer Inst. 2010 Sep 8;102(17):1344-53. doi: 10・・・
img  2:  Nonsteroidal anti-inflammatory drug use reduces risk of adenocarcinomas of the esophagus and esophagogastric junction in a pooled analysis.
 
PMID 22108196  Gastroenterology. 2012 Mar;142(3):442-452.e5; quiz e22-・・・
img  3:  Acid-suppressive medications and risk of oesophageal adenocarcinoma in patients with Barrett's oesophagus: a systematic review and meta-analysis.
 
PMID 24221456  Gut. 2014 Aug;63(8):1229-37. doi: 10.1136/gutjnl-2013-3・・・
img  4:  Statins are associated with reduced risk of esophageal cancer, particularly in patients with Barrett's esophagus: a systematic review and meta-analysis.
 
PMID 23357487  Clin Gastroenterol Hepatol. 2013 Jun;11(6):620-9. doi: ・・・
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

バレット食道サーベイランス
GERD症状
食道癌取扱い規約
ロングバレット食道(LSBE)
ショートバレット食道(SSBE)
バレット食道の組織像
C&M分類(プラハ分類)
逆流性食道炎のロサンゼルス分類
著者校正/監修レビュー済
2017/04/27


  • 消化器 の他のコンテンツを見る
  • 腫瘍 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ