慢性咳嗽 :トップ    
監修: 山中克郎 諏訪中央病院
竹内元規 藤田保健衛生大学病院 救急・総合内科

概要

症状のポイント: >詳細情報 
  1. 慢性咳嗽とは、8週間以上継続する咳嗽を指す。3週間以上8週間未満の咳嗽持続を遷延性(亜急性)咳嗽と呼ぶ。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. うっ血性心不全の増悪、 COPD・間質性肺炎の急性増悪、結核・悪性腫瘍による喀血、誤嚥性肺炎による酸素化低下・窒息を評価する。
 
症状治療、診断的治療: >詳細情報 
  1. 喫煙・ACE阻害薬の中止と、最も可能性が高いと考えられる疾患に対する治療介入をまず行う。
  1. 診断的治療を行う場合は、可能なら2週間に1回程度再診する。
 
入院のタイミング: >詳細情報 
  1. 咳嗽による食事摂取不良などで脱水、全身状態悪化を認めるときは、入院加療による補液管理を考慮する。
 
診断:(診察 >詳細情報 ・鑑別疾患 鑑別疾患 )
  1. 重篤な疾患を除外し、診察する。
  1. 慢性咳嗽:アルゴリズム
  1. 原因疾患として、後鼻漏(上気道咳症候群)、胃食道逆流症、非喘息性好酸球性気管支炎(NAEB)、アトピー咳嗽、咳喘息、感染後咳嗽、ACE阻害薬、喫煙――の頻度が高い。 エビデンス 
  1. 喫煙・ACE阻害薬の中止によっても原因不明の場合は、最も可能性が高いと考えられる疾患に対する診断治療が基本である。…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

慢性咳嗽の検査例
  1. 胸部X線写真は全例に行うべき必須検査である。
  1. 原因不明の場合は診断治療が基本である。
  1. しかし、慢性咳嗽の原因として最も考えられる疾患が問診で明らかな場合は、診断用検査を追加する。
  1. 例えば、後鼻漏(上気道咳症候群)を疑う場合は鼻汁の原因検査であるRASTや鼻腔のCTを考慮する。
  1. 心不全を疑うときは胸部X線写真、BNP測定や心エコーを行う。
  1. 誤嚥を疑うときは水飲み試験などを行うこともある。
  1. 結核は、まず疑うことが重要である。胸部X線写真や胸部CTなどで疑う所見があれば、喀痰の抗酸菌検査を行う。 
  1. 呼吸器疾患を疑ったとき、胸部CTは最も有用な画像検査である。
○ ルーチンとして、4)を考慮する。心不全を疑う患者では1)11)、結核を疑う患者では2)3)7)、咳喘息を疑う患者で5)、後鼻漏(上気道咳症候群)を疑う患者では6)8)、胃食道逆流症を疑う患者では12)、誤嚥を疑う患者では9)10)、肺悪性腫瘍を疑う患者は7)を考慮する。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

慢性咳嗽
亜急性咳嗽
著者校正/監修レビュー済
2017/04/27


詳細ナビ