視野異常 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
橋本茂樹 松本長太 近畿大学医学部眼科学教室

概要

症状のポイント:
  1. 視野異常とは、視野の一部が欠けたり、狭く見えたり、歪んで見えたりすることである。網膜から視神経、外側膝状体、視放線、後頭葉皮質に至る部位(視路)のニューロン障害が原因となる。視野異常は、視覚路のあらゆる部位の障害で出現し得る。
 
緊急対応: >詳細情報 
  1. 急激な視野異常は、急性閉塞隅角緑内障、網膜中心動脈閉塞症、網膜剥離、視神経炎などが原因になっていることが多い。早期に適切な治療を施さないと、高度の視力、視野障害を残す可能性があり緊急に眼科を受診させる。
  1. 視神経、視交叉、視索、外側膝状体、視放線を経由して後頭葉視中枢に至る視路は、頭蓋内腫瘍や循環障害、炎症などで障害された場合、部位によって特徴的な視野異常を呈する。そのような視野を検出した場合は、速やかに頭部の画像検査を実施するか、脳神経外科を受診させる。
 
症状治療・診断的治療: >詳細情報 
  1. 症状治療はない。視野異常を引き起こしている疾患はさまざまで、原因疾患により治療法が異なる。
 
診断へのアプローチ:アルゴリズム(身体診察 >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. 視野異常を呈する代表的な疾患として緑内障が挙げられる。また、急激な視野異常をもたらす病気には、緊急の処置を要するものが多くあり、すぐに病院を受診し適切な検査治療を受けることが大切である。
  1. 視野検査を行うことにより、病態の診断、障害部位の診断、病状の経過観察に有益な情報を得ることができる。視野測定法には、大きく分けて動的視野測定(<図表>)と静的視野測定(<図表>)の2種類がある。動的視野測定は、周辺視野を含めた視野全体の形状を評価するうえで重要であり、特に進行期の視野障害の評価には不可欠である。一方、静的視野測定は、中心30度内の視感度分布の評価に優れ、さらに視感度が数字で得られるため、種々の統計解析、経過観察に適している。
  1. 頻度高い疾患: 

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

急性視野異常の初診時オーダー例
  1. 急性の視野異常を来す疾患として、急性原発閉塞隅角緑内障、裂孔原性網膜剥離、硝子体出血、網膜中心動脈閉塞症、視神経炎、虚血性視神経症、脳動脈瘤、脳卒中が挙げられる。
  1. 散瞳、頭痛、毛様充血はRed Flag Signであり、緊急治療を要することがあるため、眼科、脳神経外科に早急にコンサルトするのが望ましい。
○ 急性視野異常、散瞳、頭痛、毛様充血があれば、早急に眼科、脳神経外科にコンサルトする。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

視野異常診断フローチャート
螺旋状視野
管状視野
動的視野測定
静的視野測定
著者校正/監修レビュー済
2016/08/05


詳細ナビ