角膜炎 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
松本光希 くまもと森都総合病院 眼科

概要

問診・診察のポイント: >詳細情報 
  1. 角膜炎とは、炎症の主座が角膜にある病態であり、感染性と非感染性に分けられる。隣接する結膜充血に加えて毛様充血を伴うことが多い。
  1. 非感染性では、化学物質や熱などによる外傷、外来抗原に対するアレルギー反応、自己免疫疾患としての角膜炎が挙げられる。化学熱傷(<図表>)、フリクテン性角膜炎(<図表>)、カタル性角膜炎(<図表>)、モーレン潰瘍(蚕食性角膜潰瘍)(<図表>)、関節リウマチなどの膠原病に伴う周辺部角膜潰瘍(<図表>)などがある。
  1. 感染性では、緑膿菌などの細菌(<図表><図表><図表><図表><図表>)、単純ヘルペスウイルスなどのウイルス(<図表>)、フザリウムなどの真菌(…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断のための検査例
  1. 問診、診察所見により鑑別疾患を絞り込む。感染性と非感染性に分けられる。
  1. 鑑別疾患により下記の検査を考慮する。
  1. 診断に基づき、治療を考慮する。 <オーダーセット> 
○ 感染性角膜炎で細菌性、真菌性やアカントアメーバ性が疑われる場合、まず1)の角膜擦過、塗抹鏡検・培養検査を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

感染性角膜炎を主体とした上皮病変のフローチャート
感染性角膜炎を主体とした実質病変のフローチャート
Aspergillus sp.(グラム染色)
C. albicans(グラム染色)
Fusarium sp.(パーカー・KOH染色)
Moraxella catarrhalis角膜潰瘍
関節リウマチ関連角膜潰瘍
アカントアメーバ・シスト(パーカー・KOH染色)
アカントアメーバ角膜炎
アメーバシスト(グラム染色)
著者校正/監修レビュー済
2016/08/19


  • 眼科 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ