続発緑内障 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
岩尾圭一郎1) 稲谷 大2) 1)健軍桜木眼科 2)福井大学医学部眼科学教室

概要

疾患のポイント:
  1. 続発緑内障とは、他の眼疾患、全身疾患あるいは薬物使用が原因となって眼圧上昇が生じる緑内障である。
  1. 現在の緑内障ガイドラインでは、緑内障診断は緑内障性視神経症(GON)を有する症例で定義されているが、本症の一部では、GONによる視神経の形態変化や視野変化の評価が困難なものが含まれ、従来どおり続発性の眼圧上昇を有する症例を含めるものとなっている。しかしながら、一部の文献ではGONを伴っていない場合に高眼圧症として扱っているものもある。
  1. 眼圧上昇の機序により、続発開放隅角緑内障(線維柱帯~前房・線維柱帯・Schlemm管より後方に房水流出抵抗の主座が存在するもの)、続発閉塞隅角緑内障(瞳孔ブロック、虹彩-水晶体の前方移動による直接隅角閉塞、水晶体より後方に存在する組織の前方移動、周辺前癒着によるもの)に大別される。
  1. 続発緑内障の分類:<図表>
 
診断:アルゴリズム >詳細情報 
  1. 眼圧測定、細隙灯顕微鏡検査、隅角検査、眼底検査、視野検査を行う。
  1.  ベーチェット病 や サルコイドーシス といった全身の炎症性疾患に伴うぶどう膜炎による続発緑内障が疑われる場合、それぞれの疾患の診断基準を基に診断を行う。
  1. 原発緑内障・小児緑内障との鑑別を行う。また、頭蓋内病変でも視野障害を自覚することがあるので、鑑別診断の必要があることがある。アルゴリズム >詳細情報 
 
重症度・予後: >詳細情報 
  1. 続発緑内障の重症度は、緑内障性視神経乳頭変化および視野変化の程度、原因疾患治療時および治療後の眼圧による。
  1. 緑内障性視野変化の程度分類の表(…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時検査例
  1. 眼圧測定、細隙灯顕微鏡検査、隅角検査、眼底検査、視野検査を行う。
○ 続発緑内障を疑った場合、通常ルーチンとして下記の検査を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

初期診療・治療の流れ
続発緑内障の分類
緑内障性視野異常の程度分類
瞳孔縁にみられる新生血管
ぶどう膜炎続発緑内障
瞳孔縁にみられる落屑
著者校正済:2018/08/23
現在監修レビュー中

改訂のポイント:
  1. 緑内障診療ガイドライン第 4 版
に基づき、確認および改訂を行った。


  • 眼科 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ