眼窩内異常 :トップ    
監修: 沖波聡 倉敷中央病院眼科
高村 浩 公立置賜総合病院 眼科

概要

ポイント:
  1. 眼窩内に異常を来す疾患には、腫瘍性疾患、感染を含む炎症性疾患( 眼窩炎症疾患 )、血管異常、 眼外傷 、甲状腺眼症、先天性疾患など多くのものがある。
  1. 眼窩原発の腫瘍:良性腫瘍で多い疾患は血管腫や涙腺多形腺腫などである。悪性腫瘍で多い疾患は悪性リンパ腫である。
  1. 続発性(浸潤性)の眼窩腫瘍:多い疾患は副鼻腔の嚢胞性疾患や扁平上皮癌である。転移性眼窩腫瘍では、悪性リンパ腫や肺癌、乳癌などの転移が多い。
  1. 血管異常:内頚動脈海綿静脈洞瘻や眼窩静脈瘤、海綿静脈洞血栓症( 脳静脈血栓症 、 動静脈奇形 )などがある。

緊急対応: >詳細情報 
  1. 短期間で急激に増悪する眼球突出に眼痛や視力低下を伴うとき、増殖速度が速い悪性腫瘍、眼窩壁の骨折部に外眼筋が嵌頓して疼痛や嘔気を呈しているとき、眼窩蜂巣炎と診断されたときは、迅速な対応をしないと失明を引き起こす可能性があるので、即日、眼科・耳鼻科に受診が必要である。
  1. 眼窩腫瘍や眼窩静脈瘤、内頚動脈海綿静脈洞瘻によって眼球運動を障害している状態、眼圧が上昇している状態、眼底の血管異常を呈している状態などは、準緊急の対応が必要であり、可及的速やかに眼科を受診する。

症状治療・診断的治療:  >詳細情報 
  1. 基本的に、症状治療や診断的治療は行わない。診断後に治療を行う。

専門医相談: >詳細情報 
  1. 上記の緊急対応・準緊急疾患の必要な疾患を認めるときは、適切な専門医に紹介する。
 
診断へのアプローチ:(問診・診察: >詳細情報 ・鑑別疾患: 鑑別疾患 )
  1. 眼窩内の疾患が疑われたら、CTやMRI、MRA検査などを行って鑑別を進める。
  1. 眼窩悪性リンパ腫は、特発性眼窩炎症とCT/MRI所見が類似していることがある。生検による病理診断の確定が重要である。 …

評価・治療の進め方

※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。

診断およびフォローアップのための画像診断方法例
  1. 眼窩内異常の病態把握にはCTおよびMRI検査が必須である。
  1. 腫瘍などの病変や外傷による眼窩の骨変化を捉えるためにCT検査を行う。特に眼窩静脈瘤では、仰臥位と腹臥位で撮影する。
  1. 病変の質的診断の目的にMRI検査を行う。T1強調画像、T2強調画像、脂肪抑制T2強調画像、造影T1強調画像。内頚動脈海綿静脈洞瘻が疑われる場合はMRA検査も行う。眼窩血管腫にはdynamic MRIを行う。
*CTもMRIも水平断のみならず冠状断も必須。できれば矢状断も撮影する。
○ 眼窩部のCT、MRI検査を行うが、水平断と冠状断は必須である。

追加情報ページへのリンク

薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 片山志郎 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)

眼窩異常の診断フローチャート
眼窩先端部症候群のMRI所見
悪性リンパ腫
皮様嚢腫
甲状腺眼症
眼窩悪性リンパ腫
眼窩皮様嚢腫
著者校正/監修レビュー済
2016/09/02


詳細ナビ