心房細動 :トップ    
監修: 山下武志 心臓血管研究所付属病院
鈴木信也 財団法人心臓血管研究所付属病院

概要

疾患のポイント:
  1. 心房細動は、上室性頻拍の1つであり、心房の無秩序で高頻度の興奮(350/分以上)と、その結果としての心房収縮機能不全を特徴とする。
  1. 心電図上の特徴は、P波の消失と不規則なQRS波である。QRS波の出現頻度は房室伝導に依存し、通常は頻拍であるが、正常心拍数~徐脈の場合もあり得る。
  1. なお、完全房室ブロック時には規則的なQRS波が認められる。また、Kent束を伴うときには、不規則で高頻度(200/分程度)のwide QRS波が認められる。
  1. 高齢化で患者数は増加し、全国の健診心電図の疫学調査によると、心房細動有病率は1%前後であり、common diseaseといえるレベルに達している。
 
診断: >詳細情報 
  1. 心房細動は、心電図でf波と、RR間隔が不規則なQRS間隔を持ったnarrow QRSとが認められることで診断となる。
  1. 発作性心房細動の場合、ホルター心電図(可能ならば携帯心電図も)を行い診断する。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 早期興奮により血行動態が不安定になっている場合や遷延する心筋虚血、狭心症、症候性低血圧、増悪する心不全を認める場合などは緊急対応として、電気的除細動、薬理学的除細動、ジゴキシン(ジゴシン)やベラパミル(ワソラン)を用いたレートコントロールなどを行う。
  1. 除細動を行う場合、心房細動が48時間以上持続する可能性がある症例では可能な限り経食道心エコーによる血栓有無を確認する。
 
原因疾患の評価: >詳細情報 
  1. 関連する病態・背景疾患として、甲状腺機能亢進症、高血圧(特に心拡大合併例)、弁膜症、洞不全症候群、WPW症候群、心不全、心筋症、などが挙げられている。心エコーやTSHの評価を行う。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 再発・慢性化について:
  1. 初発の心房細動で、一過性で自然停止した場合発症後1年以内に約半数のケースで再発する。また、自然停止しない場合で、電気的除細動で94%、洞調律に回復するとの報告があるが、その後再発する確率は高く、1年後の洞調律を保つ確…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

一般医による初期対応
  1. 動悸などのスクリーニングとして、心電図、ホルター心電図を行い心房細動の診断に至るケースが多い。最近は無症候の症例で検診の心電図で指摘されるケースも増えている。
  1. 一般医であれば、心電図で心房細動を認めた時点で循環器専門医へ取りあえずコンサルトすべきである。
○ 動悸などのスクリーニングとして1)は必ず行う。2)は循環器専門医に任せてもよい。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

心房細動の心拍数調節(薬物治療)
心房細動における抗血栓療法
心房細動の除細動
心房細動の再発予防
心房細動の心電図所見
通常型心房粗動の心電図所見
偽性心室頻拍の心電図所見
心房静止の心電図所見
塞栓症リスクスコア(CHADS2スコア)
塞栓症リスクスコア(CHADS2スコア)と脳梗塞の発症率
著者校正/監修レビュー済
2017/01/26

編集履歴:
2017年2月20日 誤植修正
修正箇所:詳細情報

 一方で、非ビタミンK阻害経口抗凝固薬を投与した際の血中濃度の推移や薬効には個人差があるのも事実であり、投与後の反応をなんらかの形で反応すべきであるとの意見が主流となりつつある。


 一方で、非ビタミンK阻害経口抗凝固薬を投与した際の血中濃度の推移や薬効には個人差があるのも事実であり、投与後の反応をなんらかの形で確認すべきであるとの意見が主流となりつつある。
 
 
編集部編集コンテンツ:
 
関連する医療事故:
  1. ワーファリンの用量には細心の注意を行う:
  1. 事例:ワーファリン(1mg)2錠 1×28 ワーファリン(0.5mg)1錠 1×28 を指示簿に記載。それを事務員がPC入力する際0,5mgを5mgと入力、患者が内服し、結果として、脳室内出血の発症となり救急病院搬送、処方量の違いに気づいた。(詳細情報ページ:医療事故情報 詳細表示
  1. 塞栓症のリスクがある場合、抗凝固薬中止前に心房内血栓の確認や代替治療を行う:
  1. 事例:腎機能障害の急激な進行を認めたため、腎生検を考慮して心房細動に対して内服していたプラザキサの中止が指示された。 翌日、腎生検は中止となったがプラザキサは再開されなかった。 2週間後、早朝にベッドから転落しているところを発見。左半身麻痺を認め、心原性脳梗塞と診断された。(詳細情報ページ:医療事故情報 詳細表示
  1. 抗不整脈薬による難治性心室細動の移行に注意:
  1. 事例:頻脈性心房細動及び血圧低下に対してサンリズムを静脈注射したところ、難治性心室細動に移行した。(詳細情報ページ:医療事故情報 詳細表示


詳細ナビ