今日の臨床サポート

精巣捻転(小児科)

著者: 小椋雅夫 国立成育医療研究センター 腎臓・リウマチ・膠原病科

監修: 五十嵐隆 国立成育医療研究センター

著者校正/監修レビュー済:2016/08/05
患者向け説明資料

概要・推奨   

疾患のポイント:
  1. 精巣捻転とは、精巣が精索を軸としてねじれて血管が締め付けられるため、精巣が壊死してしまう疾患であり、速やかな診断が欠かせない状態である。
  1. 思春期に多く、夜間・早朝に急激な疼痛で発症することが多い。
 
診断:
  1. 思春期の子どもは、羞恥心から正直に症状を訴えないことがある。急激な下腹部痛の訴えがあるときは、陰嚢の診察が必須である。
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご
  1. 閲覧にはご契約が必
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が必
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲
閲覧にはご契
閲覧に
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となり
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります
閲覧にはご契
閲覧にはご契約が
  1. 閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧にはご契約が必要となります。閲覧には
薬剤監修について:
オーダー内の薬剤用量は日本医科大学付属病院 薬剤部 部長 伊勢雄也 以下、林太祐、渡邉裕次、井ノ口岳洋、梅田将光による疑義照会のプロセスを実施、疑義照会の対象については著者の方による再確認を実施しております。
※薬剤中分類、用法、同効薬、診療報酬は、エルゼビアが独自に作成した薬剤情報であり、
著者により作成された情報ではありません。
尚、用法は添付文書より、同効薬は、薬剤師監修のもとで作成しております。
※薬剤情報の(適外/適内/⽤量内/⽤量外/㊜)等の表記は、エルゼビアジャパン編集部によって記載日時にレセプトチェックソフトなどで確認し作成しております。ただし、これらの記載は、実際の保険適用の査定において保険適用及び保険適用外と判断されることを保証するものではありません。また、検査薬、輸液、血液製剤、全身麻酔薬、抗癌剤等の薬剤は保険適用の記載の一部を割愛させていただいています。
(詳細はこちらを参照)
著者のCOI(Conflicts of Interest)開示:
小椋雅夫 : 特に申告事項無し[2021年]
監修:五十嵐隆 : 特に申告事項無し[2021年]

病態・疫学・診察

疾患情報(疫学・病態)  
  1. 急性陰嚢症は陰嚢領域に有痛性腫脹を来す疾患群の総称である。
  1. 精巣捻転は、精巣が精索を軸としてねじれて血管が締め付けられるため、精巣が壊死をしてしまう病気である。対応が遅れると不可逆的な変化を来すため、急性陰嚢症のなかで決して見過ごしてはならない疾患である。
  1. 精巣捻転は、新生児期と11~18歳での発症が多く(機序は異なる)、思春期以降に多い鞘膜内捻転は精巣の固定が不十分なために起こる。
  1. 精巣捻転の4~8%に外傷が先行することがある。
  1. 左精巣捻転が右より2倍多い。左精索が長いためといわれている。
  1. 精巣が温存できるかは、阻血時間により決定される。程度にもよるが、通常は4~6時間がgolden timeとされ、これ以上虚血が続くと精巣は壊死する。12時間以内で70%は温存可能といわれる。
  1. 発症から24時間以上経過している場合、回復は望めない。壊死した精巣は抗原となり抗精子抗体が形成され、健側の精子形成を妨げる可能性がある。そのため、緊急手術でなくともよいが、壊死した精巣は摘出すべきである。
問診・診察のポイント  
  1. 思春期前後の青少年で、夜間睡眠時に急性発症することが多い。

今なら12か月分の料金で14ヶ月利用できます(個人契約、期間限定キャンペーン)

11月30日(火)までにお申込みいただくと、
通常12ヵ月の使用期間が2ヶ月延長となり、14ヵ月ご利用いただけるようになります。

詳しくはクリック
本サイトの知的財産権は全てエルゼビアまたはコンテンツのライセンサーに帰属します。私的利用及び別途規定されている場合を除き、本サイトの利用はいかなる許諾を与えるものでもありません。 本サイト、そのコンテンツ、製品およびサービスのご利用は、お客様ご自身の責任において行ってください。本サイトの利用に基づくいかなる損害についても、エルゼビアは一切の責任及び賠償義務を負いません。 また、本サイトの利用を以て、本サイト利用者は、本サイトの利用に基づき第三者に生じるいかなる損害についても、エルゼビアを免責することに合意したことになります。  本サイトを利用される医学・医療提供者は、独自の臨床的判断を行使するべきです。本サイト利用者の判断においてリスクを正当なものとして受け入れる用意がない限り、コンテンツにおいて提案されている検査または処置がなされるべきではありません。 医学の急速な進歩に鑑み、エルゼビアは、本サイト利用者が診断方法および投与量について、独自に検証を行うことを推奨いたします。

文献 

著者: A J Hendrikx, C L Dang, D Vroegindeweij, J H Korte
雑誌名: Br J Urol. 1997 Jan;79(1):58-65.
Abstract/Text OBJECTIVE: To determine the value of ultrasonography (US) and colour-flow duplex ultrasonography (CFD) as routine investigations in the diagnosis of scrotal pathologies.
PATIENTS AND METHODS: The imaging techniques were applied to 215 consecutive patients with scrotal complaints. The diagnosis of a urologist (D1, made from the patient's history, physical examination and laboratory results) and that of the radiologist (D2, using US and CFD) were compared with the "gold standard' (D3, the operative findings and course of the disease). The sensitivity and specificity of the diagnostic pathways (D1, D2) were determined statistically and compared with D3.
RESULTS: The final diagnoses (D3) were testicular torsion (13 patients), torsion of the appendix testis (5), epididymitis (42), inguinal hernia (7), tumour (11), trauma (9), hydrocele (46), epididymal cyst (37), orchitis (10), varicocele (46) and other diagnoses (8). Using D1, the urologist missed seven diagnoses, of which one was a patient with a testicular torsion combined with an inguinal hernia, and one a patient with a tumour. Using US and CFD (D2), the radiologist missed five diagnoses, including one patient with combined testicular torsion and inguinal hernia.
CONCLUSION: For the diagnosis of scrotal disorders, the basic clinical evaluation usually provides the correct diagnosis. However, US and CFD are useful adjuncts which cause a minimal burden to the patient and that in most cases will lead to the correct diagnosis, especially with important diagnoses like testicular torsion, when US and CFD should be performed immediately. If this does not provide a clear diagnosis, the patient should be explored surgically.

PMID 9043498  Br J Urol. 1997 Jan;79(1):58-65.
著者: T E Herbener
雑誌名: J Clin Ultrasound. 1996 Oct;24(8):405-21. doi: 10.1002/(SICI)1097-0096(199610)24:8<405::AID-JCU2>3.0.CO;2-O.
Abstract/Text Color Doppler imaging (CDI) has become the study of choice in evaluation of the scrotum due to technological advances resulting in superior resolution and sensitive Doppler systems. CDI has become particularly helpful in evaluating the scrotum in the setting of acute disorders, such as torsion of the spermatic cord, epididymal and testicular inflammation, and scrotal trauma. CDI should be the study of choice to evaluate for torsion of the spermatic cord and demonstrates a high degree of accuracy. CDI in such a setting, however, does require operator experience, sensitive Doppler ultrasound equipment, and operator knowledge of the limitations of CDI. With epididymitis or epididymo-orchitis, CDI has proven to be quite helpful in evaluating the scrotal contents for the presence of inflammation and associated complications. In scrotal trauma, CDI's utility remains somewhat controversial, but with further investigation its appropriate application in this situation may become clear.

PMID 8884519  J Clin Ultrasound. 1996 Oct;24(8):405-21. doi: 10.1002/・・・
著者: J H Scott, J I Harty, L W Howerton
雑誌名: J Urol. 1983 Mar;129(3):558-60.
Abstract/Text From July 1976 through June 1981, 51 children with acute scrotal pain and swelling underwent surgical exploration. Testicular torsion (27 cases) and torsion of an appendage (18 cases) were the most common diagnoses. In the group with testicular torsion 5 testes were considered unsalvageable and these were removed. The remaining 22 testes, including those of questionable viability, were left in place. The early salvage rate of 81 per cent decreased to 50 per cent due to testicular atrophy found in the late followup period. The attempt to salvage all testes except those with obvious necrosis resulted in minimal morbidity. This approach is discussed in view of recent reports of long-term damage to the contralateral testis when an ischemic testis is not removed initially.

PMID 6834548  J Urol. 1983 Mar;129(3):558-60.
著者: L M King, S K Sekaran, D Sauer, F N Schwentker
雑誌名: J Urol. 1974 Aug;112(2):217-21.
Abstract/Text
PMID 4843335  J Urol. 1974 Aug;112(2):217-21.
著者: W E Thomas, M J Cooper, G A Crane, G Lee, R C Williamson
雑誌名: Lancet. 1984 Dec 15;2(8416):1357-60.
Abstract/Text The exocrine and endocrine functions of the testis were assessed in 67 patients a median of 4.0 years after unilateral torsion (range 3 months-12 years). Of 54 patients who underwent orchidopexy, some atrophy of the affected testis developed in 46; the degree of atrophy was significantly correlated with the duration of torsion (r = -0.56, p less than 0.001). The remaining 13 patients had undergone orchidectomy after a mean duration of torsion of 71 h. Seminal analysis was abnormal in 44 of 51 patients tested (86%), and the low total motile sperm count correlated with the duration of torsion (r = -0.53, p less than 0.001). Sperm counts were much lower in men with torsion for longer than 8 h than those with a shorter period of torsion (median 7.2 X 10(6) v 83.5 X 10(6); p less than 0.00003). Serum levels of luteinising hormone, prolactin, testosterone, and follicle-stimulating hormone were generally within normal limits. An acute ischaemic episode affecting only one testis causes bilateral loss of exocrine function in most patients, while endocrine function is preserved.

PMID 6150364  Lancet. 1984 Dec 15;2(8416):1357-60.

ページ上部に戻る

戻る

さらなるご利用にはご登録が必要です。

こちらよりご契約または優待日間無料トライアルお申込みをお願いします。

(※トライアルご登録は1名様につき、一度となります)


ご契約の場合はご招待された方だけのご優待特典があります。

以下の優待コードを入力いただくと、

契約期間が通常12ヵ月のところ、14ヵ月ご利用いただけます。

優待コード: (利用期限:まで)

ご契約はこちらから