接触皮膚炎 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
高山かおる 東京医科歯科大学 皮膚科学分野

概要

疾患のポイント:
  1. 接触皮膚炎はいわゆる「かぶれ」のことで、外来性の刺激物質や抗原が皮膚に接触することによって発症する湿疹性の炎症反応を指す。
  1. 接触皮膚炎は層が破壊されるために生じる刺激性接触皮膚炎、アレルゲンによる感作・惹起反応が起こって成立するアレルギー性接触皮膚炎、それ以外にも光接触皮膚炎・接触皮膚炎症候群・全身性接触皮膚炎に分類される。
  1. 原因として頻度が高いのは、ニッケル、コバルト、クロムといった金属、パラフェニレンジアミン、ウルシ、ゴム関連製品などが挙げられる。
  1. なお、全身型金属アレルギーは経皮感作成立後に非経皮的ルートを通してアレルゲンが体内に入ることにより生じる全身性接触皮膚炎(金属が原因の場合には全身型金属アレルギー)である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 境界の比較的明瞭な湿疹病変、 慢性的で遷延している湿疹病変の場合には接触皮膚炎を強く疑う。
  1. 手背や前腕などの露出部に難治性の慢性化した湿疹病変があるときには職業性接触皮膚炎を疑う。
  1. 時間的経過が急であればエピソード重視、慢性的であれば生活重視で問診を進める。
  1. 接触皮膚炎を診断するためにはパッチテストで原因を特定する必要がある。
  1. パッチテスト陽性のものに関して、それを除去すると症状が改善するかどうかで診断を確定することができる。
  1. 全身型金属アレルギーの場合にはパッチテストは陰性で、内服誘発テストで症状が誘発されることもある。
  1. 顔面の難治性紅斑や湿疹病変を呈しているときは脂漏性皮膚炎や酒さとの鑑別が必要である。
  1. 毛染め剤による接触皮膚炎:<図表>
  1. 美容液による接触皮膚炎:<図表>
  1. 職業性接触皮膚炎:<図表>
  1. 接触皮膚炎症候群:<図表>
  1. 点眼薬による接触皮膚炎:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

確定診断のための検査例
  1. 接触皮膚炎と診断し、原因を除去するために必ず必要な検査である。
  1. 問診や部位からアレルゲンを推定し、パッチテストを施行するのがよいが、なかなか特定するのが難しい場合も少なくない。
  1. そのようなときには、「ジャパニーズスタンダードシリーズ」のアレルゲンを一緒に貼布して試験することで、広くスクリーニングすることができる。
  1. 職業で使用するものは強い感作性を有するものもあるため、データシートの確認などは怠らない。
  1. 行い方:
  1. パッチテストにはFinn Chamberを用いて、軟膏や固形物は約5mm、水溶液の場合は、付属の濾紙を白色ワセリンでChamberに固定しその上に15μl滴下することが推奨されている。
  1. ジャパニーズスタンダードシリーズについては、ready to useの「パッチテストパネル」を活用することもできる。
  1. 背部の外見上正常な場所に48時間貼布する。
  1. 貼布した48時間後にパッチテスト用テープを除去し、テープ除去に伴う刺激反応が消退する約1時間30分~2時間後に1回目の判定を実施し、貼布72時間後、また96時間後、そして1週間後に判定を行う。
  1. パッチテストの判定にはICDRG基準を使用する。
○ 接触皮膚炎を疑ったら必ず1)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

接触皮膚炎治療アルゴリズム
毛染め剤による接触皮膚炎
美容液による接触皮膚炎
職業性接触皮膚炎
洗髪剤による接触皮膚炎
ケトプロフェンによる光接触皮膚炎
ニッケル(ベルトのバックル)による接触皮膚炎
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20


  • 皮膚 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ