慢性膵炎 :トップ    
監修: 下瀬川徹 東北大学大学院
正宗淳 東北大学 消化器内科

概要

疾患のポイント:
  1. 慢性膵炎とは、膵臓の内部に不規則な線維化、細胞浸潤、実質の脱落、肉芽組織などの慢性変化が生じ、進行すると膵外分泌・内分泌機能の低下を伴う病態である。
  1. アルコール性慢性膵炎と非アルコール性慢性膵炎(特発性、遺伝性、家族性など)とに分類される。自己免疫性膵炎および閉塞性膵炎は、現時点では膵の慢性炎症として別個に扱われる。
  1. アルコール性が最多の成因であり、喫煙とあわせて多分に生活習慣病的な側面を有する。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断は慢性膵炎臨床診断基準2009に基づいて行う。
  1. 慢性膵炎診断の手順:アルゴリズム
  1. 慢性膵炎臨床診断基準2009:<図表>
  1. 慢性膵炎の特徴的画像所見:<図表>
  1. この診断基準では、画像診断と組織診断に、確診所見と準確診所見が設けられており、いずれかが認められる場合、慢性膵炎確診または準確診の診断が下せる。
  1. 準確診所見のみの場合でも、①反復する上腹部痛発作、②血中/尿中膵酵素値の異常、③膵外分泌障害、――の3項目中2項目以上が認められる場合には、診断を確診に格上げできる。
  1. 確診、準確診所見がなく、①反復する上腹部痛発作、②血中/尿中膵酵素値の異常、③膵外分泌障害、④1日80g 以上(純エタノール換算)の持続する飲酒歴、――のいずれか2項目以上と超音波内視鏡またはERCPにて早期慢性膵炎の画像所見が認められた場合、早期慢性膵炎と診断する。
 
原因疾患・合併疾患の評価: >詳細情報 
  1. 急性増悪(急性膵炎)、胆道狭窄、消化吸収障害、糖尿病、膵癌などの合併の評価をする。
  1. 慢性膵炎や再発性膵炎の家族歴がある場合や若年発症の場合には、遺伝子検査の適応を検討する。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 病期がどの時期にあたるかを診断する。慢性膵炎の病期は、腹痛発作を繰り返す代償期、腹痛発作は少なくなり消化吸収障害(膵外…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時、膵の状態を評価するための検査例
  1. 急性膵炎の有無と栄養状態、糖尿病の有無を確認する。アルコール性肝障害や胆道狭窄の合併を考え、肝胆道系酵素検査も必須である。
○ 炎症所見、膵酵素、肝胆道系酵素、糖尿病の有無を1)~8)で確認する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

慢性膵炎診断の手順
慢性膵炎診療ガイドライン フローチャート2:治療
病態に応じた診療アルゴリズム
膵石治療のフローチャート
慢性膵炎臨床診断基準2009
慢性膵炎の特徴的画像所見
早期慢性膵炎の画像所見
慢性膵炎の病期
専門医への紹介
慢性膵炎患者の腹部単純X線写真
著者校正/監修レビュー済
2017/07/31


詳細ナビ