フケ(頭皮鱗屑) :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
清 佳浩 帝京大学 皮膚科

概要

疾患のポイント:
  1. フケ症とは、何らかの原因により頭皮の皮膚のターンオーバー(再生)が速くなって生じる状態である。通常、老化した角質細胞が小さな鱗屑として順次剥離しているが、表皮の角化過程に異常が生じると、鱗屑は目で見える大きさとなり、フケと呼ばれる。
  1. 他の皮膚疾患のないフケ症は脂漏性皮膚炎の初期症状といわれる。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 症状が出現すると、その後は年余にわたり、軽快、増悪を繰り返すことが多いため、治療を行ううえで重要なことは、副作用が生じにくい治療法を選択することである。
  1. 脂漏性皮膚炎の治療には抗アレルギー剤やビタミン剤の内服とステロイド外用や抗真菌剤の外用を行う。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 頭痛がひどい場合は感染症を鑑別するため、血液検査や頚部リンパ腺の腫大などをチェックする。
 
診断へのアプローチ:
  1. フケ症の多くは皮膚疾患に伴って生じる。それぞれの皮膚疾患を鑑別診断して、最適な治療を行う。
  1. 一番頻度の多い、脂漏性皮膚炎は皮脂の異常と皮膚常在菌のマラセチアという真菌が悪化因子となって生じる疾患である。確定診断できる検査法がないため、他の皮膚疾患を除外して診断する。
  1. まず、マラセチア菌の数が多いか否かを検査。多い場合は抗真菌薬を外用して、その効果を観察する。
  1. 高度のかゆみや痛みを伴う場合は感染症を疑い、血液検査を行う。
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: 鑑別疾患 )
  1. 下記の疾患が頻度の高い疾患、まれな治療可能な疾患である。
  1. 頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 脂漏性皮膚炎、尋常性乾癬<図表>、接触皮膚炎 <図表>、アトピー性皮膚炎 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

フケ症の原因、皮膚病の鑑別診断方法例
  1. フケ症は多くの皮膚疾患に認められるため、鑑別診断が必要となる。
  1. 鱗屑の直接鏡検マラセチア菌要素の有無は脂漏性皮膚炎に関連。
  1. CBC、CRP感染症の有無の判定 蜂巣炎など
  1. IgE Tarc アトピー性皮膚炎の有無の判定 
  1. 抗核抗体膠原病の有無
  1. Tzanck testウイルス巨細胞の有無 帯状疱疹の診断
  1. パッチテスト接触源の検索 接触皮膚炎
  1. 皮膚生検皮膚疾患の診断 尋常性乾癬
○ 頭皮に皮膚病があるかないかよく観察する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

フケ症の診療アルゴリズム
頭部脂漏性皮膚炎に見られたフケ症
尋常性乾癬
毛染めによる接触皮膚炎
アトピー性皮膚炎
M. canisによる頭部白癬
単純性粃糠疹
慢性湿疹
脂漏性皮膚炎のダーモスコープ所見 黄色調の鱗屑
尋常性乾癬のダーモスコープ所見 白色の鱗屑
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01