感染性心内膜炎(小児科) :トップ    
監修: 渡辺博 帝京大学医学部附属溝口病院
豊田彰史 帝京大学 小児科

概要

  1. 感染性心内膜炎の予防と治療に関するガイドライン(2017年改訂版)
の発表に伴い、現在アップデート中
 
疾患のポイント:
  1. 小児期感染性心内膜炎(IE)は非常にまれであり、基礎疾患として先天性心疾患(CHD)が多く、歯科処置、心臓外科手術を起因とすることが多い。右心系心内膜炎の頻度が高く、弁輪部感染が少ない。
  1. 小児感染性心内膜炎で認められる主要症状と頻度:<図表>
  1. 原疾患とされた先天性心疾患の診断名:<図表>
  1. 小児および成人の感染性心内膜炎における原因微生物:<図表>
 
診断: >詳細情報 
  1. 症状は発熱、胸痛、心雑音の変化などがあるが、非特異的症状を呈することが多い。胸壁心エコーが有用であるが、複雑先天性心疾患では診断が困難なことがある。加療は成人で推奨される抗菌薬投与法に準じて行う。
  1. 感染性心内膜炎(IE)のDuke臨床的診断基準:<図表>
  1. Osler結節:<図表>
  1. Janeway発疹:<図表>
  1. Roth斑(Roth’s spots):…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 小児の感染性心内膜炎の診断でも、成人で用いられるDuke臨床的診断基準が参考になる。
  1. 診断基準で最も重要な検査は、血液培養と経胸壁心エコー図である。
  1. 12時間以上の間隔をあけて、2~3回の血液培養検査を施行する。
  1. 経胸壁心エコー図により、疣腫、弁の新たな異常などを検索し、心機能を評価する。
  1. 参考) 感染性心内膜炎のDuke臨床的診断基準:<図表>
○ 小児の感染性心内膜炎を疑ったら、まず最初に血液培養と経胸壁心エコーを施行する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

感染性心内膜炎診断の流れ
感染性心内膜炎の抗菌薬治療
脳合併症を起こした場合の治療
感染性心内膜炎(IE)のDuke臨床的診断基準
Osler結節
Janeway発疹
Roth斑(Roth’s spots)
爪下線状出血とJaneway発疹
抗菌薬の選択-原因菌が判明している場合(自己弁)
抗菌薬の選択-原因菌が判明している場合(人工弁)
著者校正/監修レビュー済
2017/01/26


詳細ナビ