熱射病、日射病、熱中症 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
千葉拓世 University of Massachusetts, Emergency Medicine

概要

疾患のポイント:
  1. 熱中症とは、暑熱環境下にて身体適応の障害によっておこる状態の総称である。熱中症(heat-related illness)には、熱射病(heatstroke)、熱疲労(heat exhaustion)、熱けいれん、熱失神、熱テタニーなど多くの分類がある。
  1. また、発熱の原因により古典的熱射病と運動性熱射病に分類される。古典的熱射病は、高齢者が数日かけて熱波などにやられてじわじわと高体温になる病態であり、運動性熱射病は若年者が運動時に短時間で熱射病になる病態である。日本救急医学会のガイドラインでは熱中症を軽度のI度から重症のIII度まで分けている。
  1. 熱中症の分類:<図表>
  1. 熱中症の診断基準(日本救急医学会):<図表>
 
診断:アルゴリズム  >詳細情報 
  1. ポイント:
  1. 熱射病の診断は病歴による。必要に応じて、髄膜炎などの他の鑑別疾患の検査を行う。熱中症の鑑別として、感染の合併、甲状腺機能亢進症、悪性症候群、セロトニン症候群なども考慮する。
  1. 評価:
  1. 熱射病の評価には、意識障害の有無と体温が40℃以上(直腸温か食道温測定)であるかどうかが熱射病診断の鍵となる。それらの評価を下記の熱中症の分類に当てはめ、また鑑別疾患を除外することで診断する。
  1. 熱射病では40℃以上の体温になることが多く、中枢神経障害を伴う。
  1. 熱疲労は、中枢神経障害はないものの、倦怠感、頭痛、嘔吐などの症状で来院し、横紋筋融解症や高K血症などの重篤な症状を伴うことがある。
  1. なお、腋窩温や口腔温は正確な深部体温を反映せず、直腸温および食道温の評価の代替とはならない。また来院時にはすでに体温が低下していることもあるので体温測定には注意を要する。 エビデンス 
  1. 熱中症の分類:…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

熱中症の程度を評価する例
  1. 熱疲労か熱射病かは体温および意識障害の有無で評価される。
○ 意識障害があれば熱射病であり、直腸温を含め早期にバイタルサインを確認する。

追加情報ページへのリンク

  • 熱射病、日射病、熱中症に関する詳細情報
  • 熱射病、日射病、熱中症に関する評価・治療例(詳細) (1件)
  • 熱射病、日射病、熱中症に関するエビデンス・解説 (9件)
  • 熱射病、日射病、熱中症に関する画像 (5件)
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

熱中症アルゴリズム
熱関連疾患の危険因子
熱関連疾患の原因となる薬剤および物質
熱中症の分類
著者校正/監修レビュー済
2017/04/27


詳細ナビ