呼吸困難 :トップ    
監修: 林寛之 福井大学医学部附属病院
志賀隆 東京ベイ浦安市川医療センター

概要

症状のポイント:
  1. 呼吸困難は、換気の需要が呼吸の機能を上回ったときに生じる。酸素の需要供給のミスマッチ、二酸化炭素の排出不全がその中心である。
  1. 正常の呼吸機能を持った成人が呼吸困難の自覚をするにはかなりの換気の需要が必要となる。逆に、基礎に呼吸機能の低下のある患者では少々の機能低下でも、呼吸困難を感じることがある。
  1. 呼吸困難の自覚は、心理的要素・文化的要素によって大きくことなることもあるため、「階段を上がれるか? 日常生活はできるか?」という量的な評価が必要である。

症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 新規発症の喘息(咳喘息も含む)やCOPDを疑う場合には患者に説明し診断的治療の目的でβ2刺激薬を使用し、その後の自覚症状、SpO2、喘鳴などにて判断をすることがある。
 
緊急時対応: >詳細情報 
  1. 緊張性気胸の診断の場合には、第2肋間鎖骨中線にて脱気を図る。
  1. 重症の気道閉塞の場合には輪状甲状間膜穿刺・切開を行う。
  1. 重度の低酸素や呼吸不全がありNIPPVなどによって改善がされ難い場合には気管挿管を躊躇しない。
  1. COPDの急性増悪にて著明な低酸素を来している場合には高濃度酸素を投与する。
  1. アナフィラキシーの場合にはエピネフリンの筋肉注射を早期に行い気道閉塞への進展を防ぐ。
  1. 病歴身体所見から致死的な肺塞栓症や劇症型心筋炎を疑った場合は、膜型人工肺(extracorporeal membrane oxygenation、ECMO)の導入、TPAの投与のために人手を集める必要がある。
 
専門医相談のタイミング: >詳細情報 
  1. 緊急の外科的気道確保が必要な場合耳鼻科もしくは一般外科にコンサルテーションする。虚血性心疾患を疑う場合、重症心不全の場合は循環器科にコンサルテーションする。
 
診断へのアプローチ:(身体診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. まずは気道閉塞がなく酸素化が適正であることを確認し診察を始める。
  1. 慢性の呼吸困難か、急性の呼吸困難なのかを把握する。また、胸…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

呼吸困難アルゴリズム
著者校正/監修レビュー済
2017/03/31