慢性心不全 収縮機能障害 :トップ    
監修: 伊藤浩 岡山大学循環器内科
安村良男 社会医療法人中央会 尼崎中央病院 循環器内科

概要

  1. 急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)
の発表に伴い、現在アップデート中
 
疾患のポイント:
  1. 心不全とは、狭義には心機能障害を基礎疾患として持ち、その臨床経過において、特徴的な症状(呼吸困難や易疲労感)や、身体的な所見(浮腫やラ音)を呈する臨床症候群として定義される。
 
診断: >詳細情報 
  1. 心不全を疑う症状は、肺うっ血による左心不全症状と全身うっ血による右心不全症状である。ときに抹消冷感や全身倦怠感など、組織低灌流による所見や症状を伴う場合がある。
  1. 心不全の診断にはFramingham研究に基づく心不全の診断基準がある。
  1. フラミンガム研究の心不全診断基準:<図表>
  1. 一般的には診察や胸部X線のうっ血所見で心不全を強く疑い、確定診断には心エコー図検査が不可欠である。
  1. 心不全の診断には、胸部X線、心電図、血液検査は必須である。
  1. 胸部X線ではうっ血所見が典型的ではあるが、うっ血を認めない場合も多い。うっ血像を認めないが、心胸郭比(CTR)が大きいときは右心不全を疑う。
  1. 心電図では心房細動や期外収縮の存在、頻脈や徐脈、左脚ブロックや異常Q波の存在の有無を確認する。
  1. 血液検査ではBNPやNT-proBNPが有効であるが、右心不全の場合の総ビリルビンやAST、ALTの上昇、水分貯留が多い場合の低Na血症をチェックする。
  1. 心エコー図検査によって心不全を来した基礎心疾患を検索すると同時に、収縮不全か拡張不全かを判定する。
  1. 収縮不全:拡張型心筋症の一例:<図表>
  1. 拡張不全:高齢女性の高血圧性心疾患の一例:<図表>
  1. 収縮機能障害は、左室駆出率が40~50%以下とすることが多い。
  1. BNP<100pg/mLあるいはNT-proBNP<400pg/mLの場合は、呼吸器疾患やほかの疾患を念頭に検査を進める。心不全症状が明らかでもBNPが低い場合は収縮性心膜炎を疑う。
  1. 初診時や入院時の心不全管理計画:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時検査方針例
  1. 心電図と胸部X線は必須である。
  1. 心不全の診断に血中BNPまたはNTproBNPを評価し、心不全の修飾因子として、腎機能、貧血の有無、心筋逸脱酵素のチェックをする。
  1. 心エコー図法により、基礎疾患の同定、ならびに心収縮機能、拡張機能の評価を行う。
  1. 収縮機能障害は、左室駆出率が40~50%以下とすることが多い。
  1. BNP<100pg/mLあるいはNT-proBNP<400pg/mLの場合は、呼吸器疾患やほかの疾患を念頭に検査を進める。
○ 下記の検査は、診断上不可欠である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

初診時や入院時の心不全管理計画
左室収縮性が低下した心不全の重症度からみた薬物治療指針
収縮性心不全の治療アルゴリズム
左室収縮性が保たれた心不全の治療アルゴリズム
β遮断薬の導入方法
フラミンガム研究の心不全診断基準
収縮不全:拡張型心筋症の一例
拡張不全:高齢女性の高血圧性心疾患の一例
心不全のステージ分類
Nohria/Stevenson分類
著者校正/監修レビュー済
2018/02/28


詳細ナビ