アレルギー性鼻炎 :トップ    
監修: 森山寛 東京慈恵会医科大学附属病院
藤枝重治 福井大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

概要

疾患のポイント:
  1. アレルギー性鼻炎とは、抗原に対するくしゃみ、鼻汁、鼻閉、鼻・目の痒みを示す反応である。
  1. わが国においてアレルギー性鼻炎は、通年性と季節性に分類される。
  1. 通年性は、ダニ、ペット、ゴキブリなど1年中存在する抗原に対する症状と定義される。特に小児で発症し、いつも鼻がぐずぐずしている。鼻がつまっている。いびきをかく。いつも口が開いている。掃除をしたり、埃っぽいところにいたりすると症状が出現する。
  1. 季節性は、スギを代表とする花粉抗原に対する季節限定の症状と定義される。花粉飛散期は、スギ(2月~4月)、ハンノキ(1月~4月)、ヒノキ(4月~5月)、イネ科(カモガヤ)(5月~6月)、ブタクサ(8月~10月)である。その他、北海道・東北・信州では、シラカンバ(4月~6月)、和歌山ではウメ(2月~3月)、六甲山周辺ではオオバヤシャブシ(1月~4月)、瀬戸内海・小豆島ではオリーブ(5月~6月)、長崎ではカラムシ(9月)などがある。
 
診断: >詳細情報 
  1. 診断はアルゴリズムに沿って行う。下記の診察、検査を行う。
  1. アレルギー性鼻炎診断の流れ:アルゴリズム
  1. どのようなときに症状が出現するかを聞き出すことが大切である。
  1. 鼻内所見(蒼白、腫脹した下鼻甲介粘膜、水様性鼻汁(通年性)
  1. 発赤し、ときに出血点を認める下鼻甲介粘膜と水様性鼻汁
  1. 血清中抗原特異的IgEの測定:スコア2以上を陽性とする。
  1. 通年性:ヤケヒョウダニ、コナヒョウダニ、ハウスダスト、ゴキブリ、ネコ上皮、イヌ上皮
  1. 季節性:スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、カビ一般、シラカンバ、ハンノキ
  1. 鼻汁中好酸球の測定:通年性は陽性、季節性アレルギー性鼻炎の季節外は陰性である。
  1. 急性・慢性鼻副鼻腔炎、急性鼻炎、血管運動性鼻炎(本態性鼻炎)、老人性鼻炎、腫瘍との鑑別が重要である。 >詳細情報 
  1. いずれかの項目の血清中抗原特異的IgEが陽性で、1~2週間以上の鼻症状を認めれば、アレルギー性鼻炎と一般的に診断できる。
  1. 関連画像:
  1. アレルギー性鼻炎の問診内容:<図表>…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時
  1. アレルギー性鼻炎を起こしている原因物質をみつける。
下記3)~9)のいずれか1つの処方を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アレルギー性鼻炎診断の流れ
アレルギー性鼻炎の問診内容
鼻汁中好酸球検査
アレルギー性鼻炎の重症度分類(鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版)
アレルギー性鼻炎の重症度分類別治療方針(鼻アレルギー診療ガイドライン2016年版)
レーザー治療
粘膜下下甲介骨切除術
鑑別疾患表
アレルギー性鼻炎検査の程度判定
アレルギー性鼻炎の治療
著者校正/監修レビュー済
2017/09/29


詳細ナビ