咳・喘鳴・呼吸困難(小児科) :トップ    
監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター
川越信 医療法人社団パリアン かわごえ小児科クリニック

概要

症状のポイント:
  1. 咳・喘鳴(ぜんめい)の原因は多岐にわたる。年齢・基礎疾患の有無を考慮し、病歴の詳細な聴取により鑑別診断を行い、検査は必要最低限とする。
  1. 幅広い年齢でみられる疾患:アルゴリズム
  1. 新生児・乳児期でみられる疾患:アルゴリズム
  1. 幼児期でみられる疾患:アルゴリズム
  1. 学童・思春期でみられる疾患:アルゴリズム
 
緊急時対応: >詳細情報 
  1. 喘鳴・呼吸困難時には治療が優先される場合がある。
  1. 呼吸器疾患(喘息大発作、喉頭蓋炎、気胸、異物誤嚥など)、呼吸器疾患以外(心不全、代謝性疾患、敗血症、神経疾患など)には緊急対応が必要になることがある。また、新生児期にはRSウイルス感染症・百日咳にも注意を要する。それぞれ診断・症状に従い治療する。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 先天性疾患が疑われる場合、治療に難渋する場合は専門医への紹介が必要なこともある。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. チアノーゼがある場合は、酸素投与を行う。
  1. 呼気性喘鳴を認める場合は、気管支拡張薬の吸入を行い治療への反応をみてもよい。
 
診断へのアプローチ:(診察: >詳細情報 )
  1. 呼吸器疾患以外の原因で症状を呈することを念頭に置きながら診療にあたる。
  1. 診察室に入ってくる様子、呼吸様式など視診により緊急性の有無を判断する。乳幼児では自覚症状を訴えることができないため、他覚的所見(多呼吸・陥没呼吸・呻吟など)に注意し重症度を評価する。
  1. 急性咳嗽の原因としては感染症が多いため、感染流行状況を確認する。 エビデンス 
  1. 特徴的な咳嗽がないか、実際の咳を聴くことが大切である。
  1. 特徴的な咳:<図表>
  1. 特異的咳嗽の指標:<図表>
  1. 異物誤飲のエピソードがないか確認する。 エビデンス 
  1. 喘鳴を認める場合は、吸気性か呼気性かを判断する。また、夜間咳嗽があるかを問診することは大切である。 エビデンス 
  1. 陥没呼吸を伴う重症のクループでは、咽頭への刺激により呼吸状態の悪化を招くことがあり、無理な咽頭診察を行わない。
  1. 小児慢性咳嗽の代表的疾患とフローチャート:アルゴリズム
  1. 吸気性喘鳴のフローチャート:アルゴリズム
  1. 呼気性喘鳴のフローチャート:アルゴリズム
  1. 呼吸困難のフローチャート:アルゴリズム
  1. 上気道閉塞のフローチャート:アルゴリズム
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: 鑑別疾患 )
  1. 下記の疾患が頻度高い疾患、重篤な疾患、まれな治療可能な疾患である。
  1. 頻度の高い疾患: >詳細情報 
  1. 上気道炎、気管支炎、気管支喘息
  1. 重篤な疾患: >詳細情報 
  1. 気管支喘息大発作、クループ症候群、細気管支炎、百日咳
  1. まれな治療可能疾患: >詳細情報 
  1. 気道異物、結核、心不全、縦隔腫瘍、急性喉頭蓋炎

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

小児の喘鳴の対応例
  1. 喘鳴が吸気性か呼気性か、発症が急性か慢性かを判断する。
  1. 多呼吸、陥没呼吸、チアノーゼがあれば治療が優先される。
  1. 急性発症では、吸気性ではクループ、呼気性では喘息が多い。
○ クループでは3)、喘息では4)の吸入を行う。
1)
酸素飽和度(酸素飽和度の低下が考えられる症例)
2)
酸素投与
3)
ボスミン外用液[0.1%] 0.3mg 吸入 [小児用量記載無/㊜気管支喘息](編集部注:適用評価日/2015年11月)
薬剤情報を見る
薬理情報 喘息・COPD治療薬 >カテコラミン
同効薬一覧
要注意情報
腎可 肝可 不明 乳可 児量無
4)
メプチン吸入液[0.01%] 10~30μg(0.1~0.3mL)吸入 [小児用量内/㊜気管支喘息]
薬剤情報を見る
薬理情報 喘息・COPD治療薬 >吸入β刺激薬
同効薬一覧
要注意情報
腎可 肝可 不明 不明 児量[有]

小児の呼吸困難の対応例
  1. 多呼吸、陥没呼吸、チアノーゼの有無を確認する。
  1. 呼吸器疾患以外の可能性がないかも検討する。
○ 呼吸困難を認める場合、治療が優先される場合がある。
1)
酸素飽和度(酸素飽和度の低下が考えられる症例)
2)
酸素投与
3)
血液ガス
4)
胸部X線写真 正面・側面

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

小児慢性咳嗽の代表的疾患とフローチャート
吸気性喘鳴のフローチャート
呼気性喘鳴のフローチャート
呼吸困難のフローチャート
上気道閉塞のフローチャート
幅広い年齢でみられる疾患
新生児・乳児期でみられる疾患
幼児期でみられる疾患
学童・思春期でみられる疾患
喘鳴の鑑別疾患
著者校正/監修レビュー済
2017/02/28


詳細ナビ