下腹痛(産婦人科) :トップ    
監修: 小西郁生 独立行政法人国立病院機構 京都医療センター
百枝幹雄 聖路加国際病院 女性総合診療部

概要

症状のポイント:
  1. 下腹痛の原因疾患は多岐にわたる。産婦人科疾患以外に、消化器系、泌尿器系、血管系疾患が主な鑑別疾患となる。

緊急時の対応: >詳細情報 
  1. 汎発性腹膜炎、敗血症、DICに進展する可能性のある感染症に対しては抗生物質投与、また出血性ショックに進展する可能性のある腹腔内出血に対しては輸血を開始しつつ、必要に応じて緊急手術を行う。
  1. また、胎児の生存にかかわる場合(切迫流早産、胎盤早期剥離、子宮破裂)、大量出血の可能性のある場合(異所性妊娠、卵巣出血)、感染が重症化する可能性のある場合(骨盤内感染症)、卵巣機能廃絶の恐れがある場合(卵巣嚢胞の茎捻転)には緊急入院を考慮する。

症状治療、診断的治療: >詳細情報 
  1. 下腹痛の症状治療としては非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAIDs)を用い、強い疼痛にはペンタゾシンなどの弱オピオイド性鎮痛薬、月経困難症に対してはブチルスコポラミンなどの鎮痙薬が有効な場合がある。

入院の決定: >詳細情報 
  1. それ以外は外来で精査を行う上で、必要に応じて入院を考慮する。
 
専門医に紹介の決定: >詳細情報 
  1. 疾患に基づき、それぞれの専門医に紹介する。

診断へのアプローチ:(診察  >詳細情報 ・鑑別疾患  鑑別疾患  ・アルゴリズムアルゴリズム)
  1. 女性の下腹痛を診断するうえで重要な点は、まず妊娠関連疾患を鑑別することである。
  1. 婦人科疾患に伴う下腹痛であれば、まず、問診、内診、超音波検査で診断できることが多く、必要に応じて、血液検査、細菌培養検査、細胞診、CT・MRI検査を行う。
 
鑑別疾患:(鑑別疾患のリスト: …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 月経を有する女性では、まず問診、尿妊娠検査により妊娠を診断する。
  1. 急性腹症に対しては、腹部単純X線検査、緊急CT・MRI検査などにより、まず消化器系、泌尿器系、血管系、代謝性、神経性疾患の鑑別を行う。
  1. 婦人科疾患による下腹痛の診断では経腟超音波検査を用いるが、性交未経験の場合でも経直腸超音波検査により経腟超音波検査と同等の情報が得られる。
  1. 出血、感染、腫瘍など器質的疾患が疑われる場合には血液検査を行う。
  1. 感染が疑われる場合には治療開始前に腟分泌物や頸管粘液の細菌培養検査とクラミジア検査を行う。
○ 下腹痛を訴える患者で10)を行う。急性腹症を疑う場合は11)を考慮する。感染を疑う患者では1)-4)を考慮する。子宮癌を疑う患者では5)-9)を、卵巣癌では6)-9)、子宮内膜症では7)を考慮する。卵巣腫瘍、子宮腫瘍を認めた場合は12)を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

下腹痛の診断
著者校正/監修レビュー済
2017/01/26