鎖骨骨折 :トップ    
監修: 落合直之 キッコーマン総合病院外科系センター
小林 誠 松下 隆 帝京大学 整形外科学教室

概要

疾患のポイント:
  1. 鎖骨骨折とは、当然ながら鎖骨が折れている状態である。
 
診断: >詳細情報 
  1. 鎖骨2方向の単純X線で診断できる。
 
重症度・予後評価: >詳細情報 
  1. 総じて鎖骨骨折は非手術的治療の成績がよい骨折である。
  1. 感染や偽関節など、手術的治療の合併症頻度は報告によりさまざまであるが、所詮は術者の技量に依存する。
 
治療: >詳細情報 
  1. 治療のまとめ:
  1. 転位の大きさ、患者の背景を突き合わせて、非手術治療か手術治療かを選択する。転位の大きいもの、粉砕のあるもの、骨片の皮下突出がある場合、皮膚破綻寸前の場合、多発骨折症例、早期の治療が望ましい場合は相対的手術適応である。また、開放骨折、合併した血管損傷を外科的に修復する場合、転位のある肩甲骨頚部骨折は手術の絶対的適応としてよい。
  1. 鎖骨中1/3の骨折では、2cmを超える転位や短縮があると偽関節の頻度が増すといわれている。鎖骨遠位端骨折で転位のあるものは放置すると偽関節となることが多い。ただし鎖骨骨折が偽関節になったからといって、困る症状が出るとは限らない。
  1. 保存治療:
  1. 三角巾もしくは鎖骨バンドによる外固定を行う。また、痛みに応じて、日常生活動作のため患肢を使用することを許可する。
  1. X線で「まだ骨がついていないから」と患肢の使用を制限すると、肩拘縮が起きて機能が悪くなることが多い。「万が一、癒合しなくても困らない。癒合しないことを恐れて肩を動かさずにいると肩拘縮が起きて、そのほうがよっぽど困る」という姿勢でのぞむのがよい。
  1. 手術療法:
  1. プレート固定、ワイヤ固定などがある。特に高齢者の鎖骨遠位端骨折では、内固定材の逸脱や骨折の再転位といった手術合併症がまれでない。
  1. 鎖骨中1/3の骨折の初期転位と手術適応: 解説 
  1. 鎖骨中1/3の骨折に対する手術法: 解説 
  1. 鎖骨遠位端骨折の分類と手術適応: 解説 
  1. 鎖骨遠位端骨折に対する手術法: 解説 
 
臨床のポイント:
  1. 鎖骨単独皮下骨折の治療は患者と相談のうえ、保存療法か観血療法かを決める。

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断、保存療法例
  1. すべての患者で単純X線(鎖骨2方向)を撮影する。
  1. 三角巾(つけても外しても痛みに差がなくなるまで装着。通常2週間以内に不要となる)。
  1. 中1/3の骨折で固定期間に患肢を使用したい場合は鎖骨バンドを用いる(遠位端骨折の場合、鎖骨バンドはあまり役に立たない)。
  1. 当初から外固定を除去しての入浴を許可する。
○ 皮下骨折は見た目の変形を気にしなければ保存療法を第1選択とする。
1)
単純X線(鎖骨2方向)
2)
三角巾または鎖骨バンドによる外固定

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

鎖骨骨折のアルゴリズム
中1/3の鎖骨骨折
鎖骨中1/3の骨折:髄内固定
鎖骨中1/3の骨折:プレート固定
鎖骨骨折のリハビリテーション
中1/3の鎖骨骨折
鎖骨遠位端骨折:ワイヤ固定
著者校正/監修レビュー済
2016/04/22


詳細ナビ