単純ヘルペスウイルス1型感染症 :トップ    
監修: 山本舜悟 京都大学医学部附属病院 臨床研究教育・研修部
忽那賢志 国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター

概要

疾患のポイント:
  1. 口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルス(HSV)、特に1型(HSV-1)による口唇の感染症である。
  1. 初感染時には歯肉口内炎、咽頭炎で発症することが多く、再燃時には口唇ヘルペスを呈することが多い。
  1. 紫外線は口唇ヘルペスの再燃の誘因となるが、日焼け止めクリームを口唇に塗ることによって口唇ヘルペスの再燃を予防する効果がある。 エビデンス 
 
診断: >詳細情報 
  1. 大半の症例は病歴と身体所見のみで診断する。口唇周囲の皮膚粘膜病変として現れ、集簇する疼痛を伴う水疱病変を呈する。
  1. 初感染、再燃ともに臨床症状が非典型的である場合、中枢神経系の症状を呈する場合、免疫不全がある場合などには臨床検査(ウイルス培養、PCR、特異抗原検査)で診断を行う。わが国で保険適用内で実施できる臨床検査としては特異抗原検査がある。
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 単純ヘルペスの重症度は主に、初感染か再燃か、患者の免疫状態、感染部位によって規定される。また、歯肉口内炎・咽頭炎のため摂食できない状況では、脱水の評価が必要である。
 
治療: >詳細情報 
  1. 治療アルゴリズム:
  1. ヘルペス歯肉口内炎・咽頭炎(初感染時)治療のアルゴリズム:アルゴリズム
  1. 口唇ヘルペス(再発時)治療のアルゴリズム:

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

口唇ヘルペス発症時の治療薬
  1. 抗ウイルス薬は、症状出現から72時間以内(可能であれば前駆症状が出現してからすぐ)に投与を開始することが望ましい。
○ 服薬コンプライアンスから、2)を選択することが多いが、症状が軽微であれば、3)でもよい

追加情報ページへのリンク

  • 単純ヘルペスウイルス1型感染症に関する詳細情報
  • 単純ヘルペスウイルス1型感染症に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 単純ヘルペスウイルス1型感染症に関するエビデンス・解説 (14件)
  • 単純ヘルペスウイルス1型感染症に関する画像 (4件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

ヘルペス歯肉口内炎・咽頭炎(初感染時)治療のアルゴリズム
口唇ヘルペス(再発時)治療のアルゴリズム
口唇ヘルペスの口唇所見
ヘルペス初感染による歯肉口内炎
著者校正/監修レビュー済
2017/03/31


詳細ナビ