単純疱疹 :トップ    
監修: 戸倉 新樹 浜松医科大学医学部附属病院 皮膚科
今福信一 福岡大学 医学科皮膚科学

概要

疾患のポイント:
  1. 単純疱疹は単純ヘルペスウイルス(HSV)の感染により皮膚粘膜に水疱を作るありふれた疾患で、その病態はその初感染と再発に、発症の部位からは口唇(顔面)ヘルペス、および性器ヘルペスに大別される。
  1. 性器ヘルペス :<図表>
  1. 初感染は局所の水疱、疼痛とともにリンパ節腫脹、発熱、倦怠感があり重篤感がある。
  1. 再発は小陰唇、会陰、肛囲、殿部に多く、ピリピリとした神経痛を伴いやすく、一般に軽症である。
  1. 口唇ヘルペス:<図表>
  1. 初感染は無症候または口囲の皮膚、口腔粘膜に水疱をつくる。
  1. 口唇炎、口内炎、口角炎、口囲のニキビ、など多くの疾患と誤りやすいので正確な診断をすることが大事である。
  1. 早期に診断して早期から抗ウイルス薬治療を行うのが治療のポイントである。
  1. エイズなどの免疫抑制状態の場合は一般的な症状にあてはまらない場合がある。
  1. なお、性器ヘルペスウイルス感染症は、感染症法の5類感染症に分類され、性感染症定点医療機関(産婦人科等医療機関)では、月単位で最寄りの保健所に届け出る必要がある。
 
診断: >詳細情報 
  1. 経過、現症から臨床診断は容易な場合が多い。
  1. 確認のためには検査会社で頒布しているウイルス抗原キットを用いて、実際の水疱底のHSVを同定する。水疱蓋や痂皮を除去して底部の細胞を検査するのが重要で、古い病変では陽性に出ない場合もある。
  1. 再発性のヘルペスは血液検査では確定診断は難しい。血清抗体価は高齢になるほど陽性率が高くなり、70歳以上ではほとんどすべての日本人で陽性になるので、血清抗体価が陽性である=病変がヘルペスである、という診断には至らないことに留意する。
 
原因疾患・合併疾患の評価: >詳細情報 
  1. コントロールの悪いアトピー性皮膚炎、ダリエ病、家族性慢性良性天疱瘡の患者では、しばしば皮膚表面には播種状に病変を生じる(カポジ水痘様発疹症)ので、原疾患の適切な制御が重要になる。
  1. 遷延する場合の合併疾患としてHIV感染を考える。
 
重症度・予後: >詳細情報 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

治療例
  1. 視診上明らかに水疱がある場合は、以下のいずれかの内服薬で治療をすることを考慮する。
○ 単純疱疹による水疱を認めた場合は1)2)のいずれかを用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

再発性口唇ヘルペス
口唇ヘルペス
顔面(眼囲)ヘルペス
性器ヘルペス
四肢の再発性ヘルペス
著者校正/監修レビュー済
2017/01/20