口内炎(舌炎、アフタなど) :トップ    
監修: 近津大地 東京医科大学
引地尚子 公立大学法人九州歯科大学歯学部口腔保健学科学際教育推進ユニット

概要

ポイント:
  1. 口内炎は、口腔粘膜に生じる炎症の総称である。口唇、舌、歯肉などの部位に限局して炎症が生じた場合は、各々口唇炎、舌炎、歯肉炎などの部位名で称される。
 
口内炎の鑑別:
  1. 口内炎は、アフタ性口内炎、カタル性口内炎、潰瘍性口内炎、壊疽性口内炎、疱疹性口内炎、ニコチン性口内炎、放射性口内炎、抗がん剤による口内炎、感染による口内炎などを含む。口腔粘膜病変のなかにも、口腔扁平苔癬、天疱瘡、多形滲出紅班など炎症を伴うものがある。
  1. ただし、口内炎のなかでアフタ性口内炎の頻度が高く、通常口内炎というとアフタ性口内炎を想起することが多い。
  1. よって、口内炎は、下記のアルゴリズムに沿って評価をするとよい。
  1. 口腔粘膜の病変と口内炎(アフタ性口内炎、舌炎など)の関係図式:アルゴリズム
  1. アフタ性口内炎を中心とする診断手順:アルゴリズム
  1. なお、以下の場合は、アフタ性口内炎以外の口内炎を想起する。
  1. 小偽膜性潰瘍でない潰瘍を認める場合
  1. 口内炎で紅暈(周囲紅斑)以外の紅斑を伴う場合
  1. 潰瘍のない口内炎で水疱・びらんを伴う場合
  1. 病変が常に口唇に限局している場合
  1. 唾液量が少ない場合
  1. 「アフタ性口内炎」および「舌炎」以外の炎症を伴う口腔粘膜病変: 解説 
  1. アフタ性口内炎以外の口内炎の評価:
  1. 小偽膜性潰瘍でない潰瘍の評価:
  1. 小偽膜性潰瘍でない潰瘍は、壊死性潰瘍性口内炎、癌性潰瘍(参照: 舌癌 )、褥瘡性潰瘍、特異性炎による潰瘍(結核、梅毒)、ベドナーアフタ、リガフェーデ病などを想起する。 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

アフタ性口内炎の治療例
  1. 視診で明らかなときは、通常検査は行わない。
  1. ステロイドの局所投与塗布などを行う。
  1. ベーチェット病やPFAPA症候群などのようにほかの随伴症状がある場合は、その診断は他科に依頼する。口腔に対しては、ステロイドの局所投与を行う。
○ 原因とな得る外傷要因・生活習慣を取り除いたうえで、対症療法として下記を適宜用いる。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

アフタ性口内炎を中心とする診断手順
口腔粘膜の病変と口内炎(アフタ性口内炎、舌炎など)の関係図式
小アフタ型のアフタ性口内炎
アフタ性口内炎(小アフタ型、大アフタ型、疱疹状潰瘍型)
アフタ性口内炎
壊死性潰瘍性口内炎
(炎症を伴う)萎縮性口腔カンジダ症
地図状舌
正中菱形舌炎
著者校正/監修レビュー済
2016/12/28


詳細ナビ