瞳孔異常 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
石川均 北里大学 リハビリテーション学科

概要

症状のポイント:
  1. 瞳孔異常は形態(形)の異常と反応の異常に大別され、多くの場合、両者は合併する。
  1. これらの異常を発見するための瞳孔観察(診察)は明室、暗室の両方で行い、形態、反応、瞳孔径の左右差を確認することが重要である。
  1. 鑑別はアルゴリズムに沿って行う。アルゴリズム
 
瞳孔の形態(形)の異常: >詳細情報 
  1. 白内障、硝子体手術等の内眼手術後の癒着などの後天性異常と、瞳孔膜遺残(<図表>)をはじめとした先天性異常に分類される。
  1. 瞳孔の反応の異常: まとめ >詳細情報 
  1. 反応の異常は、光に対するものと調節指標に対するものとがある。
  1. いずれの場合も年齢ごとの正常反応を熟知していないと、その判断が困難な場合が多い。反応の異常はさらに入力系(視神経)の異常と出力系(交感、副交感神経)の異常に分けられる。
  1. 以下が代表的な瞳孔反応異常である。
  1. 光刺激中であっても瞳孔が散瞳:相対的瞳孔求心路障害 >詳細情報 
  1. 対光反射減弱、消失 >詳細情報 
  1. 対光近見反応解離 >詳細情報  :瞳孔の対光反射のみが消失し、近見刺激による反応が維持される状態。これを呈するものとしては、以下の3つの疾患を考える必要がある。
  1. 中脳背側症候群…

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

すべての瞳孔反応(対光反射、近見反応)消失症例で行なう検査例
  1. すべての瞳孔反応消失または減弱例で、眼瞼下垂、眼位、眼球運動が障害された動眼神経麻痺では、まず内頚動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤を考える必要がある。
  1. それ以外にも、脳腫瘍、眼窩内腫瘍、さらに糖尿病を鑑別する必要がある。 アルゴリズム
○ 動眼神経麻痺では、3)4)を行う。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

一般的な診察方法
瞳孔の形態異常を生ずる疾患
虹彩炎後の虹彩後面・水晶体前面癒着(虹彩後癒着)
隅角離断後の瞳孔散瞳と脱円
瞳孔膜遺残
左眼相対的瞳孔求心路障害(左眼RAPD陽性)
対光反射減弱、消失
中脳背側症候群
瞳孔緊張症
Horner症候群
著者校正/監修レビュー済
2016/08/05