大腿骨頭すべり症 :トップ    
監修: 酒井昭典 産業医科大学 整形外科学教室
森田光明 亀ヶ谷真琴 千葉こどもとおとなの整形外科

概要

疾患のポイント:
  1. 成長期において、大腿骨近位骨端線(成長軟骨帯)で骨端部と骨幹端部との間ですべりが生じる疾患である。
  1. 慢性的にわずかな跛行を呈する例から(安定型・慢性型)、急激に発症し歩行不能となる(不安定型・急性型)こともあり、疼痛も股関節だけでなく大腿部や膝関節痛を訴えることも多い。 解説 
  1. 何らかのホルモン異常が原因になっていると推測されているが、実際に明らかな内分泌疾患や数値の異常を認める例は少ない。
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 身体所見では、股関節可動域を確認し、内旋制限とDrehmann徴候を認める。<図表>
  1. 単純X線は必ず両側の股関節を2方向で撮影し、わずかなすべりも見逃さないようにする。単純X線ですべりの有無を診断する。健側との比較のため必ず両側で正面像と側面像の2方向撮影をする。正面像では骨端線の拡大や不整像、すべりが進行するにつれ骨端部の高さが減少し、骨端が内下方へずれる、内反股のようにみえる。頚部の上方に引いた接線(Klein線)は正常では骨端を通過するが、すべり症では通らない(Trethowan’s sign)。<図表>
  1. pre-slipで単純X線でもはっきりしない場合、MRIを撮影する。
  1. Drehmann徴候:<図表>
  1. 単純X線像(左大腿骨頭すべり症、軽度):<図表>
  1. 単純X線像(右大腿骨頭すべり症、重度):…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための評価例
  1. すべての患者で股関節の可動性、特に屈曲させDrehmann徴候の有無をみる。
  1. 単純X線撮影は必ず、両股関節2方向撮影を行う。
  1. 原則的に手術適応であり、できる限り早く入院してもらう。
○ 1)の単純X線は正面とともに側方向が必須である。必要に応じて2)、3)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

大腿骨頭すべり症の診断と治療の流れ
Drehmann徴候
Trethowan’s sign
3D-CT像
大腿骨頭すべり症MRI像
大腿骨頭すべり症にともなう大腿骨頭壊死の単純X線像
大腿骨頭すべり症に対するin situ fixation 例
大腿骨頭すべり症に対する大腿骨転子間骨切り術症例
単純X線像(左大腿骨頭すべり症、軽度)
左大腿骨頭すべり症 中等度すべり
著者校正/監修レビュー済
2016/06/30


  • 整形 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ