鬱滞性皮膚炎 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
藤澤章弘 京都大学 皮膚生命科学講座(皮膚科学分野)

概要

疾患のポイント:
  1. 鬱滞性皮膚炎とは、静脈鬱滞=静脈高血圧状態によって生じる湿疹・皮膚炎である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 鬱滞性皮膚炎では、下腿末梢側の約1/3から足関節にかけて浮腫、浮腫性硬化、紫斑、および、主にヘモジデリン沈着による褐色ないし紫褐色の色素沈着を生じ、ときに潰瘍も伴う。<図表>
  1. 臨床像から診断は容易なことが多いが、病変部の中枢側に静脈瘤を見出すと、ほぼ診断は確定である(<図表>)。静脈瘤のスクリーニングには、ドプラ聴診(<図表>)が有用である。
  1. 下肢静脈瘤に起因することが多く、一次性ないし二次性静脈瘤の検索が重要である。
  1. 鑑別すべき疾患には、皮脂欠乏性皮膚炎(<図表>)、強皮症(<図表>)、好酸球性筋膜炎、動脈性潰瘍(<図表>)、接触皮膚炎、外傷などがある。
 
原因疾患・合併疾患: >詳細情報 
  1. 一次性静脈瘤:鬱滞の原因の8割を占める。臨床から容易に鑑別に挙がることが多い。ドプラ聴診器により逆流を確認する。
  1. 二次性静脈瘤:原因としては、深部静脈血栓症(DVT)、妊娠、骨盤内腫瘍、動静脈瘻などが挙げられるため、検索する。
 
重症度・予後: >…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

鬱滞の原因検索
  1. 原因として最も頻度の高い、静脈瘤の有無について、スクリーニングを行う。<図表>
○ 鬱滞性皮膚炎を疑う場合は、スクリーニングとして1)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

鬱滞性皮膚炎診療アルゴリズム
鬱滞性皮膚炎a:初診時。b:初診から7年後、圧迫療法は継続している。
鑑別疾患:皮脂欠乏性皮膚炎
鑑別疾患:強皮症
鑑別疾患:動脈性の皮膚炎
鬱滞性皮膚炎(a)と静脈瘤(b)
CEAP分類
鬱滞性皮膚炎
鬱滞性皮膚炎
鬱滞性皮膚炎
著者校正/監修レビュー済
2016/04/01