原発性脊椎腫瘍 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
播广谷勝三 九州大学 整形外科

概要

疾患のポイント:
  1. 脊椎に原発する骨腫瘍や腫瘍類似疾患はまれであり、多くは癌の脊椎転移である。良性腫瘍では血管腫が多いがそのほとんどが無症候性である。他に、骨巨細胞腫( 症例 )、骨軟骨腫、類骨骨腫などが比較的多い。悪性腫瘍では、骨破壊に伴う疼痛、神経組織の圧迫に伴う神経症状(疼痛やしびれ、知覚障害、運動障害など)を訴える。
  1. 脊椎血管腫(第1腰椎):<図表>
  1. 骨軟骨腫(第9胸椎、棘突起):<図表>
  1. 類骨骨腫(第2胸椎):<図表>
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. CT、MRIなど各種画像検査により病変の局在や広がりを確認する。転移性脊椎腫瘍、化膿性脊椎炎・椎間板炎、脊椎圧迫骨折との鑑別を行う。
  1. 生検(X線透視下(<図表>)やCTガイド下針生検、切開生検を行って病理組織診断を確定する。
  1. 椎体針生検:<図表>
  1. CTガイド下針生検:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. 単純X線(2方向以上)を行う。腫瘍性病変、骨破壊の有無や様式を確認する( 解説 )。溶骨性病変であるか骨形成性病変であるかも確認する。
  1. 中高年以降で転移性脊椎腫瘍も疑われる場合には、胸部X線で肺癌の有無を確認する。
  1. MRI(可能であれば造影MRI)で椎体外病変を含めた病巣の広がり、脊髄や馬尾の圧迫の有無を確認する。
  1. CTで骨破壊の有無や程度を確認する。
  1. 骨シンチグラフィやFDG-PETで他の病変の有無について確認する。
○ 本症の診断では単純X線撮影は必須である。脊椎腫瘍を疑うすべての症例で2)、3)を行う。骨破壊の程度を知るには4)を行う。5)、6)は必要に応じて行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

脊椎腫瘍診断のアルゴリズム
椎骨の解剖(第2腰椎)
原発性脊椎腫瘍の外科的分類(SCST)
Weinstein, Boriani, Biagini(WBB) system
脊椎血管腫(第1腰椎)
骨軟骨腫(第9胸椎、棘突起)
類骨骨腫(第2胸椎)
骨肉腫(第5腰椎)
悪性線維性組織球種(第8胸椎)
Ewing肉腫(仙骨)
著者校正/監修レビュー済
2016/06/30


  • 腫瘍 の他のコンテンツを見る
  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ