• 循環器 の他のコンテンツを見る

心房細動

著者: 髙橋尚彦 大分大学 医学部 循環器内科・臨床検査診断学講座

監修: 山下武志 心臓血管研究所付属病院

著者校正/監修レビュー済:2020/06/19
参考ガイドライン:
  1. 日本循環器学会/日本不整脈心電学会:2020年改訂版 不整脈薬物治療ガイドライン

個人契約のトライアルまたはお申込みで全コンテンツが閲覧可能

疾患、症状、薬剤名、検査情報から初診やフォローアップ時の治療例まで。

1,400名の専門医による経験と根拠に基づく豊富な診療情報が、今日の臨床サポート1つで確認できます。

まずは15日間無料トライアル

概要・推奨  

  1. 心房細動に関連する自覚症状の評価においてmodified EHRAスケールを使用する(推奨度2
  1. 心房細動の検出における65歳以上の高齢者における定期的な検脈および心電図検査(推奨度1
  1. 心房細動検出における潜因性脳梗塞患者への非侵襲的長時間心電図モニターまたは植込み型心電計(推奨度2
  1. 心房細動患者における心原性塞栓症のリスク評価としてCHADS2スコアを用いる(推奨度1
  1. 心房細動患者における出血性合併症のリスク評価として「注目される重大な出血関連因子-高齢(≧ 75歳)低体重(≦ 50kg腎機能障害抗血小板薬の併用管理不良な高血圧」を考慮する(推奨度1
  1. DOACを使用可能な心房細動患者の脳梗塞予防を新規に開始する際にはワルファリンよりもDOAC を用いる(推奨度1
  1. 脳梗塞既往のない一次予防でかつ比較的低リスク(たとえばCHADS2スコア2点以下)の患者に対するワルファリン療法では年齢によらずINR 1.62.6で管理する(推奨度2
  1. DOAC投与適否の判断用量設定の判断のためにCCr(アピキサバンの用量設定では血清クレアチニン体重年齢)を確認する(推奨度1
  1. 心房細動アブレーション施行時のワルファリンまたはダビガトラン継続(推奨度1
  1. 虚血性心疾患合併心房細動に対する抗血栓療法-冠動脈ステント留置患者に対する周術期の抗凝固薬とアスピリンとP2Y12受容体拮抗薬の3剤併用療法(推奨度1
  1. 冠動脈ステント留置患者に対する周術期(2週間以内)以降の抗凝固薬とP2Y12受容体拮抗薬との2剤併用療法(推奨度1
  1. 慢性期(1年以降の)の心筋梗塞患者/冠動脈ステント留置患者/CABG施行患者および冠血行再建を受けていない冠動脈疾患患者に対する抗凝固薬(エビデンスとして示されているのはリバーロキサバンのみ)の単剤投与(推奨度1
  1. 心房細動患者の抗凝固療法中の出血時の対応として早急にダビガトランの効果を是正する必要がある場合のイダルシズマブの投与(推奨度1
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

改訂のポイント:
  1. 2020年改訂版 不整脈薬物治療ガイドラインに基づき改訂を行った。

ページ上部に戻る


エルゼビアは医療の最前線にいらっしゃる
すべての医療従事者の皆様に敬意を表します。
人々の健康を守っていただき、ありがとうございます。
Thank you for serving us!