肺非結核性抗酸菌症 :トップ    
監修: 藤田次郎 琉球大学医学部
長谷川直樹 慶應大学医学部 感染制御センター

概要

疾患のポイント:
  1. 環境常在菌である非結核性抗酸菌による呼吸器感染症で、症状の有無は問わず、特徴的な画像所見(多くは胸部CT)および喀痰から複数回の培養検出(気管支洗浄液、肺組織からの培養は1回)にて診断する。
  1. ヒトからヒトに感染しない。
  1. 肺非結核性抗酸菌症と診断しても必ずしも治療を要しない。
  1. 診断されても年齢、空洞病変の有無、進行速度、全身状態などを総合して治療を開始する。
 
診断: >詳細情報 
  1. 肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)の診断には2007年に米国胸部学会/米国感染症学会が発表したガイドラインをもとに、2008年に日本呼吸器学会/日本結核病学会が定めた基準が用いられている。本疾患を示唆する画像所見に加え、喀痰などの呼吸器系検体にて複数回培養にて菌を検出することがポイントである。
  1. 肺非結核性抗酸菌症 診断のアルゴリズム:アルゴリズム
  1. 喀痰を採取できない場合には高調食塩水(3%)の吸入による誘発喀痰を採取する。
  1. 肺NTM症の診断基準
  1. 下記臨床的基準と細菌学的基準をともに満たす場合に肺NTM症と診断する。
  1. 臨床的基準(以下の2項目を満たす)
  1. 肺部画像所見(HRCTを含む)で、結節性陰影、小結節性陰影や分岐状陰影の散布、均等性陰影、空洞性陰影、気管支または細気管支拡張所見のいずれか(複数可)を示す。ただし、先行肺疾患による陰影がすでにある場合にはこの限りではない。
  1. 他の疾患を除外できる。
  1. 細菌学的基準(菌種の区別なく、以下のいずれか1項目を満たす)
  1. 2回以上の異なった喀痰検体での培養陽性(間隔を問わない)。
  1. 1回以上の気管支洗浄液での培養陽性。
  1. 経気管支肺生検または肺生検組織の場合には、抗酸菌症に合致する組織学的所見と同時に組織、または気管支洗浄液、または喀痰での1回以上の培養陽性。
  1. まれな菌種や環境から高頻度に分離される菌種の場合には、検体種類を問わず2回以上の培養陽性と菌種同定検査を原則とし、専門家の見解を必要とする。
  1. 胃液を用いた抗酸菌検査の診断的意義は不明である。
 
重症度・予後: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

肺非結核性抗酸菌症 診断のアルゴリズム
著者校正/監修レビュー済
2017/09/29


詳細ナビ