急性運動失調 :トップ    
監修: 永山正雄 国際医療福祉大学大学院医学研究科 神経内科学
瀧山嘉久 山梨大学大学院総合研究部 医学域 神経内科学講座

概要

症状のポイント:
  1. 急性運動失調とは、急性に起こる協調運動障害を指す。身体がふらふらする、ふわふわする、まっすぐ歩けない、身体がゆれる、ものがゆれて見える、字がうまく書けない、手足が思うように動かない、呂律がまわらない、めまいがする。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 急性運動失調を主訴とする疾患は、緊急の対応が必要なものが多い。それぞれの診断、症状に従い治療する。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 急性運動失調は原因が多岐にわたるので、基本的に専門医に相談する必要がある。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 ・運動失調症の診わけかたアルゴリズム:アルゴリズム
  1. 原因疾患は多岐にわたる。
  1. 運動失調は障害部位により、小脳性、脊髄性、前庭性、大脳性に分けられる(アルゴリズム)。神経学的所見から小脳、脊髄、前庭、大脳のどこが障害されているかを考え、病歴と検査所見から診断を行う。
  1. 小脳性運動失調では、小脳炎、脳幹脳炎(ビッカースタッフ型を含む)、感染後脳症、ウェルニッケ脳症、橋本脳症、HIV感染症、フィッシャー症候群( ギラン・バレー症候群 )、多発性硬化症、抗アクアポリン4抗体関連疾患、急性散在性脳脊髄炎、周期性失調症、傍腫瘍性神経症候群、脳血管障害、アルコールや抗てんかん薬( てんかん )など薬剤による中毒、Superficial siderosisなどが鑑別疾患となる。なお、小児の急性小脳性運動失調症は、水痘、ムンプス、ポリオなどの感染症に引き続いて起こることが多い。 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

初診時の病歴聴取
  1. 病歴を詳細に聴取することは鑑別診断に役立つ。
○ 以下のすべてについて聴取する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

運動失調症の診わけかた
小脳梗塞(急性期)の頭部MRI(拡散強調像、水平断)
小脳梗塞(急性期)の頭部MRI(T2強調像、水平断)
多発性硬化症の頭部MRI(T2強調像、水平断)
急性散在性脳脊髄炎(ADEM)の頭部MRI(T2強調像、水平断)
抗アクアポリン4抗体関連疾患の頭部MRI(T2強調像、水平断)
髄液中オリゴクローナルバンド
著者校正/監修レビュー済
2016/11/30


  • 神経 の他のコンテンツを見る
  • 神経 の他のコンテンツを見る
  • 症状所見 の他のコンテンツを見る
詳細ナビ